UENO SHIGETO NEWS DIARY
上野茂都(美術・音曲)の活動に関する情報サイトです

■11月18日(土)

土曜日だが行事があった為に出勤。
昼休みが取れないほど忙しかった。
遅くなって帰る時に、鞄の中から餡パンが出てきた。
忙しくなるだろうと、昨日の内に買って置いたのを忘れていたのだ。
そいつを有り難く頂いたお陰で、帰宅する体力が出たようなもの。
それにしても弱くなったものだ・・・

■11月17日(金)

体調ヨロシカラズの為に、しばらく飲酒は控えている。
特に演奏後にビールを飲まなかったのは珍しい。
普段はその為にやっているようなものだが・・・
演奏家で運転して帰る人はツマラナイだろうな・・・とも思った。

飲酒というのは、ある意味で自分に対する褒美だと考えている。
それでも飲めない時は仕方がない。
仕方が無いが、それもしばらくするとそれほど辛くなくなってくる。
慣れてしまえばそんなものかもしれない。
褒美で言うなら、他にもある・・・という事・・・さて何があろう。

■11月16日(木)

夕刻、銀座ニテ知人ニヨル個展、弐箇所拝観ス。
体調万全成然レドモ、馴染ミ之中華食堂ニテ夕食ス。
八重洲大型書店ニテ暫シ物覧之時ヲ過ゴス。
帰宅時電車混雑ノ事、風邪引キ之乗客各所ニ有リ心中敬遠ス。

先日の円盤月例会の内容はこちらを御覧ください。

■11月15日(水)

酒掃という言葉があり、字で見ると「掃除をしては酒を呑む」
人生は片付けと掃除の連続、それが酒とセットになっている!

これは凄い言葉だ・・・と思っていたら、良く見ると違うんです。
酒だと思っていたら、洒という字だったのですね。
さんずいに酉ではなく、西だったのです。
これは「さい」とか「しゃ」と読み、水を注ぐという意味。
つまり水撒きと掃除なのですな・・・
読み方も当然「しゅそう」ではなく「しゃそう・さいそう」なのでした。
これも老眼がなせる業だったわけです。

それでも私は酒と掃除の「酒掃」というのが気に入っています。
造語という事で、そのうち揮毫したいと思っています。

■11月14日(火)

どんよりとした雨模様の一日。
夕刻は円盤にて月例会がありました。
お忙しい中を御来場を賜り、誠に有り難うございます。


■11月13日(月)

今日はT美大の日でしたが、あまり調子が良くないので
なるべく静かにしておりました。
一緒に講評をしたことのある絵画科の教授が、退官記念展を催しておりました。

風邪が胃の方に来ると、もう駄目で、すぐにむせてしまう。
去年はこれが無かったのですが、どうもそのパターンのようです。
この症状で医者の薬が効いた事は、ほとんど無く、
つまり、治る時を待つのが一番なわけです。
経験がある事なので、騙し騙しやっていくしかないでしょう。

明日は円盤で月例会があります。
お忙しい中、御来場を賜れば幸いです。

■11月12日(日)

調子が悪いので、終日横になっておりました。
こういう風邪は中々治らないので、困ったものです。
何かすると咳き込んでしまうのですな・・・
天気は良かったのですが、ごろごろしていました。

明後日は円盤で月例会があります。
それまでには何とか・・・

■11月11日(土)

午前中、医者に薬を取りに行く。
咽の薬も出して貰ったが、あまり調子が良くない、
これが咳に変わると、長引くのが通例になっている。
職場でも流行っているので、貰い風邪かもしれない。

それから入谷に出て、友人の個展を観る。
上野で買い物をして、日本橋へ足を伸ばす
三井記念美術館で特別展を観賞。
東京駅まで歩いて、中央線で帰宅。

フラフラするので、もうネマス。

■11月10日(金)

職場の防災訓練があり、地震体験車という物に初めて乗った。
震度七という事だが、実感として立ってはいられない。
ただ車の中はテーブルも動かず、物も落ちてこないので、
実際にそうなったら、もっと凄まじくなるという事だろう。
あくまで参考としての体験ではある。

■11月9日(木)

昨日から咽が痛み、明らかに風邪なのだが、
とにかく出勤だけはして、どうにかなった・・・と思う。
今のところ、薬で抑えているというところでしょうか。
提出する物があったりして、休みたくないわけです。
14日の円盤では、何か語り物でも入れようかとも思っています。

■11月8日(水)

午前中から咽が痛くなり、風邪を引いたようだ。
どうやら、世間でも流行っているらしい。
気をつけていないわけでもないが、掛かるときは掛かるもの。

そんな中、今日は国立劇場へ行っておりました。
古典劇では無いので、鳴り物の入らない芝居です。
それはそれで効果があるもので、緊迫した雰囲気がありますね。
出来れば二度三度は味わいたいところです。

昨日はワーキングランチなど御免被ると記しましたが、
職員会議など、目の前に美味しそうな物が並んでいたら、
幾分和やかになるのかもしれない・・・とも思いました。
どうせなら国会の代表質問も、何か食べながらやれば、
つまらない質問など、減るのではないでしょうか。

■11月7日(火)

この度の米大統領の訪日の記事で、
ワーキングランチなるものがある事を知った。
そのまま読めば、働きながら取る昼食という事だろう。
程度は解らないが、食事をしながらも、会合などを進めていくらしい。

ちなみに今回のメニューは、サラダ、大山鶏の照り焼き、
バニラアイスクリームだったそうだ。(御馳走では無いよね)
せっかくなら、昼食ぐらいゆっくりと食べて頂きたいと思うが、
これが最近のスタイルなのかもしれない。
こういうものは、あまり職場には導入して欲しくないですね。
物を食べながら、仕事の話しなどしたくないですよ。

もっとも、サンドウィッチや鉄火巻きは、
博奕を続けながら食べられるように作られたもので、
これもワーキングランチあるいはディナーといえるだろう。
海軍には「戦闘配食」という食事法もあり、主に握り飯だそうだ。
いずれにせよ食器を使わないという所がミソのようである。

■11月6日(月)

詰め将棋というのは、将棋に限ったわけではなく、
囲碁には詰め碁があり、連珠には摘め連珠があり、
チェスにはプロブレムというのがある。
おそらくシャンチーやチェッカーにもあるのだろう。

難問は有段者でなくては解けないが、初級向けの物もあるので、
金も掛からず一人で楽しめる。
弱い癖にこういうものが好きなのは、
おそらく盤上だけで完結しているからだろう。
それ以上の空間はいらないし、散らかることもない。
面積の狭いお国には向いているのだと思う。

先日の連休の夜、ブランデーを舐めながら、
連珠とチェスの問題で遊んでいた。

■11月5日(日)

久し振りにクレージーキャッツの歌を聞いていたら、
「ゴルフに小唄に碁の相手」とか
「部長は小唄にシビレてる」の歌詞が気に掛かった。

そうそう、昭和の社長・部長は小唄を習うのでした。
森繁の社長シリーズでも、小唄を覚えるシーンが出てくる。
つまり近年まで、古典芸能には「旦那」が付いていたわけだ。
もちろん今でもあるだろうけど、一般的には珍しくなっていると思う。
上役さん達が「長唄」や「浄瑠璃」でなく「小唄」を選んだ理由は、
曲が短いので御座敷向きだったからとも思われる。
長々とやらずに、適当に終わるから、調度良かったのだろう。

上役といえば、三遊亭円歌の「浪曲社長」も良いですなぁ・・・

■11月4日(土)

木曜日は仕事の後で、八王子の美術館へ行った。
「1930年協会から独立展へ」という戦前日本の洋画展。

ポスターや書簡など、歴史的な資料も展示されたいたのだが、
その中でも目を引いたのは、公募展会期中の出前の聞き取りが表である。
出品作家(皆第一人者である)が、その辺にあった包装紙で表を作り、
聞き取り役の画家が筆で書いているので、何とも云えない雰囲気がある。
おそらく近所にあった大衆食堂の出前なのだろう。
もちろん手書きの注文票なので、略語で書いてある。
「べ」は弁当で「カ」はカレーだと思う、そんな事も何故か嬉しくなった。
会期前半は、ソボロ丼、カレー、蕎麦等が人気があるのだが、
会期中半になると、鰻丼などと、気が大きくなるのが面白い。
おそらく絵葉書でもそこそこ売れたのではないかと思われる。

■11月3日(金)

昨日、健康診断の結果が帰ってきた。
前回とそれほどは変わっていないので、こんなものだろう。

左耳は随分前から高い音が聞こえない事になっている。
一言で言えば「老化」、今のところ日常には影響がない。
視力は左右とも1.2あるが、老眼は避けられない。
普通に新聞が読めるから、不便というほどではない。

相変わらず、コレステロールと尿酸は高いが、
どうすれば抑えられるのか、少しはわかってきた。
薬は飲んでいるが、極端に下がるというものではない。
やはり食事でバランスを取った方が良いようである。
検査前は酒を控えていたので、普段はもっと高めなのでしょうね。

■11月2日(木)

先日のアゲインの会の模様はこちらを御覧ください。
この日はハロウィンの為に、帰宅時が大変なのですが、
平日であった為か、それほどではありませんでした。
それでも電車から見た、渋谷の交差点はぎっしり。
もう少し遅くなれば、仮想軍団が乗り込んできたと思います。
楽しむのは結構ですが、疲れている者にとってはきついですな・・
渋谷に集結する事で、東急は儲かっているのでしょう。

料理のコーナーでは、こちらを作りました。
風邪にも効果があるそうなので、お試しください。

■11月1日(水)

このところ舌の上に痛みがあり、気が重かった。
考えられるのはストレス、胃が荒れている、ビタミン不足・・・
唾液の少ないのも良くないらしい。
そんなわけでマルチビタミンのサプリメントを飲んでみる。
わずか三日目だが、飲む前よりは良くなった気がする。
食べる事くらいが楽しみなので、舌は大切にせねばなるまい。

昨晩は今年最後のアゲイン余一会でした、
お忙しい中、御来場を賜り、誠に有り難うございます。
本年の演奏も、バラエティの「渦」を入れて、後四回となりました。

■10月31日(火)

本日は武蔵小山アゲインで余一会があります。
早いもので、今年最後のアゲインとなります。
料理のコーナーなどありますので、お運び頂けたら幸いです。

29日の国立の会の模様は、こちらを御覧下さい 。
米屋の話しというのは、最近お米屋さんでお米を買う事が無くなった、という事。
それについて、自分が上京した頃の話しをしたのですが、
その頃は「徳用上米」というのを2kgづつ買っていた、という思い出話し。
ライブ中、上野は二合と言ってしまいましたが、2キロの間違いです。
それにしても、町のお米屋さん、減ったと思いませんか・・・

■10月30日(月)

国立の演奏が終わったばかりですが、
明日は武蔵小山アゲインで余一会があります。
こちらはソロですが、今年最後のアゲインとなります。
料理のコーナーなどありますので、お運び頂けたら幸いです。

■10月29日(日)

今日は国立の音楽茶屋「奏」で演奏会がありました。
台風の影響で雨の強い時間と重なってしまいましたが、
お運び頂いた御客様には心より感謝申し上げます。

■10月28日(土)

明日の日曜日は国立音楽茶屋「奏」でトリオ演奏があります。

伴瀬朝彦氏と服部将典氏が共演します。
天候が気になる所ですが、御来場を賜れば幸いです。
御客様には名菓「ハロウィン饅頭」を差し上げます(限定15個)。

  

秋晴れが覗いたと思えば、突然寒くなり、
今日などはどんよりとして、町の風景にも色味を感じません。
こんな日は昼前から酒でも呑んでしまいたい気になりますが、
覚めた時が空しいのでやめておきましょう。
暖かいタンメンでも食べれば、少しは元気になりましょうか・・・

中年は 愚痴もぼやきも 封じられ ただ白玉の 露に酔うべし 

■10月27日(金)

明後日の日曜日は国立音楽茶屋「奏」でトリオ演奏があります。

皆様の御来場を心よりお待ち申しております。
御来場を頂きました御客様には名菓「ハロウィン饅頭」を差し上げます(限定15個)。
かぼちゃの餡というのは、結構和菓子に合うもので、なかなか良く出来ている。
種をヘタに見立てた所は傑作といえるだろう。

■10月26日(木)

将棋の藤井四段が、悩んだ末に高校進学を決めたそうだ。
悩んだというのは、高校に身を置く時間を将棋に割き、
プロ棋士の道に専念する事も考えたからだそうだ。
思えば、加藤九段は高校中退、羽生棋聖も全日制中退である。
囲碁の七冠である井山名人は高校には行かなかったし。横綱稀勢の里も中卒である。
高校を義務教育にしたがる人達も多い中で
学歴に関係のない第一人者がいるという事は良いことだと思う。
職人や芸人の世界でも、早くからその道に身を置く事で、学歴に勝る部分も多いと思う。

29日の日曜日は国立音楽茶屋「奏」でトリオ演奏があります。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

■10月25日(水)

昨晩は珍しくラジオで野球を聞いた、とういうのは横浜が気になったからである。
もう一試合あるだろう、と思っていたら、ものの見事に完勝で決めてしまった。
一時は存続の危機すらあったのに、年々力を付けてここまで来たのは大したものだ。
優勝していたチームには気の毒な気がするが、決めごとだから仕方が無い。
問題はあるものの、このシリーズを続けているのは、やはり収益があるのだろう。

それにしても、下位球団とはいえ、ルール通りに試合を行っているわけだから、
「下克上」という表現は、ちょいときつすぎると思うのだが・・・

日曜日は国立奏でトリオ演奏があります。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

■10月24日(火)

今回の選挙は、肝心な政策以上に、各人の思惑や戦略、策謀や誤算が入り乱れて、
野次馬的に見れば、つっこみ所が多く、それはそれで面白かったのかもしれない。
人間、何だかんだと言いながら、他人の浮き涼みを面白がる癖がある。
その事を否定して、生真面目に論評などしても、仕方が無いようにも思える。
いやいや、そんな呑気な事を言っていては困ります、となるかもしれないが、
今回のゴタゴタのお陰で、現在この国が直面しているいわゆる「国難」を、
しばし忘れる事が出来た人も多かったのではないか・・・

■10月23日(月)

朝から美大の出勤予定だったが、台風の為に休校。
午後からは平常に戻ったので、出校すると私鉄がストップ。
これも強風の為なのだが、ひとつ先の駅からは動いていると言われ、
徒歩で移動(15分程度)して、何とか間に合った。
それでも久し振りの青空で、午後はコートを脱ぐほど暖かくなった。

■10月22日(日)

今日は各地で警報があった為、落ち着かない一日だった。
それでも投票所は、人が集まっていたので、それなりの結果が出るのだろう。

先週は、検査を終えたことを幸いに、鰺・秋刀魚・鰯・鯖と食べてきた。
安くて美味しい魚を自宅で食べる時、この国もまんざらではないと思う。
鰯の生姜煮なんて珍しくはないが、イギリスやドイツにはないだろうし・・・
もちろん作る事は出来るだろうが、わざわざ他国でする事でもあるまい。
「魚の美味しい日本を守る!」そういう政党があれば、もちろん投票しますよ。

■10月21日(土)

寒くなった。
今年の冬まで使っていた電気ストーブは壊れたので、
以前使っていた小型のガスファンヒーターを引っ張り出した。
さて、設置して見ようと思ったが、ガスの差し口が合わないのだ。
元の部分がカセット式のソケットに対応していなかったのである。
つまり元栓が、ガスコンロ用のホースをグリグリと入れる形で、
これだとヒーターのホースがつなげないのである。
ちなみにヒーター用のホースは、頑丈でガスコードというそうだ。

なんだ、駄目じゃないか・・・どうやって寒さをしのごうか・・・
と、困ったのだが、一応ガス会社に電話を掛けてみた。
状況を説明すると、専用プラグを付ければ使えるとの事であった。
売っているところを聞くと、近くのサービスセンターを教えてくれたのだが、
住所を聞いたら、何と目と鼻の先の商店街ではないか。
普段は電気屋だと思っていた店が、東京ガスのショールームだったのだ。

さっそく雨の中、店まで行ってみると、専用プラグは500円程度であった。
これを元栓につける事で、ガスコードのカセットが取り付けられたのである。
普段こういう事は大概挫折するものだが、今回はウマクイッタといえるだろう。

■10月20日(金)

先週、料理が苦手な人の事に触れた。
そういう書き出しで書かれている物にも注意が必要という事。
では、本当に本当に本当に苦手な人の為に「秘策」を伝授しよう。
秘策というほどではない、「インスタント食品」をどんどん使う事だ。

自分も一人暮らしを始めた頃には、ある程度の自炊は自然に出来た。
どうしてかというと、中学生の頃からインスタントラーメンを作っていたからで、
その頃はカップラーメンではなく、鍋で作る為に、煮ることには慣れていたのである。
その内に野菜を入れたり、ゆで玉子やハムを乗せたりする工夫もする。
同じように、ホットケーキやプリンなど、箱入りの物を作る事を覚える。
たまには茹ですぎたり、焼きすぎたりする事もあるが、食えないほどにはならない。

そこで・・・釜飯の素、五目寿司、麻婆豆腐、御飯を詰めるだけの稲荷寿司・・・
箱書きの通りに作って、そこそこ出来れば、だんだん自信が付いてくる。
レトルトだって、冷凍だって、どんどん使えば良い。
スパゲッティを茹でて、袋入りのミートソースを掛ける・・・立派なものだ。
冷凍ピザをトースターで焼く・・・どこにでも出せる豪華な一品である。
牛乳をまぜるだけのコーンポタージュ・・・実に良く出来ている。
生ラーメンには瓶詰めのメンマを乗せてみる・・・これだって大躍進だ。
茄子を炒めてソースを掛ければ麻婆茄子・・・泣けて来るではないか。
固形ルーでカレーが作れれば、同様にハヤシライスやビーフシチューも・・・スゴイ!

炒飯・ピラフ・チキンライス・ハンバーグなどは、調味料があっても難しい部類である。
まずは解凍するだけの物を使って、野菜やチーズを添える事から始めた方が良い。
そういうアレンジが実に大切で、何のことはないレストランでもやっている事なのだ。

簡単そうに書いてあるレシピは、案外と経験が必要な事が多いものだ。
インスタント食品をどんどん使って、とにかく料理に慣れることをお薦めする。
インスタントは物足りない・・・等と言う人は「料理下手」を名乗る資格はありませんな。

■10月19日(木)

煮魚の 汁にからんだ 針生姜 切り身に添える 秋雨の夜

焼き魚 まずまずとなる 出来具合 小骨を除ける 腸の味

小魚の 素揚げも美味し 塩胡椒 並ばぬ先に 味見三昧

■10月18日(水)

セーターの 袖もいつしか伸びにけり 腕の長さは 変わらじと思ふ

靴下の 穴に覗きしわが指の 爪の長さも 愛おしくあれ

靴底の 避けて染み込む雨水は 誰恨むとも 無くて久しき 

■10月17日(火)

今日は健康診断があったので、これで晩酌も出来るようになる。
もっとも医者は、週に二日は抜いて下さい、と言っていたが・・・

診断もバリウムを飲まなければどうという事はないのだが、
あいつばかりは腹に溜めておくわけにはいかないので、
ガボガボと水を飲むことになり、その日はあんまり酒も進まない。

ぼちぼち秋刀魚でも焼いて、呑めれば何より。
塩焼き等は、清酒より焼酎の方が合うのかも知れない。
焼き鳥、モツ焼き、おでんの類もそうである。
最近は冷酒がほとんどなので、奈良漬けの味噌でも嘗めて呑りますよ。

■10月16日(月)

今日はお寒うござんした。
こういう時ゃ、少し多めに着ておいた方がようござんすよ。
お風邪など召されては、つまらねぇ。
冷たい雨も眺めている分は、悪くねぇもんでございやすが、
出掛けるとなるとどうも・・・
靴に水が染みて、足が濡れるなんてのは嫌なもんでござんす。
安く買った靴ってやつぁ、いつのまにか漏れてきやすからな、へへ。

調度衣替えをしたばかりの頃でございやしょう。
あんまりいっぺんに取り替える事もねぇんですがね、
ついついそん時のいきおいで仕舞い込んじまいやすからな。
え? はなから仕舞わねぇから、夏冬おんなじだ?
そいつぁまた安直で結構な事でござんす。
この先まだ、一日二日暑くなる日もございましょうから、
そんときゃまたお身体労ってやっておくんなせぇやし。
はい、ごめんなすって・・・・・

■10月15日(日)

雨の日曜日というのは、乙なものなのかどうか。
恋人と差し向かいで、四畳半にでも入ればそうだろうが・・

明るくならないから、緩みも出て朝寝坊する。
新聞を読んで茶漬けを食べ、将棋番組でも見るともう昼だ。
出掛けるのも億劫だし、何かに手を付けるのも面倒で、
何にもしないうちに、夕方になっていたりする。
阪神と横浜の試合でも見ようと思ったが、雨の為放送時間が切れていた。
TVに映ったグラウンドはビショビショで、お客さんは合羽を着ていた。
それでも試合は成立したそうで、さすがプロですね。

日暮れになれば次の日(平日)が迫ってくるので、普段と同じ。
何もしないから休みなのだろう。
雨にはわるいが、天気のためという事で御勘弁。

■10月14日(土)

時節柄、話題としては選挙の事になるのだが、
あまり政治のことに触れるのも如何なものかと思う。

ただ、有権者の立場から言わせて貰えば、
少なくとも自分は過去に誰に投票したかを覚えているし、
その判断が間違いだったと思えば、それなりに反省をしている。

ところが肝心の立候補者が、自らの言行不一致に反省する気配すらない。
それくらいの性格でなければ政治家は務まらないかもしれないが、
何かを倒すことが目的ならば、それは競技と同じである。

異を唱える勢力を増やす、というのであれば解るが、打倒とか交代となると、
そうなった場合は、誰が何をどうするのか、そこに現実味がないとどうにもならない。
スポーツならば宿敵を倒せば、表彰台が待っているが、政治は「それから」でしょう。
「これさえ飲めば何でも治る」みたいなものは、精力剤ぐらいにしておいた方が良い。

どのみち人間がやる事だから、駆け引きがあるのは当たり前だ。
その程度のものなのかもしれない、その程度のものであるならば、だ。
自分を正義漢に仕立てて、批判ばかりする人は、どうしても好きになれない。
それがやりたければ政治家ではなく、野次馬(マスコミ)になった方が良い。

フランスという国は、政治家の不倫や疑惑には、比較的寛容であるという。
そんな事を問題視するより、大事な仕事をきちんとやってくれるか、を見るらしい。
そもそも人間はそんなに清潔な生き物ではない・・・とわかっていれば大したものだ。

■10月13日(金)

よく「料理が苦手な人のためのレシピ」というような本やサイトがある。
「これなら簡単に出来る」とか「料理嫌いのあなたに」など、そういう類のものだ。
おそらく専門家がそれになりに工夫して書いていて、役立つこともあるのだろう。
しかし思うのだが、どんなものでも「簡単に出来る」というわけでは無いし、
そもそも何で料理が苦手なのに料理をしたがるのか、と思ってしまう。
買ってくるだけでも、食べに行くだけでも、美味しいものはたくさんある。

自分は仕事柄「どうしたら絵がうまくなれるのですか」みたいな質問を頂く事がある。
こういう人は必ず「自分は絵が下手・美術は苦手」と自分で言うのである。
そこで私が必ず言うことは「本当に美術が苦手なら、上手いか下手かもわかりません」
つまり自分で自分が下手だとわかるという事は、ある程度の見識があるという事だ。

そもそも自分が料理を苦手だとわかるなら、「これはマズイ」と判断出来ているわけで、
これまた、そんなに悲観するほどのものでは無い、という事である。
かえって「簡単に作ろう」などと変わった作り方を覚えると、余計に失敗するかもしれない。
絵は目で描くものであるのと同じに、料理を作るのは舌である。
「こういう味にしたい」というゴールがないと、どのみち上手くはいかないだろう。

恋人に作ってあげたが、うまくいかない・・・などの類は、
経験と知識が浅いだけで、下手とか苦手というものではありませんな。

■10月12日(木)

来週は健康診断があるので、今日からは何事も控えめモード。
検査の前に節制しても仕方が無いという人はいるが、
かといって不摂生が良いというわけでもなかろう。
誰だって給料日前は無駄遣いはさけるのと一緒・・・かなぁ?
とにかく下手に引っかかって再検査などになると面倒なのである。

控えめというのはお酒のことであるが、乗り切れるかどうか・・・
終わった後の解禁を楽しみに・・・という事である。

■10月11日(水)

昨日の円盤月例会の模様はこちらを御覧下さい。
新趣向と書いた意味がお分かり頂けるかと思います。

■10月10日(火)

本日は円盤月例会がありました。
お忙しい中をお集まり頂き、誠に有り難うございます。
日中は夏日のように、ずいぶんと暑くなりましたが、
しばらくは気温が変わりやすいようなので、お気を付け下さい。

■10月9日(月)

昨日今日と秋晴れが続き、まさに体育日和という事でしょう。
この晴天を幸い、連日セーターを洗いました。
良い物は洗濯屋に出しますが、大概は古着ですので自分でやります。
タライにお湯を張り、洗剤を入れて漬けておく。
タライが無ければ、台所の流しに蓋をしてやればよろしい。
漬けておくだけで結構汚れは取れるもの、軽く押し洗い、後は流すだけ。
ねじって縛ったりしてはいけませんぞ。

ここからは色々あるでしょうが、私は洗濯機で脱水だけ掛けます。
水切れが悪いまま下手に干すと、かえってノビてしまうのです。
脱水してあれば、数時間で乾きますよ。
つまり、天気さえ良ければ、たいした作業ではないのです。
この先の季節、また御世話になるわけですな(ハヤイモノデ・・・)。

明日10日は円盤で月例会があります。
御時間がございましたら、お立ち寄り下されば幸いです。

■10月8日(日)

休みの日の楽しみは、録画してある時代劇を観る事。
年代的には昭和期の物で、自分が小中学生の頃の作品。
夕食の後や学校帰りの再放送などで流れていたものである。
今観てもそれほど古くさい感じはしないのだが、
内容よりも脇役の俳優を観るのが楽しみなのだ。

内田朝雄、金田龍之介、小池朝雄、石山健二郎あたりが
親分級の悪役で出てくると嬉しくなってくる。
蟹江敬三、八名信夫、織本順吉は配下にいても油断が成らず、
田中浩、石山雄大、江幡高志、長谷川明男などが加わってくる、
成田三樹夫、岸田森、地井武男は単独行動の殺し屋である。
浜田寅彦、遠藤太津郎、細川俊夫、室田日出男、商人や同心のワル。
高松英男、中村竹弥、田島義文、高品格も手下を連れてやってくる。
小林昭二、山田吾一、殿山泰二は善人なのに悪の道から抜けられない。
時々大物ゲストがあり、志村喬、三国廉太郎、木村功、伊藤雄之助も出てくる。
さらに古今亭志ん朝やハナ肇、有島一郎、茶側一郎も呼ばれている。

そんな顔ぶれを眺めているのが、ひとときの娯楽というわけです。

■10月7日(土)

今日は伴瀬氏と今後のライブの打ち合わせ有り。
古い音源を参考に、譜面や楽器を使い、演奏曲を検討。
特に12月のマンダラ2での、CD収録曲以外の曲を決め、
アレンジの方向を話し合いました。
夕刻からは寿司屋での密談と洒落込みました。
寿司をつまみながら、アイディアが出てきたようなので、御期待下さい。
まずは今月の29日のトリオ演奏からです。
また10日の円盤では上野は新趣向を考えています。

■10月6日(金)

今では頭の回転もすこぶる鈍くなり(元々鋭くない)、
一度解いた詰め将棋なども、もう一度見ると
さっぱりわからケニヤのマラソンランナーになっている。
それも10分で三級と書いてある五手詰めとかなのだ。
(もっとも三手や五手にも難しい問題はある)

一杯やりながらだと、一時間以上も考えている事がある。
つまり。こういう時は、筋が見えなくなっているわけである。
だから同じ所を堂々巡りをしているのだが、
そこまで考えると意地でも答えは見たくないから、
結局かなりの時間を割く事になる。
それでも、今日は十一手詰めを一問解いた。
十分で二段とあるが、その数倍の時間は要しましたな・・・

詰め将棋 答えを知れば あぁそうか・・・サテコソ サテコソ

■10月5日(木)

この季節、部屋着は浴衣にしている事が多い。
ホテルに置いてあるような、お気軽物を何着か持っている。
そうして大体は丹前帯か腰紐を巻いているだけだ。

着物の角帯を締める時は、前で結んで後ろに回す。
そうしている人も多いだろうが、本当は後ろ手で締めるものだ。
ところが、これが中々難しいのですな・・・
前で結んで回すと、どうしても形が悪くなる。

先日の歌舞伎でも、仁左衛門が舞台で角帯を締める場面があり、
台詞を言いながら、するすると後ろ手で貝の口に締めてみせた。
歌舞伎俳優にとっては何でもない事なのだろうが、
演技をしながらなので、役によって締め方も変わるのだろう。
人前で帯を締めるくらいだから、あんまり身分の高い役ではない。
他の俳優でもそういう場面を観たのは、現右團次がいる。

■10月4日(水)

夕刻、伴瀬氏を誘い吉祥寺マンダラ2へ。
関島岳郎オーケストラ、創業30周年、13人編成の豪華版。
ライブハウスへの挨拶(12月14日の件)もあったのだが、
出演者には知り合いも多く、会場にも顔見知りがあった。
この周辺は同世代が多いので、やはり気が和むものがあります。
演奏は素晴らしく、やはり実力者が揃っているのはさすがです。
伴瀬氏の世代はもうひとまわり若くなりますが、14日に向けて対策を・・・

■10月3日(火)

今日はオフだったので、国立劇場の歌舞伎公演へ。
鶴屋南北の狂言なのだが、これがなかなか面白い。
何せ、敵討ちではなく、返り討ちが見所なのだから・・・
初日に行く事はほとんど無いのだが、早いところ夏休を取らないと
期限切れになってしまうので、それを使って久々の初日観賞。
松島屋は立ち姿が美しく、それを観るだけでも価値がある。
加えて、大胆なアクションも魅せてくれます。

■10月2日(月)

立川談志がよく「国会というのは政治家の為にあるんです」と言っていた。
これは「病院は医者の為にあり、学校は先生の為にある」と続くのだが・・・
政治家にも「面従腹背」を信条にしている役人を持ち上げるのがいるくらいだから、
「朝令暮改」など何とも思わないのだろう。
いや「改めた」というのならまだしも、何の申し開きもないまま通してしまう。
あるいは、狡猾な言い訳をまことしやかに説くだけである。
それはそうだろう、議員を続ける事が「目的」なんだから・・・

■10月1日(日)

上京仕立ての頃、洋食屋でアルバイトをしていた。
自分の持つ調理の基本は、そこの厨房で体得した事である。

その店の料理長が、よく言っていた事。
「ベシャメルに醤油を入れろ、何て言うんだぜ」
もちろん「びっくりしたぜ」という意味なのだが、
これは上役だったシェフの考案であったそうだ。

ベシャメルソースとはホワイトソースの事なので、
普通に考えれば、醤油など入れるものでは無い。
が、それを考案したシェフは料理研究家であったそうだ。
要するに本気(マジ)なのである。
こんな事を未だに忘れていないのだが、試した事はない。
そもそも牛乳と醤油の相性はどうなのであろう。

そこで昨日の蕪の話しに繋がるのだが、
クリーム煮を和風にするのは悪くない展開だと思う。
これにはいくつか工夫があって、里芋や長葱を使うなど
和の素材を取り入れていけば良い事である、
椎茸や銀杏、蒲鉾や豆腐、油揚なども使えるであろう。
仕上げに分葱や青海苔を散らす事も出来る。

しかし、醤油となると如何なものでしょうか・・・
何らかのやり方があるのかもしれない。
やは覚えている以上は、試してみろという事か。
あなかしこ・・・

■9月30日(土)

秋の蕪が美味しい季節になってきた。
あまり気にしていないが、春と秋に旬がくるらしい。
たっぷりと葉のついた物を買ってくると、
それだけで三品くらいおかずを作れる。
蕪を使うコツは買い置きせずにさっさと食べる事だ。

柔らかい葉の部分はおひたしや味噌汁にする。
葉の茎は少し堅いので、油揚げ等と煮物にするのが良い。
上野流では鯖の缶詰と煮る、これ結構イケマス。
白い所は浅漬けにするのが一番美味しいと思うが、
もちろん、汁物、煮物なんでも出来る。
ただし煮崩れしやすいので、皮ごと使う事を奨める。
鶏肉と煮て、仕上げに葉の部分を添えれば良い。
そぼろあんかけ等も美味しいものです。

繰り返すが、買ったその日に即調理、これが蕪料理のコツというものです。

■9月29日(金)

最近下腹が出てきたように思う。
体重はそれほど増えていないので、たるんでいるのだろう。
もう少し不真面目にならないと、つまらない男になってしまう・・・
といって不真面目になる機会もほとんど無くなった。
あぁヨキカナヨキカナ! これさヨキカナ!!あれわいさのヨキカナヨカラシム・・・

そういえば、つまらないとは、何がつまらないのだろう。
詰まるという言葉から考えれば、満ち足りないという事だろう。
要するに、不足しているという状態と云える。
ツマラナイ奴というのは、何かが不足している奴、という事になる。
何が不足しているか・・・、一言で言えば「魅力」だ。
この魅というのは、魑魅魍魎の魅であって、化け物という意味もあるくらい。
やはり真面目人間では魅力不足というように繋がってくる。

追)魅力とは「みりき」と読むのが本筋(水木系)

■9月28日(木)

これで月が変われば、今年もあと三月という事になる(なってしまう)。
自分にとっては、10月29日の国立奏でのトリオ演奏と
12月14日(木)のマンダラ2の七人編成が節目という事になります。

CD発売後もいくつか曲を作っているので、また構成を考えたい。
古い曲もバンドで聴いてみたいという声もあったので、試してみたい。
いつでもそう思いながら日々雑事に追われて、慌てる事になるのだが・・・

お運び頂ければ幸いです。

■9月27日(水)

最近の歌舞伎座には、英語の解説書が置いてあって、
もちろん外国人向けのものであるが、これが中々面白い。

たとえば、彦山権現誓助太刀(毛谷村六助)であれば、
Rokusuke help his fiancee take revenge - Keyamura Village となる。

忠臣蔵の道行きは The Bride's Journery とくる。

ひらかな盛衰記の逆艪は、
The Return to Glory of the Genji Clan - Reverse Rowring  と、なっている。

もちろんStoryも書かれていて、
This is a history taken originally from Bunraku puppet theater・・・
こんな書き出しで始まっているわけだ。
すらすら理解するほどの語学力はないが、筋を知っていれば、
何が書かれているかは見当もつくので、いくらか勉強になるのではと思う。

■9月26日(火)

今日は非番であったので、新橋演舞場「劇団若獅子」の公演へ。
「赤城の山も今宵限り」とか「春雨じゃ濡れてゆこう」など、
誰でも知っている芝居の台詞だが、演劇を通して観ているかというと、
そうでも無いので、この際、観劇しておこうと思ったのである。
二日間の公演という事もあって、会場では演芸関係の知人に多くお会い出来た。
渦のオーナーやだるま食堂、娘義太夫の師匠、皆さん、さすがですね。

二時からの公演だったので、昼食は洋食屋でビーフカツ、夕食はワンタン麺と・・・
お気に入りの店で満喫する事が出来ました。

■9月25日(月)

昨日の航空公園では、演奏後に屋台のドイツビールを呑んだのだが、
白ビールという事で、量も多く中々美味しいものであった。
美大にいるとドイツに留学した学生と接する時があるが、
聞けばあちらではビールが安いそうで、90円くらいで売っているそうだ。
そして、何と学生もキャンパス内で平気で呑んでいるという。
おそらく羽目を外す程は呑まないのだろうが、お強い事である。

ビールの本場であれば、ドイツやベルギー(種類も豊富)となるのだろうが、
自分としてはサッポロ赤星やハートランド、瓶入りが一番合っている。
コップ(酒屋でくれるやつ)に注ぎながら飲むのが好みなのでありますよ。

■9月24日(日)

本日は所沢航空公園での音楽祭に出演しました。
天候にも恵まれ、各会場では出場者も多数。
園内では色々な出店も数多く並び、秋の休日を盛り上げました。
上野は小春嬢と和室会場「彩翔亭」に出演しました。
二人会の模様はこちらを御覧下さい。
たくさんの御来場を賜り、誠に有り難うございます。

■9月23日(金)

明日23日は所沢航空公園での音楽祭に出演します。
加えて年内の主なライブ予定も掲載しましたので御覧下さい、
「空飛ぶ音楽祭2017」は色々と盛りだくさんの内容ですので、
詳しくはイベントホームページを御覧下さい。
複数の会場で同時に演奏が行われ、好きな会場を聴いて歩くイベントです。
会場が航空公園(日本で最初の飛行場)なので「空飛ぶ」なのでしょう。
かなり広い公園だと思いますが、駅からはすぐです。
色々と観るところや遊ぶところもあるようです。

上野は当日の午後、柳家小春嬢と和室のある会場で演奏します。
古典端唄と創作俗曲の掛け合いになると思いますが、飛行機にちなんだ唄も探してみました。
タイムスケジュール(出演者)はこちらです。
お目当ての出演者がございましたらお遊び頂ければ幸いです。

■9月22日(金)

明後日24日は所沢航空公園での音楽祭に出演します。
音楽祭は明日23日から開催されます。
色々と盛りだくさんの内容ですので、詳しくはイベントホームページを御覧下さい。
複数の会場で同時に演奏が行われ、好きな会場を聴いて歩くイベントです。
上野は24日の午後、柳家小春嬢と和室のある会場で演奏します。
タイムスケジュール(出演者)はこちらです。
お目当ての出演者がございましたらお遊び頂ければ幸いです。

■9月21日(木)

今日は西洋美術館のアルチンボルド展を拝観。
テンペラ画だと思っていたが、キャンバス地が多かった。
それでも板に描いた作品も多い・・・よく反らないものだ。
物騒な時代もあったであろうに、西洋中世絵画は保存状態が良いですね。

個人的には「司書」という作品が良かった。
他の作品も秀作ではあるが、あくまでも写実をベースにした寄せ絵である。
ところがこの作品は、まるで写実性が無く、16世紀の絵画であるのに、
一目観るところ、シュールリアリスムの作品のようだ。
もちろん自然物では無い物のコラージュで偶然そうなったのだろうが、
キリコやマグリットの隣に並んでいても違和感を感じない。
この作品に観る中世における近代性を語らないとしたら嘘だろう。

そういえば美術館蔵の作品は立派な額装なのだが、
個人蔵の作品は簡易的な額であった。
個人で所蔵している人が居るというのが凄い・・・

■9月20日(水)

少し前に政治家の不倫騒ぎがあったが、
もともと自分ではこの「不倫」という言い方が好きではない。
何度か書いているが、聖書の中にある
「この者を打つ資格のあるものだけ打つがよい」という場面。
そう言われては誰一人打つ者はいなかった・・・というお話し。
自分を潔白だと声高に言える人だけ「不倫」という言葉を使えば良い。

芝居を観ていると、「不倫」ではなく「不義」というのが通例だった。
つまり「お家の事情」があるから「不義」なのである。
それとて武家社会から来ているわけで、 源氏物語の時代に「不義」も「不倫」もあるものか。

聖書では、「そのような目付きで見ただけ」でも姦淫と同じだというのだ。
それならば世の中の大半の人は色情家である。
一線を越えたとか越えないの問題では無いのですよ、実は・・・

しかし・・・そんな事で騒いでいられるうちは、ヨカッタヨカッタなのだろう。

■9月19日(火)

土・日・月(祝)と出勤だった為、今日は代休。
あらかじめ芝居の券を買って置いたのだが、
昨日の朝から調子が悪く、職場でも薬を飲んだりしていた。
おそらく疲れが出たのだろう。
公演は夜の部だったので、いくらか身体も持って、
普通に観劇する事が出来た。

志ん生のマクラに出てくる
「清玄というお坊さんは、御姫に会いたい、おしめに会いたい・・・」
その清玄と桜姫の芝居です。

■9月18日(月)

敬老の日である・・・
祝日を第何曜日に変えてから、どの祝日も意識が薄くなった。
単なる休日という感覚になってしまったような気がする。
敬うというからには、いたわる日では無いのだろう。
そういえば、以前は祖父や父親の事は、必ず身内が自慢をしたものだ。
お祖父さんは建築王と云われ、千葉大を作った人だ。(本当の話)
お父さんは子供の頃、いつも級長で勉強が良く出来た。(これも本当)等々。
やはり子供や孫の前では、年配者を誉めた方が良い。
子供はどこかでそれを受け止めているものだ。

■9月17日(日)

世事混沌トシテ心底定マラズ

そんな時でも何かしらの詩情を歌にする・・・
それも自分の仕事であるとすれば・・・

まさに温故知新、古き瓢に新しき酒・・・である。
時代時代によってそれぞれの末世が現れる。
花は枯れても月は照り星は降る。

そうか、そういう事か
相期遙雲漢(雲漢とは天の川の事である)
此の世が駄目なら、宇宙の果てで酌み交わそう・・・
月下独酌、そういう詩であるらしい。

■9月16日(土)

鯖の水煮缶を買ってくる。
深さのあるある皿に身を並べて、缶汁を少し掛ける。
小葱(ワケギ・万能など)を細かく切って散らす。
その上に白胡麻を振り掛ける。
小皿に酢醤油を張り、おろしにんにくを添える。
鯖をそのタレに付けながら食べるだけ。
冷酒に合う事 此の上無し、しかも安価である。
先ほどまでそれで飲っていた・・・

■9月15日(金)

散読より

心は「ころころ」の約と言われている通り・・・
(本当かしら、と思うが歌詞になりそうだ)
心はころり またころり・・・とか

これは通釈の解説なのだが、
原文は、人情反復 世路崎嶇 ・・・と続く。
人心は移ろいやすく、世間の路は行き難しという事です。
思い当たる人は
ニンジョウハンプク セイロキクタリ  とつぶやけば良いでしょう。

「菜根譚講話(昭和二十七年 東京書院)」

■9月14日(木)

古本屋や古本市に立ち寄っていると、
同じ本でも店によってはかなり値段が違っている事が多い。
ある店では二百円程度のものでも、店によっては何千円もする時が有る。
その辺りが店の特色という事なのだろうが、雑然とした店の方が値が安いようだ。
その雑踏の中からお宝を探す、だから掘り出し物なのだ。
お買い物というより、釣りをしているような感覚がある。
自分は収集家ではないので、やはり読むことを前提に買っている。
なかなか時間が取れずに困っているが、散読はするように心がけている。

■9月13日(水)

昨晩の月例会の模様はこちらを御覧下さい。
所沢航空公園での演奏はタイムテーブルを記載しました。

■9月12日(火)

今日は高円寺円盤で月例会でした。
早めに仕事を切り上げるつもりでしたが、
色々と入ってしまい、ぎりぎりになってしまいました。
お忙しい中御来場誠を賜り、有り難うございます。

■9月11日(月)

明日は高円寺円盤での月例会です。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

昨日の将棋雑誌の付録の話しの続き。
表紙のカットに「まづら」というサインがある。
ひょっとしたらと思い、良く見たらやはり交楽龍弾だった。
昭和四十年代に活躍したモヒカン刈りの前衛画家で。
何故我々の世代が知っているかというと
子供時代に不思議なコマーシャルに出ていて
サイケな踊りを披露していたからである。
実は私が御世話になった油絵画家のアドバイスにより
モヒカン刈りにしたという話しもある。
公募展関係の面識もあったようなので、有り得ない話しではない。

■9月10日(日)

先日古本市で古い将棋雑誌の付録を何冊か買った。
大体が昭和四十年代のもので、懐かしい名前が並んでいる。
安いせいもあるが、懐かしい名前が並んでいると、ついつい買ってしまう。
付録は一冊二百円程度で売られていて(その程度の散財)、
発売当時は本誌を含めて、昭和四十七年で二百五十円とある。
昭和五十三年で四百五十円(将棋世界)である。
昭和六十年で五百三十円、現在は八百円である。
ちなみに昭和二十四年(そんな物も持っている)は四十円だ。

明後日(9月12日)は高円寺円盤での月例会です。
お忙しい中お立ち寄り下されば幸いです。

■9月9日(土)

遅くなりましたが、先日のアゲイン余一会の記事を更新しました。
料理のコーナーもあるので御笑覧下さい。

■9月8日(金)

勤務後に鷹の台のカレー屋で会合があったのだが、
最近は小さな町でも大概インドカレーの店がある。
詳しくみればネパールだったりスリランカだったり
するのだろうが、珍しいという感じでは無くなった。
ただ、インドの人が中で食べているのは見たことがない。
別に外食する必要もないのだろうが・・・

■9月7日(木)

昨日今日と勤務後に所沢の古本市へ・・・
あまり買い込むのはどうかと思っているものの
何だかんだで結局買ってしまうものだ。
やはり今買わないと何時巡り会うやら、の類だからである。
四〜五千円の範囲だが、まとめて買わなければ
いつのまにか使っている額だろう・・・と思う事にしている。
ただし重たい本(実際の重量)は、遠慮気味になっている。
持ち歩けないので、どうしても置いたままになってしまう。
本棚にいるだけで、半ば役目を果たしている本もあるのだが・・・

■9月6日(水)

昨日は歌舞伎を観た後、銀座のカレー屋に行ったのだが、
長年営業していた老舗が閉店した後、若い人達が再開した店だ。
先代の店は、よくぞこのような木造の店が銀座に残っている・・・
というような雰囲気の店だったが、随分と通ったものである。
カレーは独特で他に無い味だが、雑誌等ではよく取り上げられていた。
再開された店は、同じようなメニューでビルの地下で営業している。
今回はじめて入ってみたわけだが、確かに同じ調理方で作っている。
ただし全く同じ味かというと、こればかりはそうは行かないものですね。
オリジナルはもっとドロドロしていました。今の方が上品です。
しかし・・・それはそれで良いのではないか・・・と思うのである。
何にせよそのカレーを引き継ごうとした心意気には感心させられます。
違うといっても、以前を知っている人だけがわかる、わずかなものですよ。

■9月5日(火)

今日は非番だったので、歌舞伎座の秀山祭へ行って参りました。
観劇は昼の部で、演題は全て観た事がある芝居でしたが、
忘れている場面もあり、のんびりと眺めているひとときでした。
自分にとっての歌舞伎は、そこにある空気を吸いに行くようなもので、
役者の台詞を聞きながら、三味線の音が鳴っていれば良いのです。
それから衣装や舞台の色ですね、そういう空間を共有しているわけです。
そのような接し方なので。細かい筋書きや配役は忘れてしまいます・・・
とはいうものの・・・

毛谷村は以前、吉右衛門で観ています。
いかにも人形から来たユーモラスな所作もある芝居ですが、
段物なので、登場人物の設定が解りにくい所がありますね。
主人公が好人物なので人気があるのでしょう。
忠臣蔵の八段目は舞踊ですが、竹本の手が面白い曲です。
これは国立劇場の通しで観ていますが、今回の方が派手でした。
幡随長兵衛も吉右衛門で観るのは二度目です。
これは筋がシンプルなので、台詞を楽しんでいれば良い。
「芝居の喧嘩」は講談でも有名で、先代の山陽先生が上手かった。
劇中劇の「公平法問諍」もかなり面白く、その後の展開が気になりますね。

■9月4日(月)

先日、船橋西武の閉店の記事を見た。
高校の頃、船橋の美術研究所に通っていて、
よく利用していただけに、やはり淋しい気はする。
もともとそれほど柄の良い町ではないところに
都会の香りを感じさせるデパートがやってきて、
見事に駅周辺の「顔」となっていたのだ。
美術館も付いていたはずである。

そいうえばこの夏、武蔵小金井の西友もやめてしまった。
ここは最近まで住んでいた町なので、残念な気がする。
というのは、やはり昭和の臭いが残っていたからだろう。
店自体は既に活気を失いつつあったが、気楽さはあった。
というのは、同じ町のイトーヨーカドーの食品売り場などは、
店内が広すぎて、食パンひとつやビール一缶を求めるには、
大仰で使いづらい面があるのである。

十字屋というデパートも無くなるそうだが、
これは少年時代に千葉にも一軒あった。
千葉といえば三越も三月に閉店している。

なんであれ時の移り変わりであるからイタシカタナイ・・・

■9月3日(日)

昨日原宿で購入した朱塗りの膳だが、
よく時代劇などでお銚子と小鉢が乗せてあるやつだ。
座敷の中で鬼平が酒を呑んでいたりするやつ。
これが古道具でひとつ2980円の値段が付いていた。
そいつが塗りが禿げてきたり、ヒビが入ってしまったりして
1500円に値引きされていたのだ。

そこでひとつ買ってみようと思ってよくみると
何と1500円ではなく、150円と書いてあったのだ。
何かの間違いかと思い、店員に確認したところ、
かなり痛みが出てきたので、その値段で良いのだという。

元より古道具だし、タダのような値段なので、
比較的状態が良い物を選び、三点購入したのだ。
確かに痛んでいるが、展示の小道具としても使えるのである。
そんなわけで、450円で買った三個の朱塗りの膳をぶらさげて
青山通りを歩いたわけである。

実はここと同じ店で30年以上前に黒塗りの膳を買っている。
それは今でも使っているが、変わらない所は変わらないものだ。

■9月2日(土)

午前中、予約してあった観劇の券を受け取る。
掛かり付けの内科へ行き、薬を出して貰う。
その後、行きつけの寿司屋で昼食。
乃木坂へ出て、GIACOMETTI展を拝観、その足で表参道へ。
ESPACE LOUIS VUITTONにて、DAN FLAVUN展を観る。
ORIENTAL BAZAARにて、塗り膳を安価で購入。
ビリケンギャラリーにてマスターと歓談。
渋谷まで歩き、ウエマツで色紙を買う。

■9月1日(金)

なかなかに 忙しい日で ありました

■8月31日(木)

今日は武蔵小山アゲインで余一会がありました。
今にも降り出しそうな天気でしたが、降られずにすみました。
途中私鉄が止まっていた為、バスを使って会場へ行きました。
その為に懐かしい風景を見ることが出来ました。
それほど変わってはいませんでしたが、道幅が広がっていたり、
閉店した店などもちらほらと目につきましたね・・・
演奏会の内容は後日掲載致します。
御来場誠に有り難うございます。

■8月30日(水)

今日は激しい雨があり、近隣の川も流れが増しています。
明日も不安定な空模様だそうですが、武蔵小山アゲインで会があります。
夏のお名残に、何か一品お作りしてお待ち申しております。

この時期。桃が美味しいのでよく食べている。
ひとつ三百円くらいの物なら、間違いないだろう。
むき方も自分なりに工夫している。
結構難しいので、むいた桃を人にあげると大概喜ばれる。

それにしても・・・「もも」は何故「もも」なのかと考える。
漢語ではトウらしい、漢字でもそう読んでいる。
「もも」という字の形が何となく桃のようでもある。
確かに桃の実は二つに割れそうな形をしている。
「も」は「毛」の変形したものだろう。
そういえば果実にも産毛のような肌触りがある。
それ以上の事はわからないが、何ともよく言い表された名前だ。

■8月29日(火)

調度今、秋の虫が鳴いているのが網戸越に聞こえている。
こういう時は「すだく」という言葉をよく使う。
字で書けば「集く」で、鳴かずとも、集まるという意味もある。
虫に限ったわけでは無いのだろうが、人間にはあまり使われないようだ。
国会議事堂前で集く民衆が・・・とはイワナイですね。
みんなで集こうじゃねぇか・・・イワナイ。
たまには集きたいものよ・・・イワナイ。
何にせよ虫さん達はそんなに大きな身体ではないのだから、
この音量はたいしたものである。

■8月28日(月)

昨晩、能の「実盛」が放映されていた。
源平の合戦なので、平実盛なのかと思っていたら、
齋藤実盛だったのですね。

合戦の際に鬢髪を黒く染めて奮戦したという話し。
実際に討ち死にした時は七十三歳というから、
本当は総白髪であったという。
髪を染めるというと「ベニスに死す」を思い出しますな。

それにしてもこの年齢、当時としては相当なもので、
だからこそ悲壮感が生まれるわけだが、
高齢化に向けても思うところがある演題である。

ただトランプ大統領より少し上・・・といってしまうと
あんまり哀れみが沸いてこない。元気な人はいるものだ・・・
もっとも最近はお疲れの様子・・・

■8月27日(日)

午後、TVで松鯉先生の「雁風呂」を放映。
これは「黄門記」の抜き読みで、連続物も聴いた事がある。
いわゆる「漫遊記」とは別の、実録風の読み物である。
その頃本牧亭はもはや無く、湯島や新宿で会をされていた。

それはさておき・・・
調度その裏番組で師匠である山陽先生(先代)の映像が、
懐かしの番組という事で放映されていたのに驚いた。
つまり同時刻に師弟がTVで共演していたのである。
山陽先生は落語の定席にも出演されていたので、
怪談話や武芸物をよく聴かせて貰った。
極めつけは「天一坊」で、これも連続物の会での企画。
この先生、将棋界の旦那でも有り(確か本人も五段の腕前)、
実家の書店(大阪屋)でも将棋の本を多く出している。

松鯉先生の前の名前は小山陽である。
この襲名披露の会、私は見ているのだが、
神田一門の他に、談志師匠がゲストで出演されていた。
懐かしついでに演目を紹介しておこう。

陽子「山内一豊の妻」 伯龍「鋳掛松」 山陽「笹野名槍伝」
談志「鮫講釈」 小山陽改め松鯉「勧進帳」・・・以上デス。

■8月26日(土)

先日NHK出版から印税の書類が送付されたが、
色々と明細は書いてあるものの、支払いは0円である。
支払いが無いのならわざわざ送ってくれなくても良いのに、
と思うが、それだけ管理が行き届いているのだろう。
緑の封筒でくるので「緑の封筒」という歌が作れそうだ。

なにかまた仕事がこないものかのう・・・

■8月25日(金)

三日ほど実家に帰省していた。
この夏は二度目だが、いつも夕飯を作る事になる。
今回はシャリアピンステーキを焼いた。
年寄りは年寄り向きの料理が好きとは限らない。
案外とバタ臭い物も食べたいと思っていたりする。

牛肉を玉葱に漬けてから焼くのだが、
肉が軟らかくなるので、食べやすいと思う。
ステーキはもちろん一口大に切って皿に盛る。
肉を漬けた玉葱はバターで炒めて肉の上に盛りつける。
これがソースのようなものになるわけですね。
売れ行きも上々でありました。

■8月24日(木)

暑さがぶりかえしてきたようだが、
暑さの質も色々とあるようで、
何というかネバネバするような暑さともいえる。
それでも窓の外では秋の虫が鳴いている。
もっともこちらは耳鳴りのせいで、
どこまでが虫でどこまでが耳鳴りやら、ヨクワカラン。

■8月23日(水)

新橋演舞場でミュージカル「にんじん」を観劇。
主役の大竹しのぶ氏は、実際の年齢などまったく感じさせず、
演じると「子供」になってしまう・・・さすがに上手い。

それは良いのだが、台本としては、少々重すぎではなかろうか。
舞台の演出も照明も、終始暗いのである。
原作を読んだのは遙かに昔だが、もっと牧歌的であって、
フランスの田舎の日向臭さがたちこめていたように思う。

■8月22日(火)

夏の名残なのか、昨日から暑くなった。
冷房の無い部屋で仕事をしていると、頭がぼんやりしてくる。
適当に間を入れれば良いのだが、ついつい続けてしまう。
ブランデーでも舐めながら、やりたいところだが・・・
最近は休暇明けの人が多いせいか、机の上に御菓子が置いてある。
不在にしていると誰からなのかはわからないが、
甘い物が集まってくるのは有り難い事だ。
「白い恋人」的な菓子は、こういう状況で売れていったのだろう。
「オフィスでどうぞ」という発想ですな。

■8月21日(月)

なかなかに なかはなかなか なかのなか
なかのなかなる なかもなかなか

なか=中でも仲でも良し

■8月20日(日)

今日は午後から、東京ステーションギャラリーで観画。
ゆっくりと絵を観るのは久し振りです。
私は図録というものをあまり買わないので、
その代わり絵葉書を何枚か買うことにしている。
今回もそうしたら絵葉書のおまけにポスターをくれた!
会期が残り少なくなった為だそうですが、コリャアリガタイ。

図録は便利だが、買ってしまうとあまり観なくなるのです。
記憶力も大部落ちているので、印象に残った作品が数点、
心に焼き付いていればそれで充分でしょう。
展示会では本物の側に身を置いて、
同じ空気を吸う事が重要だと思っております。

■8月19日(土)

本日、知人宅の宴席に呼ばれたのだが、
久し振りにバーベキューを味わせて頂いた。
やはり煙を出しながら炭で焼いた肉は美味しい。
油分が下に落ちて、そこから上がる煙も味に加わる。
特に今回は1キロくらいある牛肉を塊で焼いて、
削ぎながら食べたので、屋外ならではの調理。
こんなにまとめて肉を食べたのは珍しき事也。

■8月18日(金)

曇天が続いている。
熱中症などは少なくなったと思うが、
湿度は高いので、爽快な感じとはいかない。
旨い物でも食べて気分を晴らすのが何よりだろう。
何となく夏らしさを感じないと思っていたが、
蚊取り線香を使っていないせいかもしれない。
そいうえばまだ冷やし中華も食べていなかった。

■8月17日(木)

今時は職場でも休暇を取っている人が多く、
こういう時期は通常よりも仕事が薄いものだ・・・
と思っていても、これが中々やる事も無いわけではなく、
こやつらを放っておくと、結局来月から追いまくられる事になる。
そんなわけで今日は一日PCと対峙、あなかしこあなかしこ・・・

■8月16日(水)

休暇中には本の一冊でも・・・と思っていたが、
案外思うようにはいかず、眠気眠気の毎日でありました。
それでも幸田露伴の一遍、独特のくどさは相変わらず。
最近は「読んでは忘れ」「読んでは忘れ」の繰り返し。

一度くらいは売れてみたかった・・・と思うこの頃。

■8月15日(火)

午後に自宅に戻った。
雨とはいえ、やけに涼しい。
溜まった新聞をめくっている。
大概はニュースで見た物であるが・・
自宅では報道番組はあまり見ていない。
ワイドショーなど蕎麦屋で流しているだけ。
映像的にはTVの方が確かであろうが、
編集に演出がみえてしまって嫌なのである。

■8月14日(月)

古いカセットコンロのボンベを捨てたいと言われ、
処分の仕方を聞いたのだが、ガスを抜いてくれという。
使ったものであれば経験があるが、未使用なのである。
穴を開けるのは何やら危険な気がしたが、やるしかないので、
目打ちと金槌で底に穴を開けてみた。
穴は簡単に開き、最初は気体のガスが吹き出してくるのだが、
それからボンベが猛烈な勢いで冷えてくる。
そして缶を逆さにすると液体が出てきて煙が立つ。
つまり液体ガスなのだが、これが結構入っていて臭いもある。
これを一本づつやるのは結構な手間だ。

ひとつ壊してみると、古いボンベも使えるように思える。
特に使用期限が書いているわけではないのだ。
結局、非常用で買ったものなのだから、
無理して処分する事もあるまい、という事に相成った。

■8月13日(日)

実家には兄のCDがかなりの数で置いてある。
主な物は持って行っているのだろうが、
置いてあるだけでも2000枚くらいはあるだろう。
大半はクラシックだが映画音楽、ジャズやロックもある。
面白いのは、若い頃にLPで聴いていた作品が、CDになってやはり買われている事だ。
私は洋物を聴かない少年だったが、兄のLPのジャケットは覚えている。
King Crimson・Roxy Music・Sparksなど・・
中身は知らないので、これを機会に数枚を勝手に聴かせて貰った。

■8月12日(土)

昨日から休暇を利用し帰省している。
その際はビーフシチューを作るのが定番となっている。
毎回のことなので、手慣れている部分もある。
スジ肉を使って柔らかくなるまで弱火で煮るのがコツ。
年寄りとはいえども旨い物は同じだと思う。
口に入る大きさなどを工夫すれば良いのだ。

■8月11日(金)

連休の事もあり、短いながらも夏休み。
本の一冊でも読めればというところ。
夜更かしをしないように気をつけます。

■8月10日(木)

このところ毎日のように帰宅時になると雨が落ちてくる。
これが「やらずの雨」であるなら良いが、仕事場に居座っても仕方が無い。
最近は定時に帰ることが標語のようになっている。
(もっとも残業している人はたくさんいるのだが・・・)
そうして歩いているうちに、暑いしベトベトしてくるし、
ついついスーパーや本屋などに立ち寄ってしまう。
なに、買いたい物があるわけでなく「涼み」に入るわけだ。
それに食品売り場というのは、冷房が強めに効いているものなのだ。
そうして結局何やら買ってしまうのだが、これも売り場の知恵かもしれない。

帰宅時は 涼みがてらの お買い物

これでは、そのまんまなので

生鮮で 涼しさを買う 雨宿り

■8月9日(水)

暑い暑いといいながらも、夏も峠を越えると
何となく物寂しく感じられます。
つまり今が盛りという事でしょう。
何という事もなく・・・
過ぎていくのも悪いことではないと思います。

そろそろ髪を切る頃か・・・
コピーを取りに行って、ついでに買ったかき氷・・・
風鈴を吊るすのを忘れていた・・・
どこかの家で高校野球の金属バットの音・・・
花火の音はすれど、建物の影・・・

・・・そんなところです。


■8月8日(火)

本日は高円寺円盤月例会がありました。
猛暑の折、御来場を賜り誠に有難うございます。
演奏会の模様はこちらからご覧ください。

■8月7日(月)

昨日の今日で、なかなか頭が回りませんが、
これもいつもながらの状況といえば、そういう事でしょう。
台風の影響で、夕刻は「いつ降り出すか」という状況。
退職時間と同時に降り出すという・・・何と間の悪い。
湿度も高く、下着が貼り付くような帰宅となりました。

明日は高円寺円盤月例会があります。
お時間がございましたら、お立ち寄り下されば幸いです。

■8月6日(日)

本日は国立の音楽茶屋奏で三人会がありました。
暑気厳しき折りでしたが、御来場を賜り、誠に有り難うございます。
会の模様は後日掲載致します。

また、明後日は高円寺円盤月例会があります。
お時間がございましたら、お立ち寄り下されば幸いです。

■8月5日(土)

明日は国立の音楽茶屋奏で三人会がございます。
納涼気分で御来場頂けたら幸いに存じます。

■8月4日(金)

季節柄、蝉の脱け殻をよく見かける。
痕跡を残すからには、何かしらの意味があるのかもしれない。

昔住んでいたアパートの夢をよく見る。
もう忘れてしまいたいのだが、何度も何度も見る。
夢であるから、実際のものとはかなり違うのだが、
やはり気が残っているのだろう。
たまには覗きに来い、とアパートが言っているのかも知れない。
見れば切なくなるだけなので、今はその前を通る気はしないのです。
自分の脱け殻がそこにあるからでしょう。

■8月3日(木)

今日は長袖のシャツでいられるような一日・・・
そういえば先日話しにでた秋刀魚の蒲焼き、
ひつまぶしの様に御茶漬けにしても美味しい。
胡麻を振って大葉でも散らせば結構な一品です。

現在も仕事の合間ですが。6日の国立と8日の高円寺、
それが終わるとようやく夏休みが見えてきます。
六月からほとんど休みが無かったので、
その先のことまで頭が回りませんでした。
これから少しづつ、秋に向けての計画を考えるつもりです。

■8月2日(水)

先日のアゲイン余一会の模様を更新しました。
料理のコーナーもありますので、御笑覧下さい。

■8月1日(火)

夏休みと言えば公園などでラジオ体操を行うが、
あれはやはりラジオの放送時間に合わせてするものらしい。
もちろんCDをかけることも出来ようが、合わせるのが本式のようだ。
(そうしないと早起きしないのかもしれない)

ある人が、その集会の担当となり、前に立って体操をする日が回ってきた。
前もって振り付けを覚えてきたのだが、それは第一体操だけであった。
それで終わるのかと思っていたが、突然第二体操が始まってしまった。
困った事に何をやって良いのか皆目分からない。
仕方が無いので、前で体操をしている参加者を見ながら適当に誤魔化した。

どうせなら、何だか解らない「へろへろ踊り」をやって欲しかった。
体操と言うより宴会芸になって、さぞ面白がられたであろう。
おそらく二度と頼まれないだろうが・・・