UENO SHIGETO NEWS DIARY
上野茂都(美術・音曲)の活動に関する情報サイトです

■1月18日(木)

先日、山野楽器にハーモニカを見にいったのだが、
ブルースハープの高価な事に驚いた。
あんまり高いので、買うのは諦め、木村屋で餡パンを買って帰った。
高級な餡パンが安く感じたものである。

私が使っているのは、十代の頃に揃えたもので、
(物持ちの良いのには定評がありますので・・・)
一本千円くらいで、何種類も楽器屋に並んでいた。
今、同じ商品でも四千円近くする物がある。
人から貰った物も多く、そんなに高価な印象はなかった。

一万円もするハーモニカであれば、それなりの音色があるのだろう。
そのクラスの商品は見た目にも「高級感」がある事は確かだ。
そういう楽器だと思っていれば、そういうものだと思えてくる。

ただ、ブルースハープは、キイに合わせて揃える必要があるので、
演奏するのであれば、3〜4本は持っていたいところだろう。
今でも安価な物が無いわけではなく、通販などでは売られているようだ。

■1月17日(水)

京橋に国立近代美術館フィルムセンターというものがあり、
現在は綺麗に改装されて、図書室や展示室もある。
特に7階の展示室は、古い映像や資料も観られて中々楽しめる。

現在「ポスターでみるSF・怪獣映画の歴史」という企画展を開催中。
入館料が250円(ポスターは100余枚を展示)、常設展示も観られるので、
お近くに来られたら覗いてみるとオモチロイですよ。

     

■1月16日(火)

昨日の続きであるが、ノコギリヤシの他に
ブロリコとスピルリナというサプリメントも貰った。
これまたどういう事に効くのか、良く分からないが、
せっかくだから、しばらく呑んでみる事にします。
皺が減って髪の毛が植えれば、言うことありません。
ついでに精力も・・・

■1月15日(月)

ノコギリヤシというサプリメントを父親から貰った。
なんでも通販で注文したら、定期的に届くように
設定してしまったらしく、あり余ってしまったそうだ。
頂いてはみたものの、何に効くのかは良く分からない。
良く分からないが、120錠入りを四本も貰ったので、
せっかくだから、しばらく呑んでみる事にします。

■1月14日(日)

今時分は小正月というそうで、
旧暦では色々とお祝い事があったそうだ。
むしろ元日より行事が集中していたらしい。
大正月(元旦)は家々で祝い・・・という事だろう。
だから成人式は15日で良かったのだと思う。
御年賀も落ち着き、初場所も始まって・・・等々。
もっとも受験がある人達は、大変であるが・・・。

■1月13日(土)

今年の冬は葉物が高い。
ほうれん草やレタス、キャベツなど例年より高価で、
白菜や小松菜も同じ状況の為、鍋物は贅沢品となってしまう。
値上がりには理由がある事なので、むしろ高くなった時ほど、
応援してあげるのが筋ではある。

経済的に手が出ない場合も、それなりの工夫はあるはずだ。
もやし、カイワレ大根、根菜、カット野菜などを利用したいところ。
大根をスライサーで薄く切り、肉類と鍋にすると美味しい。
加えて春雨やシラタキなど、上手く使えると思います。

■1月12日(金)

職場で大相撲協会のカレンダーを頂いたのだが、
日馬富士もしっかり登場していて、何だか淋しいものを感じた。
まだ安馬と名乗っていた頃、国技館で見た事があった。
カレンダーの写真は、不知火型の土俵入りのものである・・・

先日の円盤月例会の模様はこちらから御覧下さい。

■1月11日(木)

今日は仕事を昼過ぎに切り上げ、新橋まで足を伸ばし、
東劇へ初シネマに行って参りました。

■1月10日(水)

今日は仕事を昼過ぎに切り上げ、新橋まで足を伸ばし、
演舞場へ初歌舞伎に行って参りました。

■1月9日(火)

本日は今年初めの円盤月例会がありました。
お忙しい中、御来場を賜り誠に有り難うございます。
当日の模様は、後日掲載致します。

■1月8日(月)

明日は今年初めの円盤月例会があります。
御来場の皆様には、書き初め色紙を御進呈(先着八名様)させて頂きます。
また、干支に因んだものもあるかもしれません・・・



当日は仕事始めなので、職場から向かう事になります。
何となくまだ身体が締まりませんが、御挨拶かたがた、
御正月向きの散文など紹介させて頂こうと思います。
皆様の御来場をお待ち申しております。

■1月7日(日)

昨日からの炊事の流れ。

昆布と鶏挽肉でスープを作る。
挽肉はすべて取り上げ、蕪と一緒に煮る。
スープは使用分だけ土鍋に取り、葱と白菜、豆腐を入れて湯豆腐。
鱒の缶詰に胡瓜を添えて二杯酢・、柚子を乗せる。
湯豆腐の汁に醤油で味を付け、焼き餅を入れて雑煮にする。
以上晩食。

翌日・・・

煎茶の茶殻を納豆と合え、茶殻納豆。
蕪の煮付けから挽き肉を分けて、
牛蒡と人参(カット野菜)を辛めに煮る。
磯辺焼きを添えてこれが朝食。

鱒の缶詰の缶汁を昨日のスープに足し、
蕪と豆腐を加える(缶汁が出汁になっている)。
これに酒粕を入れて粕汁にして、揉み海苔を散らす。
穴子の缶詰(山葵添え)、牛蒡、蕪の煮物等と並べて晩酌。

■1月6日(土)

当節は元旦から営業している店も珍しくないが、
やはり野菜などは、普段より高いように思える。
特に葉物は高いなぁ・・・と思う。

そんな事もあり、家にいて余り物を食べ繋いでいる。
そうやって残り物を工夫して食べるのも良い事だ。
無駄な物を買わないし、食料の整理にもなる。

冷凍庫に餃子の種の余りがあった。
これに片栗粉を加えて、味付けをして、
皿に移した状態で蒸してみた。
いわば、皮のない餃子のようなものだ。
味としては「中華風ミートローフ」のようで、
簡単に出来るし、なかなか面白い。

蒸し料理のついでに、薩摩芋も蒸して食べた。
薩摩芋というのは不思議な野菜で、あれこれ調理をするより
そのまま蒸したり焼いたりするのが、一番美味しい。
そしてまったく調味料がいらないというのも、考えてみれば凄い事だ。

■1月5日(金)

今日は何通かメールを送っていたのだが、
途中からソフトの調子が悪くなり(最近少しおかしかった)、
余計なメールを削除していたら、突然データが消えてしまった。
再起動してみると、どうも受信データが初期化されてしまったらしく、
ここ数年のメールがすべて消し飛んでしまったのだ。
いくつかは他の機種の方に残ってはいるが、
紛失してしまったアドレスも多いはずである。

もっとも最近は、パソコンにメールが来るのは随分減って、
ダイレクトメールが大半であったのだが・・・
過去のやりとりが消えてしまったのは残念ではあるが、
これもまた致し方ない事かもしれない(証拠隠滅?)。
どうも、パソコンのバージョンが古すぎたようである。

そういうわけですので、これからまた「やり直し」となります。
アドレスは同じですので、なるべく送信して頂ければ、
少しづつ情報も増えていくというものでしょう。

■1月4日(木)

随分前に買い求め、読まずにそのままという本が結構有る。
大概は古本の為に、すぐに読まなくても、買っておかなければ、
中々手に入らないから、そういう事になる。
そもそも、そういう本は、早く読まなければならない程のものでもない。
只、この「随分前」といのが、三十年くらいになっているので驚いた。

例えば「黒駒の勝三(昭和三年)」という本は、中程まで読んでそのまま。
愈々これから「嵐河原の大喧嘩」となる辺りに、シオリを挟んだままであった。
先日、それを捲っていたのだが、思えばそれから三十年近く経っている。
これは松田竹の嶋人という作家の大衆小説で、内容的には講談本と言ってよい。
今さら、竹居の安五郎や祐天仙之助、玉五郎や大岩、小岩を覚えても仕方がないが、
だからこそ、続きを読まねば相済まない気もする。

黒駒の勝三は、次郎長伝では相対する勢力で、そちらの方では悪役である。
次郎長と吃安は仲が悪く、その身内である勝三とも当然向かい合う事になる。
まぁ、そんな事から、ここでは駒三を主役にして汚名を晴らそうとしているわけだ。
ただ、この本は1000ページもある上に、上巻しかないのである。
いつか古本市で下巻に巡り会うかもしれぬという・・・という楽しみはあるのだが・・・

収録されている「現代大衆文学全集(平凡社)」は、まったく現れない本では無く、
現在「江見水蔭集(第二巻)」「長谷川伸集(第八巻」「白柳秀湖(第二十集)を、所有している。

■1月3日(水)

久し振りに短編小説を読んでいた。
古い小説雑誌などをめくっているのは楽しいものだ。
新聞を読んでいると、他の本を読む時間が無くなってしまう。
正月の記事は(有り難い事に)緩やかなので余裕がある。
William Irishは、父親が好きな作家で、自分もそれに習っている。
読みやすく多作なので、雑誌から抜き読みする事が出来る。

「死の三角切手」「札束恐怖症」「青髭七人目の妻」
「女が家を出るとき」を散読、いずれも「E.Q.M.M (60年代)」から。

■1月2日(火)

今日はとても月が大きく見える日だった。
たまたま移動中であったのだが、
車窓から綺麗な月を眺める事が出来た。

月というのは時間によって、見える大きさが変わるが、
光っている色も変化しているようですね。

■1月1日(月)

新年明けましておめでとうございます。
昨年中は、演奏会、展覧会などにお運び頂き、
また、拙いこのサイトを御覧頂き、
誠に有り難うございます。

今後とも皆様の御多幸と御繁栄を心より願っております。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

上野茂都

2018年 年賀状(web版)

■12月31日(日)

除夜の鐘がうるさい、と住民から苦情が出て、
寺院では毎年の鐘をつくのを止めてしまった話がある。
これは自分が以前住んでいた町の事なので覚えている。

子供の声はうるさいと言い出され、保育園が建てられなかった。
残念な事に、これも自分が通った高校のあった町なのである。

こんな話を聴く度に、つまらない国になってしまったと思う。
そもそも、これらは騒音なのであろうか。
自分にとっては、通勤時の改札を占拠している政党人の、
街頭演説の方が、よっぽどうるさくてストレスとなっている。

他人に気を使うようにしているからといって、
思いやりのある人間が増えているわけではないだろうに・・・

■12月30日(土)

お節料理というのは、節句に食べるからお節なのだが、
やはり振る舞う為の物で、一人で食べるものでもないらしい。
ただ、あの重箱に収まった状態は、食器も入らず場所も取らず、
なかなか上手く出来ていると思う。

今では洋風や中華風もあるのだから、
普段の料理にも応用が効くのではないだろうか。
一遍が20cm程度の重箱をうまく使えば、
残してもそのまま冷蔵庫に入るので、
日常的にも便利なのではないかと思う。

■12月29日(金)

今夕、蕎麦屋の女将と話したところ、昭和の頃は、
大晦日など午前3時頃まで店を開けていたという。
12時くらいまでは、御客で一杯だったそうだ。

近所に初詣の賑わいがあれば、さもありなん。
我が家は美容院であったが、明け方まで仕事をしていた。
晴れ着を着るために、女性は髪を整えにくるのである。

最近は、御正月の料理も、以前ほどは売れないらしい。
おせちやお雑煮を食べない人も多いという。
今では恵方巻の方が、流行っているそうだ。
そういう我も、昔ながらの行事の多くを素通りしているだろう。
柏餅は食べても、月見団子までは手を出さなくなっている。

せめて馴染んだものぐらいは、続けていこうと思いますな。

■12月28日(木)

今日は仕事納めという事で、雑務を片づけて帰宅。
たいした事はしていないが、やけに疲れていて、座布団の上で寝てしまった。
明日、掃除をする予定だが、やればきりがないので、ほどほどにするつもり。
一昨日は年賀状も作ったので、早めに切り上げて蕎麦屋に行きたいところ。

湯気香る 柚子と三つ葉と 晦日蕎麦

晦日蕎麦というのは、大晦日だけでなく、他の月に食べても良いらしい。
これからは、月末に蕎麦という習慣をつけても面白いだろう。
なんとなく、ほっとする感じがするではありませんか。

つごもりに 一息付けば 蕎麦屋まで

■12月27日(水)

酒が呑めないと困ることは、空元気が出ないことだ。
かなり疲れている時でも、ブランデーを一口呑めば、
寝る仕度をするくらいの力はでるものだ。
ビールを呑みながら炊事をすれば空腹を忘れていられる。

今は呑めないので、家に帰るとしばらくはぐったりしている。
電気ストーブの前で、正座をしたまま、ぼーっとしている。
なんともはや・・・

■12月26日(火)

年末に 憩ういとまも あらざらむ あれもやらねば これもやらねば

今日こそは 早く帰ると 思えども あれやこれやで 暮れる街角

年の瀬に やるべきことを 数えては 更にやる気の 失せにけるなり

■12月25日(月)

最近の缶詰は、殆どが缶切り不要になっている。
これを「easy open ends」というそうだが、
プルトップという言い方の方が通じやすいだろう。
ただ、どうもあの指で引っ張るヤツ(特に安い缶詰)は、
最後まで開けきれないものが多い。
半分くらい開けると金属が曲がってしまい、
力任せに続けると怪我をしそうなので、適当な所で諦めてしまう。

自分は缶詰でも洗ってから捨てるので、指で引っ張るやつは
切り口が鋭くて、洗うときに手を切りそうで怖いのである。
特に切り開けた蓋の縁など、鋭利な刃物と同じである。
だから、どちらかというと缶詰で開けたほうが安全なのだ。

子供の頃、缶ジュースなどは小さな缶切りが付いていた。
これは飲み口を開ける為のもので、二箇所を対角に開ける。
ナイフで開ける方法も父親が教えてくれた。
今思えば危ない事だが、子供の好奇心で試した事もある。

もっとも今でも缶切りで開ける缶詰が無いわけではない。
先日買った茹で小豆は、確か缶切りで開けたはずだ・・・
そういえば上京したときに買った缶切りを今も使っている。
モチガイイですな。。。

■12月24日(日)

何日か前に猪口に一杯、清酒を飲んでみたが、
やはりまだむせてしまうので、完治していないようだ。
そんなわけで、クリスマスといえどもワインも飲めない。
ただ、最近は慣れてきて、それほど気にはならなくなった。
飲みたくなる時が、治った時という事だろう。

始覚止為善   今朝真止矣
此従一止去   将止扶桑辺
清顏止宿容   奚止千万祀

これは、陶淵明の「止酒(酒をやめる)」という歌。
この部分の大意は・・・

酒を止める気など、さらさらない私であったが、
善かれと思い、今朝方にとうとう止めてしまった。
いっそこのまま清らかに生き抜いて、
千万年の寿命を祝ってみるとするか・・・

あきらめ気分で長生きしてしまう所が面白いと思いますね。

■12月23日(土)

先日のマンダラ2演奏会の模様を掲載しました。
御客様の御協力により、会場写真を多くしておりますので、
こちらから御覧下さい。御協力誠に有り難うございます。



■12月22日(金)

ある家庭の夕食・・・湯豆腐を食べながら
「この柚子は、どうもふやけているね」
「さっきまでお風呂に浸かっていたものですから」

食べられるほどに 引き上げ 冬至の湯

■12月21日(木)

「桃屋ごはん」という料理本が売られていて、中々面白い。
おそらくメーカーのサイトなどから発展したのであろうが、
桃屋という瓶詰め食品自体、昭和の香りがするのでうれしい。
内容は製品を使ってのアレンジ料理で、本当は瓶詰めのまま食べるのが
この手の商品の良さだと思うが、装丁も綺麗で美味しそうに出来ている。

当時、「ウニ」や「なめ茸」等は、瓶詰めしか知らなかった。
「牛肉の大和煮」や「コンビーフ」が缶詰でなければならないのと同じ事。
そして食卓には必ず「ふりかけ」が置かれていた。

その頃、桃屋といえば「花らっきょう」であった。
それから「江戸むらさき」、これに「特級」と名付けたのも妙案だった。
「ごはんですよ」は70年代で、むしろ新製品の印象である。
何と言っても三木のり平氏のキャラクターの功績が大きいし、
それを抜きにしては語れない商品になっている。
「昔ながらの現役」が減ってきている今日、頼もしき事でありますな。
何となく海苔の佃煮が食べたくなってきたでせふ・・・

■12月20日(水)

今月の歌舞伎は三部構成で、昨日観たのは第三部であった。
三部構成だと、時間は短くなるが値段もお手頃になる。
短いと言っても三時間近くはあるので、観劇しやすいと思う。

「瞼の母」は説明するまでもない、長谷川伸の代表作。
玉三郎の持つ近代感覚は、新劇の演出でも良さが出る。
同じ長谷川伸の「刺青奇偶」も上手かったです。
汚れ役とは言わないが、すれた女性の演技はお見事ですね。

「楊貴妃」は舞踊であるが、箏曲である事が面白い。
歌舞伎座に女性(演奏者)が並ぶのは珍しい風景だと思う。
琴だから歌は地唄になるのか、歌われている言葉が聞きやすい。
能から来ている題材だそうで、その分派手な動きは無いのだが、
そうやっって幽玄の世界を表しているのだろう。
とにかく劇場に響く琴の音色が綺麗でありますよ。

■12月19日(火)

今日は仕事の帰りに銀座まで足を伸ばし。歌舞伎座へ。
三階の後ろで観ていたのだが、前に座ったのが背の高いガイジンで、
こやつが深く腰掛けてくれないので、舞台が割れてしまい困った。
舞台の真ん中にでっかい頭の影が出来てしまうのだ。
しかもこやつの隣に東洋人の恋人がいて、やたらといちゃつくのである。
舞台では番場の忠太郎が泣いていたが、私は腹が立っていた。

そのうちに寝てくれれば良いと思っていたが、字幕の端末のような物を観て、
(それを観るから身体が起きてくる)それなりに観賞しているのである。
もう少し椅子にもたれて下さい、と言ってあげれば良いのだが、
言葉が通じそうにないし、もめたら周りに迷惑だから我慢してしまった。

内容に関しては明日書く。

■12月18日(月)

最近は人生百年というそうだ。
そんな事もないだろうけれど、それが本当ならば
70歳を過ぎても働かなければいけなくなる。
何せその後まだ、30年生きなくてはならないのだ。
無論、仕事があるならば良いが、一般的にはどうか。

左団扇で隠居できる人ならば無職で暮らせるが、
我々はそうも行かないであろう。
政治家や文筆家、落語家ならば70現役は珍しくない。
舟木一夫や中村吉右衛門、まだまだ旺盛であるし、
90歳でベストセラーを書く作家もいるわけだ。
若い頃の仕事で印税生活が出来る人もいる。

現在の老人は比較的お金を持っていると云われているが、
10年後20年後の年寄りはそうでもないと思われる。
誰でも長生きはしたいし、楽しい百歳なら結構だが、
現実的になると憂いを伴う面も多いのではないか。

芸術家には定年が無い、などと得意になっていても、
売れない芸術家で年齢ばかり重ねては、なんともはや・・・
金も無いのに働かない老人ばかり増えていったら、
どうなってしまうのでしょうね。
まぁ、そうなった時に考えましょう!

■12月17日(日)

連日、劇場に出歩いています。
といっても三階席なので、安価なものですよ。

今日は国立劇場で「梅の由兵衛」を観て参りました。
広辞苑にも載っている有名な歌舞伎なのですが、
上演されるのは39年振りという事です。
「御存知」と題に付く侠客物なので、幡随院長兵衛のように
スカッとした物語かと思いきや、結構重い筋書きです。
その分、脇役などに、おかしみのある演出を加えてあります。
紫の頭巾を被った主人公のなりかたちが評判になったのでしょう。

「梅の由兵衛は豊後でよく語り」・・・
これは豊後の梅に掛けているわけです。

■12月16日(土)

前々から観てみたいと思っていた事と、
木村万里さんに「イイワヨ〜」と勧められた事もありまして・・・
今日は新橋演舞場へ「舟木一夫特別講演」へ行って参りました。
何でも芸能生活55周年、今年で73歳になられたそうですが、
カクシャクとされていて、演劇とコンサートの二本立てを昼夜に渡り、
一ヶ月公演するのですから、凄い事だと思います。

往年の歌手は、必ず芝居もこなすのです。
万里さんも言っていましたが、
「力みを感じさせず、演技が上手い」・・・確かにそうでした。

コンサートは司会もつけずワンマンショー、途中のMCで、
若い頃は力一杯気張って歌うばかりで、作品の方が実力を上回っていた。
その歌の中で、どこに強弱を入れるべきかは、年齢と共に解ってきた・・・
そんな事を大ベテランが、歌の合間にさらっと言うのですから
良いものを聴かせて頂いたと思っております。

■12月15日(金)

昨日のライブ終了後に、店長から
「歌が上手くなったね」と言われました。
はなはだ気恥ずかしい事ではありますが、
もう少し聞いてみると、「味が出てきた」という事らしいです。
人間も長くやっていると、自然と「味」が備わってくるのでしょう。
店長によると「味」というのは、これからまだまだ出てくるそうです。
なるべくなら「旨味」となって出てくる事を願いたいですね。

■12月14日(木)

今日は吉祥寺MANDA-LA2にて、別天地楽団との演奏会がありました。
今年最後の演奏会も無事に終わり、幾分ほっとしております。
演奏会の模様は後日掲載致します。写真は終演後の店内です。
師走のお忙しい中、御来場を賜りまして、誠に有り難うございます。



■12月13日(水)

本年度の歌い納め(MANDA=LA2)も、愈々明日となりました。

思えばこの編成での演奏会も、東京と名古屋とで、
二回しかライブをしていないのですね。
今回は新たな曲も加えて、お送り致しますので、
師走のひとときをお楽しみ頂けたら幸いです。
皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

■12月12日(火)

今日は今年最後の円盤月例会がありました。
最近、店長は出張(行商)が多いのですが、この日は出勤。
久し振りに色々と打ち合わせが出来ました。
会の模様はこちらを御覧下さい。

■12月11日(月)

今日はT美大では今年最後の出勤日となり、
これで春までは出校しない事になる。
学生は制作に熱が入っているので、改めて声をかけるでもないが、
卒業していく者の前では、やはり名残惜しいものがある。
卒業式には会う事になるだろうが、
その日はもう別の顔になっているものだ。

明日は高円寺円盤月例会があります。
14日のマンダラ2に近いので、どうしようかと思いましたが、
円盤として納めの会ですので、普段通りに行います。
一年を振り返りながら、三味線でぽつぽつ・・・

■12月10日(日)

このところ、記憶力が怪しくなってきて、
先日買った本を何処に置いたのか忘れてしまった。
広くもない部屋を、あっちこっち探したが出てこずに、いささかマイッタ。
何処に置いたのかを忘れただけなら良いのだが、
買って帰った後に、それをどうしたかが、まったく思い出せない。
その事が悩ましかったのである。

結局、本棚に差し込んであったのだが、
何故それが見えにくくなっていたのかというと、
本屋の店員がカバーを掛けてくれた為に、
同じようなものがたくさんあって、そこに目がいかなかったのだ。

つまり、自分では本棚に入れた事を忘れていたのであるが、
(実はそうした事は思い出せない、無意識にやったのだろう)
見つからないのであれば、本屋に置いてきたのか、電車に置いてきたのか、
休み時間に読もうとして職場にもっていったのか・・・
買った事が自体が夢だったのか(レシートを探したらあった!)
などなど、こういう時は色々と考えてしまい、ひどいストレスになる。

小さいことでも気になり出すと、他の事が手に付かなくなる。
いっそ忘れたままであれば、気にならずに済む事もある。
薬を飲んだかどうか・・・これは毎朝のように思い出せない。

忙しい時に「そういえばアレってどうしたっけ・・・」などは禁物である。

■12月9日(土)

夜中に目が覚めて、そのまま眠れなくなる。
疲れている時でも、そういう事がある。

寝付けぬままにも、横にはなっているのだが、
そんな状態のままで、二時間近くも経ってしまう。
大体こういう時は、明け方にようやく眠れて、
すぐに起きる時間になってしまう。

つまり、眠りたいのに眠れない時を過ごした後に、
眠むたいのに起きなくてはならない時がやってくるわけだ。

どうせ寝付けないのだから、
本でも読んでいれば良いと思うのだが、
気持ちは眠いのであって、何かをする気にもならない。
まぁ、あんまり気にしない方が良いのだろう。

■12月8日(金)

今日は出勤の後、夕刻から吉祥寺でリハーサル。
火曜日に合わせて後、かなり固まって参りました。
今も頭の中でメロディが繰り返されています。
来週の本番には、ぜひともお運び頂きたく思います。

今日は偶然にスタジオで何人かの知人に合う事が出来ました。
皆さん御活躍の御様子で何より。
やはり仲間と一緒に音を作るのは楽しいですね。

■12月7日(木)

昨日は羽生善治永世七冠が話題になったが、
思えば私が大学生の頃から活躍しているわけで、
それだけ長くトップの座にいるという事だ。
この快挙だけは誰にも出来ないだろう。
それほどの天才でも、もはや人工頭脳に勝つ事は困難だ。

そこで羽生氏が言うコンピュータが強い理由とは、
要するに「感情が無い」という事らしい。
勝っても嬉しくないし、負けても悔しくない・・・これは怖い。
人間は感情抜きには生きる事は不可能だし、
まして勝負ともなれば、様々な心情が絡んでくる。
「背負っているもの」などという言い方も使われる。

大山名人は、話しが上手くなると将棋が弱くなる、と言った。
極める人は極力周囲の人間を意識しない方が良いらしい。
それでも観る側としては、やはり情を通して観戦するのであって、
感動の無いところには、結局興味を示さないだろう。
たとえ作った話にしても、文学性を求めてしまうものなのだ。

■12月6日(水)

今日は職場の帰りに耳鼻科で再診。
本当は金曜日で良いのだが、予定が合わず、
明日は休診日なので、薬を余したまま診て貰った。
どのみちしばらくは掛かるだろう。
そろそろお酒も恋しくなって参りました・・・
写真は昨日のスタジオのロビーにて

  

■12月5日(火)

今日は吉祥寺にて、12月14日の為のリハーサルを行いました。
今回初演のニューアレンジの曲を中心に、アイディアを出し合って
合わせているうちに、かなり面白いものになって参りました。
おそらく今回初めて聴くような曲も入っております。乞う御期待!
写真はそのスタジオの風景です。

 

■12月4日(月)

昨夜から急に咽が腫れて、唾を飲んでも痛むほどになった。
体調が回復どころか、治りかけたと思うと、また悪くなる。
午前中、耳鼻科に行って診察して貰ったのだが、
(混む前に乗り込んで、診察番号は1であった)
鼻からカメラを突っ込まれ、咽よりも鼻の状態が悪いと言われた。

咳も含めて薬を出して貰ったのだが、午後からは出勤。
現在は咽の痛みは治まっていますが、鼻は良くないです。
それよりも咳が取れずに、むせてしまうのが厄介。
この症状は体力を消耗するからです。

思えば、土曜日の夜から悪くなりはじめ、
休みの日なのに悪化するとは情け無い。
鹿島の試合を観たから、消化不良になったのかもしれない。
とにかく年中ポンコツ状態で、年齢は取りたくないものです。
出費も重なりますしね・・・

■12月3日(日)

最近は猫やら犬やら動物の愛らしい仕草を
編集した番組が多いようである。
当然、著名人や文筆家などの犬猫も登場するのだが、
作家先生達の御自宅の御立派な事・・・
広い仕事部屋は整然としていて、埃一つ無い。
洋館のような一軒家に住んでいる先生もいる。
おそらく家具や食器にもこだわっておられるのだろう。

一般家庭ももちろん映るが、みなさんセットのように
片付いていて、とても我が借家とは比べ物にもならない。
普通に生活していれば(まして動物と一緒に)
もう少し雑然としてくると思うのだが、
あれはあらかじめ片付けるのか、元々綺麗なのか、
それとも私が片付け下手なだけなのか。
どういうものなんでしょうな・・・

■12月2日(土)

今日は伴瀬氏から、12月14日マンダラ2での
演奏曲のアレンジのデモ音源が届きました。
彼は全体の編曲を担当しているので、
今回も伴瀬流のアレンジが聴き所となるでしょう。
「上野トラディショナルの別天地」というオプションですね。
これで愈々、当日に向けての音造りとなっていきます。
火曜日には吉祥寺でリハーサルを行います。

私はどうも悪い咳に見舞われて、
あまり芳しくないのですが、まだ日があるので
どうにかしたいと思っています。

■12月1日(金)

ついに十二月になってしまった。
もう三十一日寝ると御正月という事だ。
・・・そのように歳月は静かに流れていきます(中西龍・日本のメロディ)
静かかどうかはわからないが、とにかく「あっとも言わない間」である。

今日は帰宅時に所沢の古本市へ立ち寄る。
あまり買う気もなかったのだが、結構面白い本があって、
結局五千円くらい買ってしまったが、これも設備投資である。
十冊位は買っているから、ひとつひとつは高い物ではない。
次ぎにまたあるという物でもないので、買うには気合いが必要だ。
「預からせて頂きます」みたいなね・・・
ただあんまり調子に乗ると、部屋に置ききれなくなるので、
いくらかは節度もないといけませんな・・・

■11月30日(木)

夕刻から銀座に出向き、学生の個展を拝観。
その前に東京ステーションギャラリーに立ち寄る。
彫刻を中心にしたシャガール展が開催されていたからである。
「シャガール 三次元の世界」展 12月3日まで

画家が彫刻を造る事自体はそれほど珍しくはないが、
シャガールの彫刻作品が50点も展示されるのは始めてだと思う。
しかも手彫りの大理石がかなり多く出品されていた。
その辺りの素材は、自分が関わってきた分野なので、
出来栄えについては思う所も色々ある。
それについては、胸にしまっておくことにしましょう。

■11月29日(水)

料理の本というのは頻繁に出版はされるが、
著名な料理人の本といえども、
時期を逃すと書店には置かれなくなってしまう事が多い。
一時期は何冊もあった周富徳や道場六三郎などの本は
現在の書店には無く、おそらく絶版となっているのだと思う。

私が若い頃に読んでいた料理人の本が欲しくなり、
古書店に入れば気に掛けているが、なかなか出合わない。
それでも今日は辻嘉一と村上昭子の本が安価で手に入った。
以前は図書館などに何冊も並んでいた人達である。

私が持っている村上信夫や陳健民の料理本は今では貴重だろう。
中央公論社の「暮らしの設計」シリーズの料理の本は
大変によい本だったが、古書店によっては結構な高値が付いている。

■11月28日(火)

現在の郵便葉書は62円だが、
今年に限り年賀状の季節は52円に戻すそうだ。
これはかなり異例な事だと思う。

実際、年賀状の時期は郵便局にとっての稼ぎ時なのに、
最近はメール等の影響で売上が落ちているらしい。
個人はさておき、企業などは何千通も出すだろうから、
値上げを機に自粛されてはたまらないのであろう。
それにしても、郵便料金などは極めて厳格なもので、
一時的に値下げをするというのも妙な感じがする。

ちなみに値下げする時期は12月15日から1月7日まで。
それを過ぎると年賀葉書でも10円切手を貼らなくてはならないそうだ。
「年賀」とはっきり書かないと、値下げの対象にはならないので御注意を。

■11月27日(月)

チェッカーというゲームはチェスと盤が同じなので、
以前は木箱入りのチェスのセットを買うと、
チェッカーの駒も付いていたのだ。
このゲームのルールをいつ覚えたのかは忘れたが、
小学生の頃であったと思う。友人とチェスをしている時に、
近くにいた年長者が教えてくれたのだろう。

ダイヤモンドゲームに似ているので、すぐに覚えられた。
シンプルなルールなので、誰でもすぐに出来る。
時折外国映画などに出てくるので、世界各地にあるのだろう。
日本ではあまり広まっていないので、関連書物(翻訳等)も無い。
ところが、これが案外に奧が深くて面白いのですね。

将棋でいう「次の一手問題」などもあり、結構面白い。
ゲームソフトの強いモードは、鬼の様に強く、手もなく捻られてしまう。
こういう遊びを、彼女と二人で出来れば楽しいだろうに・・・

そんなわけで「チェカー」と「連珠」は、遣り手が少ないので贔屓にしている。

■11月26日(日)

夕刻、池袋ニテ知人数名ト会食ス。
休日ト雖モ居酒屋店内混雑ス。
当方、風邪療養忠之為、飲酒控エメニスル。
旧知之方々ニテ懐カシク覚エドモ、
一時之後ハ往年ト変ワラズ歓談之事。
店内ニテK氏之写真作品拝見、
胸二去来スルモノ多シ。

残映孤影ヲ照ラシ  遠望之叙景ヲ刻ム
色調愈々淡ク退キ  一眼照写頑迷之士

■11月25日(土)

何にもしていない日というのは、厳密に言えば無いのだが、
ほとんど何にもしていないような一日だった。
出来ればこういう日を四〜五日続けてみたいと思う。
要するにボンヤリとしていたいのである。
新聞だってゆっくり読めば、一時間は掛かる。
金魚鉢を洗ったり、靴下を繕ったり、
漬物をつけたり、味噌を練ったり・・・まぁそんなところだ。
粉を牛乳で練って、ココアを作ってみるのも良い。
余裕があれば、詰め将棋でも解いて遊んでいる。
CDを聴かないのは、どこかで仕事と結びつくからだろう。
夜は赤だしで煮込み饂飩を作った。
肉を使わず、油揚げと牛蒡を入れるのが自分流。
こんな事をしていれば、自然と風邪も治ろうというものだが・・・

■11月24日(金)

昨日は祝日でライブがあった事もあり、
何となく週末のような気分になりかけましたが、
今日は平日・・・普通の御出勤です。

最近は飲酒を控えているので、甘い物が欲しくなる。
渋い御茶と一緒という事で・・・そういうものなのだろう。

火曜日辺りは咳がひどくなり、どうしたものかと思ったが、
医者に掛かる時間もなかったので、市販薬を買った。
市販薬は初期には効くけれど、後からはあまり効いた事がない。
それでも、何もしないわけにもいかず、駄目で元々と選んだのだ。
店員が進める物より、自分で選んだ方が諦めもつく。
すると、これが案外良かったらしく、咳が治まってくれたのだ。
今回ばかりは、○○製薬に感謝している。

それから風邪の折りは、あまりおしゃべりをしない事だ。
長く話すというのは、呼吸器官に負担が掛かるようである。

■11月23日(木)

本日は下北沢にて「渦40・ひとり渦」の公演がありました。
第40回という事で、楽屋にもお祝いの品が届いておりました。
清酒・御菓子・柿・パン・ラーメン・カレーなどなど、
数々のお心遣い心より感謝致しております。
「ひとり渦」の模様はこちらを御覧下さい。
御来場、誠に有り難うございます。

■11月22日(水)

明日は下北沢「しもきた空間リバティ」にて「渦40」の公演がございます。
晴天とはいかないようですが、○○心と秋の空という事でしょう。
祝日のひととき、御来場頂ければ幸いです。
それにしても、一年前に出演した「ますらお渦」の事を思うと、
早いなぁ・・・と思わざるを得ませんね・・・。

■11月21日(火)

明後日は下北沢で「渦40」の公演がございます。
勤労感謝のひととき、よろしかったらお遊び下さい。
私の出演枠は「ひとり渦」となっていますが、
一味違ったパントマイムの競演が楽しみとなるでしょう。

■11月20日(月)

今日は動きのある仕事をしたせいか、
咳がよくでるようになって困っている。
最近はこんな話題ばかりで、それこそ困りものだ。
四〜五日寝ていればよくなるのだろうが、
熱があるわけでもないので、そうもいかない。
考えてみれば、世間で流行る風邪もそうなのだろう。
一般的にそんなに長くは休めないから、
治りきらないまま仕事を続けて悪くする。
そういう人達が通勤電車に詰まっているわけだ。
玉子おじやでも食べて、回復を待ちませふ。

■11月19日(日)

このところ歯茎の具合が悪く、あまり硬いものが食べられない。
といっても、普段から豆腐ばかりだから、そんなに変わらない。
もともと硬い物はあまり食べない方だ。
御飯でもお粥や茶漬けが好きなくらいだから・・・
犬や猫のように、歯が丈夫な動物が羨ましい。

オレンジジュースを熱くして飲んでいる。
風邪に良いだろうと思うが、寒さのせいもある。
暖まる事が目的なので、もう少し重さが欲しくなり、
ゼラチンパウダーを入れてみた。
その方が暖かみが持つような気がする。
風邪の事を思えば、林檎ジュースの方が良いのだろう。

今週は「渦40」に出演しますが、それまでお酒は控える事にします。

■11月18日(土)

土曜日だが行事があった為に出勤。
昼休みが取れないほど忙しかった。
遅くなって帰る時に、鞄の中から餡パンが出てきた。
忙しくなるだろうと、昨日の内に買って置いたのを忘れていたのだ。
そいつを有り難く頂いたお陰で、帰宅する体力が出たようなもの。
それにしても弱くなったものだ・・・

■11月17日(金)

体調ヨロシカラズの為に、しばらく飲酒は控えている。
特に演奏後にビールを飲まなかったのは珍しい。
普段はその為にやっているようなものだが・・・
演奏家で運転して帰る人はツマラナイだろうな・・・とも思った。

飲酒というのは、ある意味で自分に対する褒美だと考えている。
それでも飲めない時は仕方がない。
仕方が無いが、それもしばらくするとそれほど辛くなくなってくる。
慣れてしまえばそんなものかもしれない。
褒美で言うなら、他にもある・・・という事・・・さて何があろう。

■11月16日(木)

夕刻、銀座ニテ知人ニヨル個展、弐箇所拝観ス。
体調万全成然レドモ、馴染ミ之中華食堂ニテ夕食ス。
八重洲大型書店ニテ暫シ物覧之時ヲ過ゴス。
帰宅時電車混雑ノ事、風邪引キ之乗客各所ニ有リ心中敬遠ス。

先日の円盤月例会の内容はこちらを御覧ください。

■11月15日(水)

酒掃という言葉があり、字で見ると「掃除をしては酒を呑む」
人生は片付けと掃除の連続、それが酒とセットになっている!

これは凄い言葉だ・・・と思っていたら、良く見ると違うんです。
酒だと思っていたら、洒という字だったのですね。
さんずいに酉ではなく、西だったのです。
これは「さい」とか「しゃ」と読み、水を注ぐという意味。
つまり水撒きと掃除なのですな・・・
読み方も当然「しゅそう」ではなく「しゃそう・さいそう」なのでした。
これも老眼がなせる業だったわけです。

それでも私は酒と掃除の「酒掃」というのが気に入っています。
造語という事で、そのうち揮毫したいと思っています。

■11月14日(火)

どんよりとした雨模様の一日。
夕刻は円盤にて月例会がありました。
お忙しい中を御来場を賜り、誠に有り難うございます。


■11月13日(月)

今日はT美大の日でしたが、あまり調子が良くないので
なるべく静かにしておりました。
一緒に講評をしたことのある絵画科の教授が、退官記念展を催しておりました。

風邪が胃の方に来ると、もう駄目で、すぐにむせてしまう。
去年はこれが無かったのですが、どうもそのパターンのようです。
この症状で医者の薬が効いた事は、ほとんど無く、
つまり、治る時を待つのが一番なわけです。
経験がある事なので、騙し騙しやっていくしかないでしょう。

明日は円盤で月例会があります。
お忙しい中、御来場を賜れば幸いです。

■11月12日(日)

調子が悪いので、終日横になっておりました。
こういう風邪は中々治らないので、困ったものです。
何かすると咳き込んでしまうのですな・・・
天気は良かったのですが、ごろごろしていました。

明後日は円盤で月例会があります。
それまでには何とか・・・

■11月11日(土)

午前中、医者に薬を取りに行く。
咽の薬も出して貰ったが、あまり調子が良くない、
これが咳に変わると、長引くのが通例になっている。
職場でも流行っているので、貰い風邪かもしれない。

それから入谷に出て、友人の個展を観る。
上野で買い物をして、日本橋へ足を伸ばす
三井記念美術館で特別展を観賞。
東京駅まで歩いて、中央線で帰宅。

フラフラするので、もうネマス。

■11月10日(金)

職場の防災訓練があり、地震体験車という物に初めて乗った。
震度七という事だが、実感として立ってはいられない。
ただ車の中はテーブルも動かず、物も落ちてこないので、
実際にそうなったら、もっと凄まじくなるという事だろう。
あくまで参考としての体験ではある。

■11月9日(木)

昨日から咽が痛み、明らかに風邪なのだが、
とにかく出勤だけはして、どうにかなった・・・と思う。
今のところ、薬で抑えているというところでしょうか。
提出する物があったりして、休みたくないわけです。
14日の円盤では、何か語り物でも入れようかとも思っています。

■11月8日(水)

午前中から咽が痛くなり、風邪を引いたようだ。
どうやら、世間でも流行っているらしい。
気をつけていないわけでもないが、掛かるときは掛かるもの。

そんな中、今日は国立劇場へ行っておりました。
古典劇では無いので、鳴り物の入らない芝居です。
それはそれで効果があるもので、緊迫した雰囲気がありますね。
出来れば二度三度は味わいたいところです。

昨日はワーキングランチなど御免被ると記しましたが、
職員会議など、目の前に美味しそうな物が並んでいたら、
幾分和やかになるのかもしれない・・・とも思いました。
どうせなら国会の代表質問も、何か食べながらやれば、
つまらない質問など、減るのではないでしょうか。

■11月7日(火)

この度の米大統領の訪日の記事で、
ワーキングランチなるものがある事を知った。
そのまま読めば、働きながら取る昼食という事だろう。
程度は解らないが、食事をしながらも、会合などを進めていくらしい。

ちなみに今回のメニューは、サラダ、大山鶏の照り焼き、
バニラアイスクリームだったそうだ。(御馳走では無いよね)
せっかくなら、昼食ぐらいゆっくりと食べて頂きたいと思うが、
これが最近のスタイルなのかもしれない。
こういうものは、あまり職場には導入して欲しくないですね。
物を食べながら、仕事の話しなどしたくないですよ。

もっとも、サンドウィッチや鉄火巻きは、
博奕を続けながら食べられるように作られたもので、
これもワーキングランチあるいはディナーといえるだろう。
海軍には「戦闘配食」という食事法もあり、主に握り飯だそうだ。
いずれにせよ食器を使わないという所がミソのようである。

■11月6日(月)

詰め将棋というのは、将棋に限ったわけではなく、
囲碁には詰め碁があり、連珠には摘め連珠があり、
チェスにはプロブレムというのがある。
おそらくシャンチーやチェッカーにもあるのだろう。

難問は有段者でなくては解けないが、初級向けの物もあるので、
金も掛からず一人で楽しめる。
弱い癖にこういうものが好きなのは、
おそらく盤上だけで完結しているからだろう。
それ以上の空間はいらないし、散らかることもない。
面積の狭いお国には向いているのだと思う。

先日の連休の夜、ブランデーを舐めながら、
連珠とチェスの問題で遊んでいた。

■11月5日(日)

久し振りにクレージーキャッツの歌を聞いていたら、
「ゴルフに小唄に碁の相手」とか
「部長は小唄にシビレてる」の歌詞が気に掛かった。

そうそう、昭和の社長・部長は小唄を習うのでした。
森繁の社長シリーズでも、小唄を覚えるシーンが出てくる。
つまり近年まで、古典芸能には「旦那」が付いていたわけだ。
もちろん今でもあるだろうけど、一般的には珍しくなっていると思う。
上役さん達が「長唄」や「浄瑠璃」でなく「小唄」を選んだ理由は、
曲が短いので御座敷向きだったからとも思われる。
長々とやらずに、適当に終わるから、調度良かったのだろう。

上役といえば、三遊亭円歌の「浪曲社長」も良いですなぁ・・・

■11月4日(土)

木曜日は仕事の後で、八王子の美術館へ行った。
「1930年協会から独立展へ」という戦前日本の洋画展。

ポスターや書簡など、歴史的な資料も展示されたいたのだが、
その中でも目を引いたのは、公募展会期中の出前の聞き取りが表である。
出品作家(皆第一人者である)が、その辺にあった包装紙で表を作り、
聞き取り役の画家が筆で書いているので、何とも云えない雰囲気がある。
おそらく近所にあった大衆食堂の出前なのだろう。
もちろん手書きの注文票なので、略語で書いてある。
「べ」は弁当で「カ」はカレーだと思う、そんな事も何故か嬉しくなった。
会期前半は、ソボロ丼、カレー、蕎麦等が人気があるのだが、
会期中半になると、鰻丼などと、気が大きくなるのが面白い。
おそらく絵葉書でもそこそこ売れたのではないかと思われる。

■11月3日(金)

昨日、健康診断の結果が帰ってきた。
前回とそれほどは変わっていないので、こんなものだろう。

左耳は随分前から高い音が聞こえない事になっている。
一言で言えば「老化」、今のところ日常には影響がない。
視力は左右とも1.2あるが、老眼は避けられない。
普通に新聞が読めるから、不便というほどではない。

相変わらず、コレステロールと尿酸は高いが、
どうすれば抑えられるのか、少しはわかってきた。
薬は飲んでいるが、極端に下がるというものではない。
やはり食事でバランスを取った方が良いようである。
検査前は酒を控えていたので、普段はもっと高めなのでしょうね。

■11月2日(木)

先日のアゲインの会の模様はこちらを御覧ください。
この日はハロウィンの為に、帰宅時が大変なのですが、
平日であった為か、それほどではありませんでした。
それでも電車から見た、渋谷の交差点はぎっしり。
もう少し遅くなれば、仮想軍団が乗り込んできたと思います。
楽しむのは結構ですが、疲れている者にとってはきついですな・・
渋谷に集結する事で、東急は儲かっているのでしょう。

料理のコーナーでは、こちらを作りました。
風邪にも効果があるそうなので、お試しください。

■11月1日(水)

このところ舌の上に痛みがあり、気が重かった。
考えられるのはストレス、胃が荒れている、ビタミン不足・・・
唾液の少ないのも良くないらしい。
そんなわけでマルチビタミンのサプリメントを飲んでみる。
わずか三日目だが、飲む前よりは良くなった気がする。
食べる事くらいが楽しみなので、舌は大切にせねばなるまい。

昨晩は今年最後のアゲイン余一会でした、
お忙しい中、御来場を賜り、誠に有り難うございます。
本年の演奏も、バラエティの「渦」を入れて、後四回となりました。

■10月31日(火)

本日は武蔵小山アゲインで余一会があります。
早いもので、今年最後のアゲインとなります。
料理のコーナーなどありますので、お運び頂けたら幸いです。

29日の国立の会の模様は、こちらを御覧下さい 。
米屋の話しというのは、最近お米屋さんでお米を買う事が無くなった、という事。
それについて、自分が上京した頃の話しをしたのですが、
その頃は「徳用上米」というのを2kgづつ買っていた、という思い出話し。
ライブ中、上野は二合と言ってしまいましたが、2キロの間違いです。
それにしても、町のお米屋さん、減ったと思いませんか・・・

■10月30日(月)

国立の演奏が終わったばかりですが、
明日は武蔵小山アゲインで余一会があります。
こちらはソロですが、今年最後のアゲインとなります。
料理のコーナーなどありますので、お運び頂けたら幸いです。

■10月29日(日)

今日は国立の音楽茶屋「奏」で演奏会がありました。
台風の影響で雨の強い時間と重なってしまいましたが、
お運び頂いた御客様には心より感謝申し上げます。

■10月28日(土)

明日の日曜日は国立音楽茶屋「奏」でトリオ演奏があります。

伴瀬朝彦氏と服部将典氏が共演します。
天候が気になる所ですが、御来場を賜れば幸いです。
御客様には名菓「ハロウィン饅頭」を差し上げます(限定15個)。

  

秋晴れが覗いたと思えば、突然寒くなり、
今日などはどんよりとして、町の風景にも色味を感じません。
こんな日は昼前から酒でも呑んでしまいたい気になりますが、
覚めた時が空しいのでやめておきましょう。
暖かいタンメンでも食べれば、少しは元気になりましょうか・・・

中年は 愚痴もぼやきも 封じられ ただ白玉の 露に酔うべし 

■10月27日(金)

明後日の日曜日は国立音楽茶屋「奏」でトリオ演奏があります。

皆様の御来場を心よりお待ち申しております。
御来場を頂きました御客様には名菓「ハロウィン饅頭」を差し上げます(限定15個)。
かぼちゃの餡というのは、結構和菓子に合うもので、なかなか良く出来ている。
種をヘタに見立てた所は傑作といえるだろう。

■10月26日(木)

将棋の藤井四段が、悩んだ末に高校進学を決めたそうだ。
悩んだというのは、高校に身を置く時間を将棋に割き、
プロ棋士の道に専念する事も考えたからだそうだ。
思えば、加藤九段は高校中退、羽生棋聖も全日制中退である。
囲碁の七冠である井山名人は高校には行かなかったし。横綱稀勢の里も中卒である。
高校を義務教育にしたがる人達も多い中で
学歴に関係のない第一人者がいるという事は良いことだと思う。
職人や芸人の世界でも、早くからその道に身を置く事で、学歴に勝る部分も多いと思う。

29日の日曜日は国立音楽茶屋「奏」でトリオ演奏があります。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

■10月25日(水)

昨晩は珍しくラジオで野球を聞いた、とういうのは横浜が気になったからである。
もう一試合あるだろう、と思っていたら、ものの見事に完勝で決めてしまった。
一時は存続の危機すらあったのに、年々力を付けてここまで来たのは大したものだ。
優勝していたチームには気の毒な気がするが、決めごとだから仕方が無い。
問題はあるものの、このシリーズを続けているのは、やはり収益があるのだろう。

それにしても、下位球団とはいえ、ルール通りに試合を行っているわけだから、
「下克上」という表現は、ちょいときつすぎると思うのだが・・・

日曜日は国立奏でトリオ演奏があります。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

■10月24日(火)

今回の選挙は、肝心な政策以上に、各人の思惑や戦略、策謀や誤算が入り乱れて、
野次馬的に見れば、つっこみ所が多く、それはそれで面白かったのかもしれない。
人間、何だかんだと言いながら、他人の浮き涼みを面白がる癖がある。
その事を否定して、生真面目に論評などしても、仕方が無いようにも思える。
いやいや、そんな呑気な事を言っていては困ります、となるかもしれないが、
今回のゴタゴタのお陰で、現在この国が直面しているいわゆる「国難」を、
しばし忘れる事が出来た人も多かったのではないか・・・

■10月23日(月)

朝から美大の出勤予定だったが、台風の為に休校。
午後からは平常に戻ったので、出校すると私鉄がストップ。
これも強風の為なのだが、ひとつ先の駅からは動いていると言われ、
徒歩で移動(15分程度)して、何とか間に合った。
それでも久し振りの青空で、午後はコートを脱ぐほど暖かくなった。

■10月22日(日)

今日は各地で警報があった為、落ち着かない一日だった。
それでも投票所は、人が集まっていたので、それなりの結果が出るのだろう。

先週は、検査を終えたことを幸いに、鰺・秋刀魚・鰯・鯖と食べてきた。
安くて美味しい魚を自宅で食べる時、この国もまんざらではないと思う。
鰯の生姜煮なんて珍しくはないが、イギリスやドイツにはないだろうし・・・
もちろん作る事は出来るだろうが、わざわざ他国でする事でもあるまい。
「魚の美味しい日本を守る!」そういう政党があれば、もちろん投票しますよ。

■10月21日(土)

寒くなった。
今年の冬まで使っていた電気ストーブは壊れたので、
以前使っていた小型のガスファンヒーターを引っ張り出した。
さて、設置して見ようと思ったが、ガスの差し口が合わないのだ。
元の部分がカセット式のソケットに対応していなかったのである。
つまり元栓が、ガスコンロ用のホースをグリグリと入れる形で、
これだとヒーターのホースがつなげないのである。
ちなみにヒーター用のホースは、頑丈でガスコードというそうだ。

なんだ、駄目じゃないか・・・どうやって寒さをしのごうか・・・
と、困ったのだが、一応ガス会社に電話を掛けてみた。
状況を説明すると、専用プラグを付ければ使えるとの事であった。
売っているところを聞くと、近くのサービスセンターを教えてくれたのだが、
住所を聞いたら、何と目と鼻の先の商店街ではないか。
普段は電気屋だと思っていた店が、東京ガスのショールームだったのだ。

さっそく雨の中、店まで行ってみると、専用プラグは500円程度であった。
これを元栓につける事で、ガスコードのカセットが取り付けられたのである。
普段こういう事は大概挫折するものだが、今回はウマクイッタといえるだろう。

■10月20日(金)

先週、料理が苦手な人の事に触れた。
そういう書き出しで書かれている物にも注意が必要という事。
では、本当に本当に本当に苦手な人の為に「秘策」を伝授しよう。
秘策というほどではない、「インスタント食品」をどんどん使う事だ。

自分も一人暮らしを始めた頃には、ある程度の自炊は自然に出来た。
どうしてかというと、中学生の頃からインスタントラーメンを作っていたからで、
その頃はカップラーメンではなく、鍋で作る為に、煮ることには慣れていたのである。
その内に野菜を入れたり、ゆで玉子やハムを乗せたりする工夫もする。
同じように、ホットケーキやプリンなど、箱入りの物を作る事を覚える。
たまには茹ですぎたり、焼きすぎたりする事もあるが、食えないほどにはならない。

そこで・・・釜飯の素、五目寿司、麻婆豆腐、御飯を詰めるだけの稲荷寿司・・・
箱書きの通りに作って、そこそこ出来れば、だんだん自信が付いてくる。
レトルトだって、冷凍だって、どんどん使えば良い。
スパゲッティを茹でて、袋入りのミートソースを掛ける・・・立派なものだ。
冷凍ピザをトースターで焼く・・・どこにでも出せる豪華な一品である。
牛乳をまぜるだけのコーンポタージュ・・・実に良く出来ている。
生ラーメンには瓶詰めのメンマを乗せてみる・・・これだって大躍進だ。
茄子を炒めてソースを掛ければ麻婆茄子・・・泣けて来るではないか。
固形ルーでカレーが作れれば、同様にハヤシライスやビーフシチューも・・・スゴイ!

炒飯・ピラフ・チキンライス・ハンバーグなどは、調味料があっても難しい部類である。
まずは解凍するだけの物を使って、野菜やチーズを添える事から始めた方が良い。
そういうアレンジが実に大切で、何のことはないレストランでもやっている事なのだ。

簡単そうに書いてあるレシピは、案外と経験が必要な事が多いものだ。
インスタント食品をどんどん使って、とにかく料理に慣れることをお薦めする。
インスタントは物足りない・・・等と言う人は「料理下手」を名乗る資格はありませんな。

■10月19日(木)

煮魚の 汁にからんだ 針生姜 切り身に添える 秋雨の夜

焼き魚 まずまずとなる 出来具合 小骨を除ける 腸の味

小魚の 素揚げも美味し 塩胡椒 並ばぬ先に 味見三昧

■10月18日(水)

セーターの 袖もいつしか伸びにけり 腕の長さは 変わらじと思ふ

靴下の 穴に覗きしわが指の 爪の長さも 愛おしくあれ

靴底の 避けて染み込む雨水は 誰恨むとも 無くて久しき 

■10月17日(火)

今日は健康診断があったので、これで晩酌も出来るようになる。
もっとも医者は、週に二日は抜いて下さい、と言っていたが・・・

診断もバリウムを飲まなければどうという事はないのだが、
あいつばかりは腹に溜めておくわけにはいかないので、
ガボガボと水を飲むことになり、その日はあんまり酒も進まない。

ぼちぼち秋刀魚でも焼いて、呑めれば何より。
塩焼き等は、清酒より焼酎の方が合うのかも知れない。
焼き鳥、モツ焼き、おでんの類もそうである。
最近は冷酒がほとんどなので、奈良漬けの味噌でも嘗めて呑りますよ。

■10月16日(月)

今日はお寒うござんした。
こういう時ゃ、少し多めに着ておいた方がようござんすよ。
お風邪など召されては、つまらねぇ。
冷たい雨も眺めている分は、悪くねぇもんでございやすが、
出掛けるとなるとどうも・・・
靴に水が染みて、足が濡れるなんてのは嫌なもんでござんす。
安く買った靴ってやつぁ、いつのまにか漏れてきやすからな、へへ。

調度衣替えをしたばかりの頃でございやしょう。
あんまりいっぺんに取り替える事もねぇんですがね、
ついついそん時のいきおいで仕舞い込んじまいやすからな。
え? はなから仕舞わねぇから、夏冬おんなじだ?
そいつぁまた安直で結構な事でござんす。
この先まだ、一日二日暑くなる日もございましょうから、
そんときゃまたお身体労ってやっておくんなせぇやし。
はい、ごめんなすって・・・・・

■10月15日(日)

雨の日曜日というのは、乙なものなのかどうか。
恋人と差し向かいで、四畳半にでも入ればそうだろうが・・

明るくならないから、緩みも出て朝寝坊する。
新聞を読んで茶漬けを食べ、将棋番組でも見るともう昼だ。
出掛けるのも億劫だし、何かに手を付けるのも面倒で、
何にもしないうちに、夕方になっていたりする。
阪神と横浜の試合でも見ようと思ったが、雨の為放送時間が切れていた。
TVに映ったグラウンドはビショビショで、お客さんは合羽を着ていた。
それでも試合は成立したそうで、さすがプロですね。

日暮れになれば次の日(平日)が迫ってくるので、普段と同じ。
何もしないから休みなのだろう。
雨にはわるいが、天気のためという事で御勘弁。

■10月14日(土)

時節柄、話題としては選挙の事になるのだが、
あまり政治のことに触れるのも如何なものかと思う。

ただ、有権者の立場から言わせて貰えば、
少なくとも自分は過去に誰に投票したかを覚えているし、
その判断が間違いだったと思えば、それなりに反省をしている。

ところが肝心の立候補者が、自らの言行不一致に反省する気配すらない。
それくらいの性格でなければ政治家は務まらないかもしれないが、
何かを倒すことが目的ならば、それは競技と同じである。

異を唱える勢力を増やす、というのであれば解るが、打倒とか交代となると、
そうなった場合は、誰が何をどうするのか、そこに現実味がないとどうにもならない。
スポーツならば宿敵を倒せば、表彰台が待っているが、政治は「それから」でしょう。
「これさえ飲めば何でも治る」みたいなものは、精力剤ぐらいにしておいた方が良い。

どのみち人間がやる事だから、駆け引きがあるのは当たり前だ。
その程度のものなのかもしれない、その程度のものであるならば、だ。
自分を正義漢に仕立てて、批判ばかりする人は、どうしても好きになれない。
それがやりたければ政治家ではなく、野次馬(マスコミ)になった方が良い。

フランスという国は、政治家の不倫や疑惑には、比較的寛容であるという。
そんな事を問題視するより、大事な仕事をきちんとやってくれるか、を見るらしい。
そもそも人間はそんなに清潔な生き物ではない・・・とわかっていれば大したものだ。

■10月13日(金)

よく「料理が苦手な人のためのレシピ」というような本やサイトがある。
「これなら簡単に出来る」とか「料理嫌いのあなたに」など、そういう類のものだ。
おそらく専門家がそれになりに工夫して書いていて、役立つこともあるのだろう。
しかし思うのだが、どんなものでも「簡単に出来る」というわけでは無いし、
そもそも何で料理が苦手なのに料理をしたがるのか、と思ってしまう。
買ってくるだけでも、食べに行くだけでも、美味しいものはたくさんある。

自分は仕事柄「どうしたら絵がうまくなれるのですか」みたいな質問を頂く事がある。
こういう人は必ず「自分は絵が下手・美術は苦手」と自分で言うのである。
そこで私が必ず言うことは「本当に美術が苦手なら、上手いか下手かもわかりません」
つまり自分で自分が下手だとわかるという事は、ある程度の見識があるという事だ。

そもそも自分が料理を苦手だとわかるなら、「これはマズイ」と判断出来ているわけで、
これまた、そんなに悲観するほどのものでは無い、という事である。
かえって「簡単に作ろう」などと変わった作り方を覚えると、余計に失敗するかもしれない。
絵は目で描くものであるのと同じに、料理を作るのは舌である。
「こういう味にしたい」というゴールがないと、どのみち上手くはいかないだろう。

恋人に作ってあげたが、うまくいかない・・・などの類は、
経験と知識が浅いだけで、下手とか苦手というものではありませんな。

■10月12日(木)

来週は健康診断があるので、今日からは何事も控えめモード。
検査の前に節制しても仕方が無いという人はいるが、
かといって不摂生が良いというわけでもなかろう。
誰だって給料日前は無駄遣いはさけるのと一緒・・・かなぁ?
とにかく下手に引っかかって再検査などになると面倒なのである。

控えめというのはお酒のことであるが、乗り切れるかどうか・・・
終わった後の解禁を楽しみに・・・という事である。

■10月11日(水)

昨日の円盤月例会の模様はこちらを御覧下さい。
新趣向と書いた意味がお分かり頂けるかと思います。

■10月10日(火)

本日は円盤月例会がありました。
お忙しい中をお集まり頂き、誠に有り難うございます。
日中は夏日のように、ずいぶんと暑くなりましたが、
しばらくは気温が変わりやすいようなので、お気を付け下さい。

■10月9日(月)

昨日今日と秋晴れが続き、まさに体育日和という事でしょう。
この晴天を幸い、連日セーターを洗いました。
良い物は洗濯屋に出しますが、大概は古着ですので自分でやります。
タライにお湯を張り、洗剤を入れて漬けておく。
タライが無ければ、台所の流しに蓋をしてやればよろしい。
漬けておくだけで結構汚れは取れるもの、軽く押し洗い、後は流すだけ。
ねじって縛ったりしてはいけませんぞ。

ここからは色々あるでしょうが、私は洗濯機で脱水だけ掛けます。
水切れが悪いまま下手に干すと、かえってノビてしまうのです。
脱水してあれば、数時間で乾きますよ。
つまり、天気さえ良ければ、たいした作業ではないのです。
この先の季節、また御世話になるわけですな(ハヤイモノデ・・・)。

明日10日は円盤で月例会があります。
御時間がございましたら、お立ち寄り下されば幸いです。

■10月8日(日)

休みの日の楽しみは、録画してある時代劇を観る事。
年代的には昭和期の物で、自分が小中学生の頃の作品。
夕食の後や学校帰りの再放送などで流れていたものである。
今観てもそれほど古くさい感じはしないのだが、
内容よりも脇役の俳優を観るのが楽しみなのだ。

内田朝雄、金田龍之介、小池朝雄、石山健二郎あたりが
親分級の悪役で出てくると嬉しくなってくる。
蟹江敬三、八名信夫、織本順吉は配下にいても油断が成らず、
田中浩、石山雄大、江幡高志、長谷川明男などが加わってくる、
成田三樹夫、岸田森、地井武男は単独行動の殺し屋である。
浜田寅彦、遠藤太津郎、細川俊夫、室田日出男、商人や同心のワル。
高松英男、中村竹弥、田島義文、高品格も手下を連れてやってくる。
小林昭二、山田吾一、殿山泰二は善人なのに悪の道から抜けられない。
時々大物ゲストがあり、志村喬、三国廉太郎、木村功、伊藤雄之助も出てくる。
さらに古今亭志ん朝やハナ肇、有島一郎、茶側一郎も呼ばれている。

そんな顔ぶれを眺めているのが、ひとときの娯楽というわけです。

■10月7日(土)

今日は伴瀬氏と今後のライブの打ち合わせ有り。
古い音源を参考に、譜面や楽器を使い、演奏曲を検討。
特に12月のマンダラ2での、CD収録曲以外の曲を決め、
アレンジの方向を話し合いました。
夕刻からは寿司屋での密談と洒落込みました。
寿司をつまみながら、アイディアが出てきたようなので、御期待下さい。
まずは今月の29日のトリオ演奏からです。
また10日の円盤では上野は新趣向を考えています。

■10月6日(金)

今では頭の回転もすこぶる鈍くなり(元々鋭くない)、
一度解いた詰め将棋なども、もう一度見ると
さっぱりわからケニヤのマラソンランナーになっている。
それも10分で三級と書いてある五手詰めとかなのだ。
(もっとも三手や五手にも難しい問題はある)

一杯やりながらだと、一時間以上も考えている事がある。
つまり。こういう時は、筋が見えなくなっているわけである。
だから同じ所を堂々巡りをしているのだが、
そこまで考えると意地でも答えは見たくないから、
結局かなりの時間を割く事になる。
それでも、今日は十一手詰めを一問解いた。
十分で二段とあるが、その数倍の時間は要しましたな・・・

詰め将棋 答えを知れば あぁそうか・・・サテコソ サテコソ

■10月5日(木)

この季節、部屋着は浴衣にしている事が多い。
ホテルに置いてあるような、お気軽物を何着か持っている。
そうして大体は丹前帯か腰紐を巻いているだけだ。

着物の角帯を締める時は、前で結んで後ろに回す。
そうしている人も多いだろうが、本当は後ろ手で締めるものだ。
ところが、これが中々難しいのですな・・・
前で結んで回すと、どうしても形が悪くなる。

先日の歌舞伎でも、仁左衛門が舞台で角帯を締める場面があり、
台詞を言いながら、するすると後ろ手で貝の口に締めてみせた。
歌舞伎俳優にとっては何でもない事なのだろうが、
演技をしながらなので、役によって締め方も変わるのだろう。
人前で帯を締めるくらいだから、あんまり身分の高い役ではない。
他の俳優でもそういう場面を観たのは、現右團次がいる。

■10月4日(水)

夕刻、伴瀬氏を誘い吉祥寺マンダラ2へ。
関島岳郎オーケストラ、創業30周年、13人編成の豪華版。
ライブハウスへの挨拶(12月14日の件)もあったのだが、
出演者には知り合いも多く、会場にも顔見知りがあった。
この周辺は同世代が多いので、やはり気が和むものがあります。
演奏は素晴らしく、やはり実力者が揃っているのはさすがです。
伴瀬氏の世代はもうひとまわり若くなりますが、14日に向けて対策を・・・

■10月3日(火)

今日はオフだったので、国立劇場の歌舞伎公演へ。
鶴屋南北の狂言なのだが、これがなかなか面白い。
何せ、敵討ちではなく、返り討ちが見所なのだから・・・
初日に行く事はほとんど無いのだが、早いところ夏休を取らないと
期限切れになってしまうので、それを使って久々の初日観賞。
子湯 松島屋は立ち姿が美しく、それを観るだけでも価値がある。
加えて、大胆なアクションも魅せてくれます。

■10月2日(月)

立川談志がよく「国会というのは政治家の為にあるんです」と言っていた。
これは「病院は医者の為にあり、学校は先生の為にある」と続くのだが・・・
政治家にも「面従腹背」を信条にしている役人を持ち上げるのがいるくらいだから、
「朝令暮改」など何とも思わないのだろう。
いや「改めた」というのならまだしも、何の申し開きもないまま通してしまう。
あるいは、狡猾な言い訳をまことしやかに説くだけである。
それはそうだろう、議員を続ける事が「目的」なんだから・・・

■10月1日(日)

上京仕立ての頃、洋食屋でアルバイトをしていた。
自分の持つ調理の基本は、そこの厨房で体得した事である。

その店の料理長が、よく言っていた事。
「ベシャメルに醤油を入れろ、何て言うんだぜ」
もちろん「びっくりしたぜ」という意味なのだが、
これは上役だったシェフの考案であったそうだ。

ベシャメルソースとはホワイトソースの事なので、
普通に考えれば、醤油など入れるものでは無い。
が、それを考案したシェフは料理研究家であったそうだ。
要するに本気(マジ)なのである。
こんな事を未だに忘れていないのだが、試した事はない。
そもそも牛乳と醤油の相性はどうなのであろう。

そこで昨日の蕪の話しに繋がるのだが、
クリーム煮を和風にするのは悪くない展開だと思う。
これにはいくつか工夫があって、里芋や長葱を使うなど
和の素材を取り入れていけば良い事である、
椎茸や銀杏、蒲鉾や豆腐、油揚なども使えるであろう。
仕上げに分葱や青海苔を散らす事も出来る。

しかし、醤油となると如何なものでしょうか・・・
何らかのやり方があるのかもしれない。
やは覚えている以上は、試してみろという事か。
あなかしこ・・・