UENO SHIGETO NEWS DIARY
上野茂都(美術・音曲)の活動に関する情報サイトです

■9月23日(金)

明日23日は所沢航空公園での音楽祭に出演します。
加えて年内の主なライブ予定も掲載しましたので御覧下さい、
「空飛ぶ音楽祭2017」は色々と盛りだくさんの内容ですので、
詳しくはイベントホームページを御覧下さい。
複数の会場で同時に演奏が行われ、好きな会場を聴いて歩くイベントです。
会場が航空公園(日本で最初の飛行場)なので「空飛ぶ」なのでしょう。
かなり広い公園だと思いますが、駅からはすぐです。
色々と観るところや遊ぶところもあるようです。

上野は当日の午後、柳家小春嬢と和室のある会場で演奏します。
古典端唄と創作俗曲の掛け合いになると思いますが、飛行機にちなんだ唄も探してみました。
タイムスケジュール(出演者)はこちらです。
お目当ての出演者がございましたらお遊び頂ければ幸いです。

■9月22日(金)

明後日24日は所沢航空公園での音楽祭に出演します。
音楽祭は明日23日から開催されます。
色々と盛りだくさんの内容ですので、詳しくはイベントホームページを御覧下さい。
複数の会場で同時に演奏が行われ、好きな会場を聴いて歩くイベントです。
上野は24日の午後、柳家小春嬢と和室のある会場で演奏します。
タイムスケジュール(出演者)はこちらです。
お目当ての出演者がございましたらお遊び頂ければ幸いです。

■9月21日(木)

今日は西洋美術館のアルチンボルド展を拝観。
テンペラ画だと思っていたが、キャンバス地が多かった。
それでも板に描いた作品も多い・・・よく反らないものだ。
物騒な時代もあったであろうに、西洋中世絵画は保存状態が良いですね。

個人的には「司書」という作品が良かった。
他の作品も秀作ではあるが、あくまでも写実をベースにした寄せ絵である。
ところがこの作品は、まるで写実性が無く、16世紀の絵画であるのに、
一目観るところ、シュールリアリスムの作品のようだ。
もちろん自然物では無い物のコラージュで偶然そうなったのだろうが、
キリコやマグリットの隣に並んでいても違和感を感じない。
この作品に観る中世における近代性を語らないとしたら嘘だろう。

そういえば美術館蔵の作品は立派な額装なのだが、
個人蔵の作品は簡易的な額であった。
個人で所蔵している人が居るというのが凄い・・・

■9月20日(水)

少し前に政治家の不倫騒ぎがあったが、
もともと自分ではこの「不倫」という言い方が好きではない。
何度か書いているが、聖書の中にある
「この者を打つ資格のあるものだけ打つがよい」という場面。
そう言われては誰一人打つ者はいなかった・・・というお話し。
自分を潔白だと声高に言える人だけ「不倫」という言葉を使えば良い。

芝居を観ていると、「不倫」ではなく「不義」というのが通例だった。
つまり「お家の事情」があるから「不義」なのである。
それとて武家社会から来ているわけで、 源氏物語の時代に「不義」も「不倫」もあるものか。

聖書では、「そのような目付きで見ただけ」でも姦淫と同じだというのだ。
それならば世の中の大半の人は色情家である。
一線を越えたとか越えないの問題では無いのですよ、実は・・・

しかし・・・そんな事で騒いでいられるうちは、ヨカッタヨカッタなのだろう。

■9月19日(火)

土・日・月(祝)と出勤だった為、今日は代休。
あらかじめ芝居の券を買って置いたのだが、
昨日の朝から調子が悪く、職場でも薬を飲んだりしていた。
おそらく疲れが出たのだろう。
公演は夜の部だったので、いくらか身体も持って、
普通に観劇する事が出来た。

志ん生のマクラに出てくる
「清玄というお坊さんは、御姫に会いたい、おしめに会いたい・・・」
その清玄と桜姫の芝居です。

■9月18日(月)

敬老の日である・・・
祝日を第何曜日に変えてから、どの祝日も意識が薄くなった。
単なる休日という感覚になってしまったような気がする。
敬うというからには、いたわる日では無いのだろう。
そういえば、以前は祖父や父親の事は、必ず身内が自慢をしたものだ。
お祖父さんは建築王と云われ、千葉大を作った人だ。(本当の話)
お父さんは子供の頃、いつも級長で勉強が良く出来た。(これも本当)等々。
やはり子供や孫の前では、年配者を誉めた方が良い。
子供はどこかでそれを受け止めているものだ。

■9月17日(日)

世事混沌トシテ心底定マラズ

そんな時でも何かしらの詩情を歌にする・・・
それも自分の仕事であるとすれば・・・

まさに温故知新、古き瓢に新しき酒・・・である。
時代時代によってそれぞれの末世が現れる。
花は枯れても月は照り星は降る。

そうか、そういう事か
相期遙雲漢(雲漢とは天の川の事である)
此の世が駄目なら、宇宙の果てで酌み交わそう・・・
月下独酌、そういう詩であるらしい。

■9月16日(土)

鯖の水煮缶を買ってくる。
深さのあるある皿に身を並べて、缶汁を少し掛ける。
小葱(ワケギ・万能など)を細かく切って散らす。
その上に白胡麻を振り掛ける。
小皿に酢醤油を張り、おろしにんにくを添える。
鯖をそのタレに付けながら食べるだけ。
冷酒に合う事 此の上無し、しかも安価である。
先ほどまでそれで飲っていた・・・

■9月15日(金)

散読より

心は「ころころ」の約と言われている通り・・・
(本当かしら、と思うが歌詞になりそうだ)
心はころり またころり・・・とか

これは通釈の解説なのだが、
原文は、人情反復 世路崎嶇 ・・・と続く。
人心は移ろいやすく、世間の路は行き難しという事です。
思い当たる人は
ニンジョウハンプク セイロキクタリ  とつぶやけば良いでしょう。

「菜根譚講話(昭和二十七年 東京書院)」

■9月14日(木)

古本屋や古本市に立ち寄っていると、
同じ本でも店によってはかなり値段が違っている事が多い。
ある店では二百円程度のものでも、店によっては何千円もする時が有る。
その辺りが店の特色という事なのだろうが、雑然とした店の方が値が安いようだ。
その雑踏の中からお宝を探す、だから掘り出し物なのだ。
お買い物というより、釣りをしているような感覚がある。
自分は収集家ではないので、やはり読むことを前提に買っている。
なかなか時間が取れずに困っているが、散読はするように心がけている。

■9月13日(水)

昨晩の月例会の模様はこちらを御覧下さい。
所沢航空公園での演奏はタイムテーブルを記載しました。

■9月12日(火)

今日は高円寺円盤で月例会でした。
早めに仕事を切り上げるつもりでしたが、
色々と入ってしまい、ぎりぎりになってしまいました。
お忙しい中御来場誠を賜り、有り難うございます。

■9月11日(月)

明日は高円寺円盤での月例会です。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

昨日の将棋雑誌の付録の話しの続き。
表紙のカットに「まづら」というサインがある。
ひょっとしたらと思い、良く見たらやはり交楽龍弾だった。
昭和四十年代に活躍したモヒカン刈りの前衛画家で。
何故我々の世代が知っているかというと
子供時代に不思議なコマーシャルに出ていて
サイケな踊りを披露していたからである。
実は私が御世話になった油絵画家のアドバイスにより
モヒカン刈りにしたという話しもある。
公募展関係の面識もあったようなので、有り得ない話しではない。

■9月10日(日)

先日古本市で古い将棋雑誌の付録を何冊か買った。
大体が昭和四十年代のもので、懐かしい名前が並んでいる。
安いせいもあるが、懐かしい名前が並んでいると、ついつい買ってしまう。
付録は一冊二百円程度で売られていて(その程度の散財)、
発売当時は本誌を含めて、昭和四十七年で二百五十円とある。
昭和五十三年で四百五十円(将棋世界)である。
昭和六十年で五百三十円、現在は八百円である。
ちなみに昭和二十四年(そんな物も持っている)は四十円だ。

明後日(9月12日)は高円寺円盤での月例会です。
お忙しい中お立ち寄り下されば幸いです。

■9月9日(土)

遅くなりましたが、先日のアゲイン余一会の記事を更新しました。
料理のコーナーもあるので御笑覧下さい。

■9月8日(金)

勤務後に鷹の台のカレー屋で会合があったのだが、
最近は小さな町でも大概インドカレーの店がある。
詳しくみればネパールだったりスリランカだったり
するのだろうが、珍しいという感じでは無くなった。
ただ、インドの人が中で食べているのは見たことがない。
別に外食する必要もないのだろうが・・・

■9月7日(木)

昨日今日と勤務後に所沢の古本市へ・・・
あまり買い込むのはどうかと思っているものの
何だかんだで結局買ってしまうものだ。
やはり今買わないと何時巡り会うやら、の類だからである。
四〜五千円の範囲だが、まとめて買わなければ
いつのまにか使っている額だろう・・・と思う事にしている。
ただし重たい本(実際の重量)は、遠慮気味になっている。
持ち歩けないので、どうしても置いたままになってしまう。
本棚にいるだけで、半ば役目を果たしている本もあるのだが・・・

■9月6日(水)

昨日は歌舞伎を観た後、銀座のカレー屋に行ったのだが、
長年営業していた老舗が閉店した後、若い人達が再開した店だ。
先代の店は、よくぞこのような木造の店が銀座に残っている・・・
というような雰囲気の店だったが、随分と通ったものである。
カレーは独特で他に無い味だが、雑誌等ではよく取り上げられていた。
再開された店は、同じようなメニューでビルの地下で営業している。
今回はじめて入ってみたわけだが、確かに同じ調理方で作っている。
ただし全く同じ味かというと、こればかりはそうは行かないものですね。
オリジナルはもっとドロドロしていました。今の方が上品です。
しかし・・・それはそれで良いのではないか・・・と思うのである。
何にせよそのカレーを引き継ごうとした心意気には感心させられます。
違うといっても、以前を知っている人だけがわかる、わずかなものですよ。

■9月5日(火)

今日は非番だったので、歌舞伎座の秀山祭へ行って参りました。
観劇は昼の部で、演題は全て観た事がある芝居でしたが、
忘れている場面もあり、のんびりと眺めているひとときでした。
自分にとっての歌舞伎は、そこにある空気を吸いに行くようなもので、
役者の台詞を聞きながら、三味線の音が鳴っていれば良いのです。
それから衣装や舞台の色ですね、そういう空間を共有しているわけです。
そのような接し方なので。細かい筋書きや配役は忘れてしまいます・・・
とはいうものの・・・

毛谷村は以前、吉右衛門で観ています。
いかにも人形から来たユーモラスな所作もある芝居ですが、
段物なので、登場人物の設定が解りにくい所がありますね。
主人公が好人物なので人気があるのでしょう。
忠臣蔵の八段目は舞踊ですが、竹本の手が面白い曲です。
これは国立劇場の通しで観ていますが、今回の方が派手でした。
幡随長兵衛も吉右衛門で観るのは二度目です。
これは筋がシンプルなので、台詞を楽しんでいれば良い。
「芝居の喧嘩」は講談でも有名で、先代の山陽先生が上手かった。
劇中劇の「公平法問諍」もかなり面白く、その後の展開が気になりますね。

■9月4日(月)

先日、船橋西武の閉店の記事を見た。
高校の頃、船橋の美術研究所に通っていて、
よく利用していただけに、やはり淋しい気はする。
もともとそれほど柄の良い町ではないところに
都会の香りを感じさせるデパートがやってきて、
見事に駅周辺の「顔」となっていたのだ。
美術館も付いていたはずである。

そいうえばこの夏、武蔵小金井の西友もやめてしまった。
ここは最近まで住んでいた町なので、残念な気がする。
というのは、やはり昭和の臭いが残っていたからだろう。
店自体は既に活気を失いつつあったが、気楽さはあった。
というのは、同じ町のイトーヨーカドーの食品売り場などは、
店内が広すぎて、食パンひとつやビール一缶を求めるには、
大仰で使いづらい面があるのである。

十字屋というデパートも無くなるそうだが、
これは少年時代に千葉にも一軒あった。
千葉といえば三越も三月に閉店している。

なんであれ時の移り変わりであるからイタシカタナイ・・・

■9月3日(日)

昨日原宿で購入した朱塗りの膳だが、
よく時代劇などでお銚子と小鉢が乗せてあるやつだ。
座敷の中で鬼平が酒を呑んでいたりするやつ。
これが古道具でひとつ2980円の値段が付いていた。
そいつが塗りが禿げてきたり、ヒビが入ってしまったりして
1500円に値引きされていたのだ。

そこでひとつ買ってみようと思ってよくみると
何と1500円ではなく、150円と書いてあったのだ。
何かの間違いかと思い、店員に確認したところ、
かなり痛みが出てきたので、その値段で良いのだという。

元より古道具だし、タダのような値段なので、
比較的状態が良い物を選び、三点購入したのだ。
確かに痛んでいるが、展示の小道具としても使えるのである。
そんなわけで、450円で買った三個の朱塗りの膳をぶらさげて
青山通りを歩いたわけである。

実はここと同じ店で30年以上前に黒塗りの膳を買っている。
それは今でも使っているが、変わらない所は変わらないものだ。

■9月2日(土)

午前中、予約してあった観劇の券を受け取る。
掛かり付けの内科へ行き、薬を出して貰う。
その後、行きつけの寿司屋で昼食。
乃木坂へ出て、GIACOMETTI展を拝観、その足で表参道へ。
ESPACE LOUIS VUITTONにて、DAN FLAVUN展を観る。
ORIENTAL BAZAARにて、塗り膳を安価で購入。
ビリケンギャラリーにてマスターと歓談。
渋谷まで歩き、ウエマツで色紙を買う。

■9月1日(金)

なかなかに 忙しい日で ありました

■8月31日(木)

今日は武蔵小山アゲインで余一会がありました。
今にも降り出しそうな天気でしたが、降られずにすみました。
途中私鉄が止まっていた為、バスを使って会場へ行きました。
その為に懐かしい風景を見ることが出来ました。
それほど変わってはいませんでしたが、道幅が広がっていたり、
閉店した店などもちらほらと目につきましたね・・・
演奏会の内容は後日掲載致します。
御来場誠に有り難うございます。

■8月30日(水)

今日は激しい雨があり、近隣の川も流れが増しています。
明日も不安定な空模様だそうですが、武蔵小山アゲインで会があります。
夏のお名残に、何か一品お作りしてお待ち申しております。

この時期。桃が美味しいのでよく食べている。
ひとつ三百円くらいの物なら、間違いないだろう。
むき方も自分なりに工夫している。
結構難しいので、むいた桃を人にあげると大概喜ばれる。

それにしても・・・「もも」は何故「もも」なのかと考える。
漢語ではトウらしい、漢字でもそう読んでいる。
「もも」という字の形が何となく桃のようでもある。
確かに桃の実は二つに割れそうな形をしている。
「も」は「毛」の変形したものだろう。
そういえば果実にも産毛のような肌触りがある。
それ以上の事はわからないが、何ともよく言い表された名前だ。

■8月29日(火)

調度今、秋の虫が鳴いているのが網戸越に聞こえている。
こういう時は「すだく」という言葉をよく使う。
字で書けば「集く」で、鳴かずとも、集まるという意味もある。
虫に限ったわけでは無いのだろうが、人間にはあまり使われないようだ。
国会議事堂前で集く民衆が・・・とはイワナイですね。
みんなで集こうじゃねぇか・・・イワナイ。
たまには集きたいものよ・・・イワナイ。
何にせよ虫さん達はそんなに大きな身体ではないのだから、
この音量はたいしたものである。

■8月28日(月)

昨晩、能の「実盛」が放映されていた。
源平の合戦なので、平実盛なのかと思っていたら、
齋藤実盛だったのですね。

合戦の際に鬢髪を黒く染めて奮戦したという話し。
実際に討ち死にした時は七十三歳というから、
本当は総白髪であったという。
髪を染めるというと「ベニスに死す」を思い出しますな。

それにしてもこの年齢、当時としては相当なもので、
だからこそ悲壮感が生まれるわけだが、
高齢化に向けても思うところがある演題である。

ただトランプ大統領より少し上・・・といってしまうと
あんまり哀れみが沸いてこない。元気な人はいるものだ・・・
もっとも最近はお疲れの様子・・・

■8月27日(日)

午後、TVで松鯉先生の「雁風呂」を放映。
これは「黄門記」の抜き読みで、連続物も聴いた事がある。
いわゆる「漫遊記」とは別の、実録風の読み物である。
その頃本牧亭はもはや無く、湯島や新宿で会をされていた。

それはさておき・・・
調度その裏番組で師匠である山陽先生(先代)の映像が、
懐かしの番組という事で放映されていたのに驚いた。
つまり同時刻に師弟がTVで共演していたのである。
山陽先生は落語の定席にも出演されていたので、
怪談話や武芸物をよく聴かせて貰った。
極めつけは「天一坊」で、これも連続物の会での企画。
この先生、将棋界の旦那でも有り(確か本人も五段の腕前)、
実家の書店(大阪屋)でも将棋の本を多く出している。

松鯉先生の前の名前は小山陽である。
この襲名披露の会、私は見ているのだが、
神田一門の他に、談志師匠がゲストで出演されていた。
懐かしついでに演目を紹介しておこう。

陽子「山内一豊の妻」 伯龍「鋳掛松」 山陽「笹野名槍伝」
談志「鮫講釈」 小山陽改め松鯉「勧進帳」・・・以上デス。

■8月26日(土)

先日NHK出版から印税の書類が送付されたが、
色々と明細は書いてあるものの、支払いは0円である。
支払いが無いのならわざわざ送ってくれなくても良いのに、
と思うが、それだけ管理が行き届いているのだろう。
緑の封筒でくるので「緑の封筒」という歌が作れそうだ。

なにかまた仕事がこないものかのう・・・

■8月25日(金)

三日ほど実家に帰省していた。
この夏は二度目だが、いつも夕飯を作る事になる。
今回はシャリアピンステーキを焼いた。
年寄りは年寄り向きの料理が好きとは限らない。
案外とバタ臭い物も食べたいと思っていたりする。

牛肉を玉葱に漬けてから焼くのだが、
肉が軟らかくなるので、食べやすいと思う。
ステーキはもちろん一口大に切って皿に盛る。
肉を漬けた玉葱はバターで炒めて肉の上に盛りつける。
これがソースのようなものになるわけですね。
売れ行きも上々でありました。

■8月24日(木)

暑さがぶりかえしてきたようだが、
暑さの質も色々とあるようで、
何というかネバネバするような暑さともいえる。
それでも窓の外では秋の虫が鳴いている。
もっともこちらは耳鳴りのせいで、
どこまでが虫でどこまでが耳鳴りやら、ヨクワカラン。

■8月23日(水)

新橋演舞場でミュージカル「にんじん」を観劇。
主役の大竹しのぶ氏は、実際の年齢などまったく感じさせず、
演じると「子供」になってしまう・・・さすがに上手い。

それは良いのだが、台本としては、少々重すぎではなかろうか。
舞台の演出も照明も、終始暗いのである。
原作を読んだのは遙かに昔だが、もっと牧歌的であって、
フランスの田舎の日向臭さがたちこめていたように思う。

■8月22日(火)

夏の名残なのか、昨日から暑くなった。
冷房の無い部屋で仕事をしていると、頭がぼんやりしてくる。
適当に間を入れれば良いのだが、ついつい続けてしまう。
ブランデーでも舐めながら、やりたいところだが・・・
最近は休暇明けの人が多いせいか、机の上に御菓子が置いてある。
不在にしていると誰からなのかはわからないが、
甘い物が集まってくるのは有り難い事だ。
「白い恋人」的な菓子は、こういう状況で売れていったのだろう。
「オフィスでどうぞ」という発想ですな。

■8月21日(月)

なかなかに なかはなかなか なかのなか
なかのなかなる なかもなかなか

なか=中でも仲でも良し

■8月20日(日)

今日は午後から、東京ステーションギャラリーで観画。
ゆっくりと絵を観るのは久し振りです。
私は図録というものをあまり買わないので、
その代わり絵葉書を何枚か買うことにしている。
今回もそうしたら絵葉書のおまけにポスターをくれた!
会期が残り少なくなった為だそうですが、コリャアリガタイ。

図録は便利だが、買ってしまうとあまり観なくなるのです。
記憶力も大部落ちているので、印象に残った作品が数点、
心に焼き付いていればそれで充分でしょう。
展示会では本物の側に身を置いて、
同じ空気を吸う事が重要だと思っております。

■8月19日(土)

本日、知人宅の宴席に呼ばれたのだが、
久し振りにバーベキューを味わせて頂いた。
やはり煙を出しながら炭で焼いた肉は美味しい。
油分が下に落ちて、そこから上がる煙も味に加わる。
特に今回は1キロくらいある牛肉を塊で焼いて、
削ぎながら食べたので、屋外ならではの調理。
こんなにまとめて肉を食べたのは珍しき事也。

■8月18日(金)

曇天が続いている。
熱中症などは少なくなったと思うが、
湿度は高いので、爽快な感じとはいかない。
旨い物でも食べて気分を晴らすのが何よりだろう。
何となく夏らしさを感じないと思っていたが、
蚊取り線香を使っていないせいかもしれない。
そいうえばまだ冷やし中華も食べていなかった。

■8月17日(木)

今時は職場でも休暇を取っている人が多く、
こういう時期は通常よりも仕事が薄いものだ・・・
と思っていても、これが中々やる事も無いわけではなく、
こやつらを放っておくと、結局来月から追いまくられる事になる。
そんなわけで今日は一日PCと対峙、あなかしこあなかしこ・・・

■8月16日(水)

休暇中には本の一冊でも・・・と思っていたが、
案外思うようにはいかず、眠気眠気の毎日でありました。
それでも幸田露伴の一遍、独特のくどさは相変わらず。
最近は「読んでは忘れ」「読んでは忘れ」の繰り返し。

一度くらいは売れてみたかった・・・と思うこの頃。

■8月15日(火)

午後に自宅に戻った。
雨とはいえ、やけに涼しい。
溜まった新聞をめくっている。
大概はニュースで見た物であるが・・
自宅では報道番組はあまり見ていない。
ワイドショーなど蕎麦屋で流しているだけ。
映像的にはTVの方が確かであろうが、
編集に演出がみえてしまって嫌なのである。

■8月14日(月)

古いカセットコンロのボンベを捨てたいと言われ、
処分の仕方を聞いたのだが、ガスを抜いてくれという。
使ったものであれば経験があるが、未使用なのである。
穴を開けるのは何やら危険な気がしたが、やるしかないので、
目打ちと金槌で底に穴を開けてみた。
穴は簡単に開き、最初は気体のガスが吹き出してくるのだが、
それからボンベが猛烈な勢いで冷えてくる。
そして缶を逆さにすると液体が出てきて煙が立つ。
つまり液体ガスなのだが、これが結構入っていて臭いもある。
これを一本づつやるのは結構な手間だ。

ひとつ壊してみると、古いボンベも使えるように思える。
特に使用期限が書いているわけではないのだ。
結局、非常用で買ったものなのだから、
無理して処分する事もあるまい、という事に相成った。

■8月13日(日)

実家には兄のCDがかなりの数で置いてある。
主な物は持って行っているのだろうが、
置いてあるだけでも2000枚くらいはあるだろう。
大半はクラシックだが映画音楽、ジャズやロックもある。
面白いのは、若い頃にLPで聴いていた作品が、CDになってやはり買われている事だ。
私は洋物を聴かない少年だったが、兄のLPのジャケットは覚えている。
King Crimson・Roxy Music・Sparksなど・・
中身は知らないので、これを機会に数枚を勝手に聴かせて貰った。

■8月12日(土)

昨日から休暇を利用し帰省している。
その際はビーフシチューを作るのが定番となっている。
毎回のことなので、手慣れている部分もある。
スジ肉を使って柔らかくなるまで弱火で煮るのがコツ。
年寄りとはいえども旨い物は同じだと思う。
口に入る大きさなどを工夫すれば良いのだ。

■8月11日(金)

連休の事もあり、短いながらも夏休み。
本の一冊でも読めればというところ。
夜更かしをしないように気をつけます。

■8月10日(木)

このところ毎日のように帰宅時になると雨が落ちてくる。
これが「やらずの雨」であるなら良いが、仕事場に居座っても仕方が無い。
最近は定時に帰ることが標語のようになっている。
(もっとも残業している人はたくさんいるのだが・・・)
そうして歩いているうちに、暑いしベトベトしてくるし、
ついついスーパーや本屋などに立ち寄ってしまう。
なに、買いたい物があるわけでなく「涼み」に入るわけだ。
それに食品売り場というのは、冷房が強めに効いているものなのだ。
そうして結局何やら買ってしまうのだが、これも売り場の知恵かもしれない。

帰宅時は 涼みがてらの お買い物

これでは、そのまんまなので

生鮮で 涼しさを買う 雨宿り

■8月9日(水)

暑い暑いといいながらも、夏も峠を越えると
何となく物寂しく感じられます。
つまり今が盛りという事でしょう。
何という事もなく・・・
過ぎていくのも悪いことではないと思います。

そろそろ髪を切る頃か・・・
コピーを取りに行って、ついでに買ったかき氷・・・
風鈴を吊るすのを忘れていた・・・
どこかの家で高校野球の金属バットの音・・・
花火の音はすれど、建物の影・・・

・・・そんなところです。


■8月8日(火)

本日は高円寺円盤月例会がありました。
猛暑の折、御来場を賜り誠に有難うございます。
演奏会の模様はこちらからご覧ください。

■8月7日(月)

昨日の今日で、なかなか頭が回りませんが、
これもいつもながらの状況といえば、そういう事でしょう。
台風の影響で、夕刻は「いつ降り出すか」という状況。
退職時間と同時に降り出すという・・・何と間の悪い。
湿度も高く、下着が貼り付くような帰宅となりました。

明日は高円寺円盤月例会があります。
お時間がございましたら、お立ち寄り下されば幸いです。

■8月6日(日)

本日は国立の音楽茶屋奏で三人会がありました。
暑気厳しき折りでしたが、御来場を賜り、誠に有り難うございます。
会の模様は後日掲載致します。

また、明後日は高円寺円盤月例会があります。
お時間がございましたら、お立ち寄り下されば幸いです。

■8月5日(土)

明日は国立の音楽茶屋奏で三人会がございます。
納涼気分で御来場頂けたら幸いに存じます。

■8月4日(金)

季節柄、蝉の脱け殻をよく見かける。
痕跡を残すからには、何かしらの意味があるのかもしれない。

昔住んでいたアパートの夢をよく見る。
もう忘れてしまいたいのだが、何度も何度も見る。
夢であるから、実際のものとはかなり違うのだが、
やはり気が残っているのだろう。
たまには覗きに来い、とアパートが言っているのかも知れない。
見れば切なくなるだけなので、今はその前を通る気はしないのです。
自分の脱け殻がそこにあるからでしょう。

■8月3日(木)

今日は長袖のシャツでいられるような一日・・・
そういえば先日話しにでた秋刀魚の蒲焼き、
ひつまぶしの様に御茶漬けにしても美味しい。
胡麻を振って大葉でも散らせば結構な一品です。

現在も仕事の合間ですが。6日の国立と8日の高円寺、
それが終わるとようやく夏休みが見えてきます。
六月からほとんど休みが無かったので、
その先のことまで頭が回りませんでした。
これから少しづつ、秋に向けての計画を考えるつもりです。

■8月2日(水)

先日のアゲイン余一会の模様を更新しました。
料理のコーナーもありますので、御笑覧下さい。

■8月1日(火)

夏休みと言えば公園などでラジオ体操を行うが、
あれはやはりラジオの放送時間に合わせてするものらしい。
もちろんCDをかけることも出来ようが、合わせるのが本式のようだ。
(そうしないと早起きしないのかもしれない)

ある人が、その集会の担当となり、前に立って体操をする日が回ってきた。
前もって振り付けを覚えてきたのだが、それは第一体操だけであった。
それで終わるのかと思っていたが、突然第二体操が始まってしまった。
困った事に何をやって良いのか皆目分からない。
仕方が無いので、前で体操をしている参加者を見ながら適当に誤魔化した。

どうせなら、何だか解らない「へろへろ踊り」をやって欲しかった。
体操と言うより宴会芸になって、さぞ面白がられたであろう。
おそらく二度と頼まれないだろうが・・・

■7月31日(月)

今日は武蔵小山アゲインで余一会がありました。
演奏会の模様は後日掲載致します。
お暑い中の御来場、誠に有り難うございます。■7月30日(日)

一日曇天で湿気は多いが涼しい日でした。
明日は武蔵小山アゲインで余一会があります。
季節柄、浴衣で出ようかとも思っています。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

■7月29日(土)

本日T美大ニテ提出課題ノ講評ス。
帰宅時ニ雨天トナル。

明後日、アゲイン余一会有リマス。
皆様之御来場ヲ心ヨリ御待チ申シテオリマス。

■7月28日(金)

帰宅時蕎麦屋ニテ知人ト会食。
清酒麦酒数杯、会話弾ム為、蕎麦食ス時間無ク帰宅ス。

■7月27日(木)

最近、土用の日の辺りには
鰻の蒲焼きならぬ秋刀魚の蒲焼きが売られている。
安価で食べられるので、代用品という事だろうが、
これはこれで中々美味しい一品だと思う。
ただし、鰻とは別物と考えた方がむしろ趣がある。
私は小さめに切って豆腐に乗せ、山椒を掛けて頂くのが好み。

■7月26日(水)

帰宅時居酒屋ニテ糠漬ケヲ食ス。
古漬浅漬共ニ盛リ合ワス趣向ニテ面白シ。

■7月25日(火)

帰宅時居酒屋ニテ穴子之白焼キヲ食ス。
想イ出之多キ之日付ニテ感慨有リ。

■7月24日(月)

今日から土曜日までパソコンを使った実習を担当。
主な内容はソフトの操作なのだが、何せ旧式で育った身なので、
新しいバージョンとなると、いくらか戸惑う事になる。
もっとも自分が学生の頃は写植や切り貼りが普通で、
DTPも初期の頃は、ギガバイトなどという容量は無かったのだ。
どのみちレイアウトの基本はアナログと変わらないのですがね。

■7月23日(日)

湿度は高かったが、猛暑ではない一日。
読み残した新聞の記事を拾っていたら、
半日過ぎてしまった。

■7月22日(土)

T美大ニテ石彫実習之講評。
作品は野外設置なので、炎天下を回る事になる。
それでも風があったので、何とか持ったが、
5時間以上も話しをしていたので、咽が痛くなった。

■7月21日(金)

ピーマンを薄めの麺つゆで煮て、冷やしておく。
鰹節をかけて食べても良いし、麺類に乗せても良い。
同様にししとうでも可、夏の常備菜としては便利です。
私は種も取らずに煮てしまいす。
ひやむぎに乗せて食べるのを定番としています。

■7月20日(木)

今日は初めてマクワウリというものを食べた。
店には置いていないので、農家の無人販売で買ったのだ。
味はメロンであるが、もう少し素朴な感じがする。
炎天下の畑で頬張れば、さぞや旨いであろう。

そういえば真夏にあまり西瓜を食べなくなってから
世間に熱中症が増えたような気がする。
水分といい糖分といい、そしてあのでかさ、最高の栄養補給ではないか。
やはり夏には必要な食べ物なのだろう。
ヨクデキタモノダ・・・

■7月19日(水)

この所、いよいよ肩が上がらなくなってきた。
正確に言うと上がらないのではなく、上げると痛いのだ。
蒲団を押し入れにしまう時など、痛みが走って仕方が無い。
右足の脹ら脛は、いつでもつりそうな状態で中々ほぐれない。
時々寝ているときにつってしまうが、これはかなり痛いものです。

■7月18日(火)

夜這星という言葉がある。
夜這いをする星とはどういう事であろうか。
興味がある方はお調べ下さい。

もっとも「夜這ひ」というのはどうやら当て字で、
「呼ばひ」つまり、求婚を意味するらしい。

■7月17日(月)

久し振りの休日であるが、明日からまたビッシリなので、
仕事を忘れようと、ほとんどソフトと将棋を指していた。

最近は新たに将棋ブームとなっているそうだが、
これほど実力差がはっきり出てしまうゲームもないので、
勝てない者にとっては、きつい遊技だと思う。
勝っている将棋を指すほど楽しいものは無く、
負けている将棋を指し続ける程辛いものは無いだろう。
これは何の分野でも同じかもしれないが・・・

■7月16日(日)

昨日と今日はT美大のオープンキャンパスの為、
公開授業(制作担当)として出勤。
15日は4500人、16日は5000人以上の来校者があったそうだ。
たいへんに暑い日であったのに、盛況なのは何より。
個人的にも好ましき来校者があり、嬉しい日曜日となった。
それにしても暑さのせいもあり、イササカクタビレマシタ。

■7月15日(土)

最近は少しづつ「引退」の文字がちらつき始めている。
そうしたところでほとんど話題にもならないだろうが・・・
同じ事なら、わざわざやめる事もあるまい・・・
それが今までの踏ん張りだったのだが・・・

■7月14日(金)

昨日の続き・・・
そうは言っても、40万日以上も逢えないではないか。
と、言われそうだ。たしかにそういう歌もある。

年毎に 逢ふとはすれど 七夕の ぬる夜の数ぞ 少なかりける(古今集)

「ぬる」は「濡る」だろうから、随分と艶っぽい表現だと思う。

とにかく少ない。それはそうだが、だからこそ・・・
あんまり逢わないから長持ちする、と考えてみたい。
そこで愚生が川柳にしてみましたのが・・・

たまにしか 逢えぬが仲の 秘訣なり 

久方に 逢えば別れも 遠くなる

御粗末様でした・・・

■7月13日(木)

七夕というのは、愛し合う仲の二人が
一年に一度しか逢えないという話しなのだが、
曲を作るときにいくつかの歌を引いたところ、
「逢える嬉しさ」と「逢えない切なさ」両方の解釈がある事が解った。
自分としては「逢える嬉しさ」を取りたいのだが、
一年に一度は少なすぎると考える人は、当然恨みがましい歌になる。

仮にこの話しが平安時代に伝わったとしよう。
それから数えても、織姫と彦星は1200回くらいは逢っている事になる。
まったく疎遠になる事を思えば、決して少ない数ではないだろう。
そんなふうに思っていたら、次のような歌と出合えたのだ。

秋毎に 逢瀬変わらぬ天の川 思へば深き契りなりけり (浦のしほ貝)

我が意を得たり、というところです。

■7月12日(水)

冷房の無い職場に長い時間いたら、
どうしようもない眠気がおさまらなかった。
眠気というのも熱中症の症状であるらしい。
今でも少々頭痛が残っている。

■7月11日(火)

今日は高円寺円盤月例会でした。
お暑い中を誠に有り難うございます。
ライブの模様はこちらから御覧ください。

終了後、友人の写真展に行きました。

■7月10日(月)

明日、11日の火曜日は高円寺円盤月例会です。
お暑い盛りではありますが、御来場頂ければ幸いです。

今日は7月10日なので、納豆の日だそうだ。
こちらは昨日のオカラがかなり残っていたので、
これも親戚だから、顔は立てた事になる。
それにしても、昔の納豆はもっと臭いがあったと思ふ。
使う時しばらくは冷蔵庫から出しておいた方が良いようだ。
その方が納豆らしい味がします、いやホント・・・

■7月9日(日)

明後日、11日の火曜日は高円寺円盤月例会です。
お暑い盛りではありますが、御来場頂ければ幸いです。

今日はオカラを炊きすぎてしまった。
増えるのは知っているが、期限の関係で使い切ったわけだ。
しこたま食べてTVを見たら、小遊三氏が「ちはや」を演っていた。
ここでも「カラクレナイ」でオカラが出てくるのである。
明日の夜もそればかりで過ごす事になりそうだ。

■7月8日(土)

いよいよ頭がほへひょろになってきた。
頭ほへひょろ 足腰へなへな である。

「靴下のやふな毎日」これは良いフレーズだ。
「長靴のやふな一日」これも良い。
どこかで使って見やふ。

いよいよ頭がほへひょろになってきた。

■7月7日(金)

七月七日の七夕とは、そもそも旧暦の七月なので
今でいえばは八月といふ事になる。
であるから、七夕の季語は秋なので、ちょいと違和感があるかもしれない。
それに七夕と書いて「タナバタ」とは、普通に読めるものではない。
織姫は機を織る女性なので、棚機から来ているのだろふ。
であるから、本当は「シチセキ」と読むらしい。
一月一日・三月三日・五月五日・七月七日・九月九日の五節句である。
七夕に因んだ食べ物はあるのだろふか・・・笹団子といふわけでもないでせふが。

■7月6日(木)

なんにせよ なんにせよとは なんにせよ なんにせよこそ なんにせよせよ

なんであれ なんであれとは なんであれ  なんであれとも なんであれとは 

なにがしの なにがしのしの なにがしの なにがしのしの なにがしのしの

我ながら、なかなかの名句である・・・何を馬鹿な、といふなかれ

あはれあはれ 哀れ哀れと あはれあはれ あはれいかなる 人をいふらん

これ、和泉式部先生の歌、ホントデス。

■7月5日(水)

亡くなったK氏の似顔絵を描いている。
なかなか上手くいかぬが、それでも筆を走らせていると、
エリンギの化け物のようになってしまった。
いやいや、氏の特徴は下唇ではなかったか。
そう思い直して口元から描くが、まとまらない。
そうそう、目の下の皺をたるませなくては似てこない。
そう思って描き進めていると、
だんだんとK氏の輪郭がはっきりしてきた。
そんな事をしながらも、ライブの曲目に頭を悩ませている。(以上夢)

■7月4日(火)

藤井四段の連勝を止めた佐々木五段は、
かつて岡崎の豆タンクと云われた石田和雄九段の門下。
目薬を差しながら対局をする美男系の若武者です。
弟子思いの師匠の気持ちは、対戦前から期待に満ちていて
その辺りの心境は「柏将棋センター」のサイトを読まれると面白い。
自分の弟子に連勝を止めて欲しい、と言い続けていましたから・・・
ただ石田師は愛知県出身なので、藤井四段が勝ったとしても
嬉しい一面も持っていたのではないかと思います。

勝ち残っていくと、段々と強豪とぶつかるので、
連勝とは別に見所が多くなるわけです。
むしろこれからが面白いといっても良いくらい。
ベテランとの対戦も興味がありますが、それよりも、
売り出し中の若手とどう戦うかでせふね。
齋藤・永瀬・豊島・村山・中村・糸谷戦あたりが見物。
その可能性があるか、トーナメント表を調べてみませふ。

■7月3日(月)

あまり書く事が無いといふのは、このところ仕事が詰まっているからで、
いわゆる「食べるための」事なのだが、これで案外頭も使っている。
自宅に居ても段取りを考えたり、「持ち帰り」もしたりしているわけだ。
それはそれで良いのだが、やはり「書くやふなこと」が出てこなくなる。

表現者は「遊び人」でなくてはならぬ、は良く言われることであるが、
ストレスから逃れる為の遊びは、もはや遊びではないだろふ。
つまり「ヒマ」な時間が、重要なのである。
何にもしないでボケッとしている時間、これぞ創作のミナモト・・・・・
と、愚生ハ思フノデアリマス。

熊谷守一といふ画家は、一日中ありんこを見て過ごす事もあったとか、
拾った石ころを眺めていても、一日飽きること事がない、とも書いている。

■7月2日(日)

どうにもこうにも書いて記すやふな事柄が出てこない。
カヤフナイチジツモアル事ヲ御推量クダサリマセm(__)m
暑気ニツキ御身体御自愛下されませすやふ。
お祈り申し上げます。(._.)オジギ

■7月1日(土)

これで今年も半分が終わったわけだが、
早く感じるといふのは自分が変わっていないからだろふ。
思春期が長く感じるのは、成長と変化を伴っているからで、
自分自身に変化がなければ、時間通りに時は進むだけである。
だから悪いといふわけではないのでせふが・・・

明日は都議会の選挙であるが、
正直なところぜんぜん興味がわかないのだ。
期待も失望も何もない、どうぞ御勝手に、であります。
むしろ、これだけスカを食らわされてきて、
何を求めて大騒ぎするのか、不思議ですらありますよ。

■6月30日(金)

アイスクリームにウイスキーをかけて食べるのが好きだ。
もちろんブランデーでも良いが、辛いスコッチが合っている。
安いバニラアイスを硝子の容器に入れて、酒をかけるだけ。
ぜひ一度お試し下さい。

■6月29日(木)

今日はT美大に出勤したのだが、研究室の購読誌ユリイカで
加藤九段の特集(ほとんど一冊分)が組まれていたので驚いた。
文芸誌が棋士を取り上げるとは、中々無い事だと思う。

もともと将棋界は興味の無い人にとっては、地味な世界だった。
対外的に宣伝していたのは、芹沢・米長・内藤といふ人達であって、
その頃の加藤氏は、一途さゆえに無骨であり、あまり良く言われていなかった。
粋人であるモテ男の米長氏などは、何かにつけて氏を茶化していたのである。
ところが、敗戦記録や猫の餌付けの頃から、存在感が注目されてきて、
今では将棋をよく知らない人でさえ、その風貌を知る事になった。
当の本人は何を言われようが盤上没我、ひたすら将棋を指していただけなのだが・・・

だからこの現象は、氏が打算的な動きをしたわけでも何でもなく
今日では実に希な「人ヲシテ云ワシムル」の典型なのである。
こういふケースは珍しいと思ふ。
大体、話題を振りまく人は、それなりの根回しと計算が見えてしまふものだから・・・
語らせる何かを持っているとすれば、やはり現代人には稀少な「何か」なのだろふ。

■6月28日(水)

昨日の連勝記録の続き。
本来ならば、こういふ時は現名人がコメントを出すべきだが、
案外と各新聞は連盟会長や有名棋士の談話ばかりだった。
名人位といふのは段位の頂点にあり、棋界のシステムの
最高峰なので、他のタイトル戦とは格式が違う。
木村、大山、名人すなわち将棋界のボスであったわけだ。

ところが棋戦が増えた事や、新聞社の絡みなどから、
名人も7大タイトル(最近ひとつ増えた)の一つといふ感じになり、
連盟会長や人気棋士の方が、表に出てくるようになっている。
とはいえども、やはり名人は名人なのである。

であるから、本当は佐藤名人が人工知能に連敗した事の方が、
棋界としては、恐るべきニュースなのであった。
つまりコンピュータのように指していれば、名人にも勝てる時節なのだ。
そして今ではトップ棋士達がコンピュータから「学んで」いるのである。

このままAIを用いた研究が進んでいくと、必勝の定跡が確率してしまい、
それを回避するには、千日手に持ち込むくらいになる。
すると近いうちにルールを変えなくてはならなくなるかもしれない。
実際、連珠には戦型指定、囲碁にはコミ、と発展したゆえのルールがある。

現状のままでも、アマチュアにおいては問題は無いと思うし、
人間同士の勝負に人々の興味が尽きる事はないだろふ。
ただ、今までは誰もわからなかった正解の着手を知っている機械が
既に存在しているといふ事は、何ともはや切ない気持ちになってくるのだ。

■6月27日(火)

中学生棋士の連勝記録が連日話題になっている。
記録更新は凄い事だが、まだタイトルを獲得したというわけではない。
それでも、将棋のニュースが新聞のトップになるとは大変な事だ。
この先勝ち進んでいけば、トップ棋士との対局が組まれていく。
その辺りからが、いよいよ大舞台となってくるでありませふ。

最近の将棋界は、誰が勝ってもおかしくない状態で、
若手がA級棋士を負かしても、珍しい事ではなくなっている。
連勝を止めるのは誰か、といふ事になっても、
案外と伏兵と見られている人が、一本取るかもしれない。
それでもタイトルホルダーになるような棋士は、
勝負術に長けているので、容易には負けないだろふ。
できれば現名人との対局が、観たいものでありますな。

■6月26日(月)

源氏物語には和歌が八百首近く入っているそうだ。
それだけでも作者はひとかどの歌人といふ事になる。
手元にある和泉式部集の和歌は千五百近くある。
歌詠みといふものは、詠めば限りなく詠めるのであろふ。
会話といふものがいくらでも出来るやふに・・・

最近はAI(人工知能)でも小説が書けるそうだから、
(作曲や美術も出来るそうだ)和歌や俳句もわけなく詠むだろふ。
ただし、だから何なんですか?といふ気もないわけではない。
歌のやりとりで、機械が契りを交わすわけでもないですから・・・

■6月25日(日)

最近の朝食は、御茶漬けとなっている。
昆布や葉唐辛子の佃煮、または瓶詰めの鮭。
山椒の佃煮などもあればよろしい。
そんなものを残り飯に乗せ、番茶を掛けて食べる。
こういふ時は、良い御茶よりも熱い番茶が似つかわしい。
朝のお粥なども乙な物だ。
鰹節の粉でもあればそれだけで充分。

愚生が子供の頃は朝の食卓には味醂干しがよくあった。
焼き鱈子、焼き海苔、白子干しなど。
これに蜆の味噌汁でもあれば、泣けてくる。
朝でなければ一杯飲りたくなるところである。
はたしてコーンフレークで酒が呑めるだろうか。
違和感はあろうが、やってやれない事もあるまい。
いづれオートミールでビールでも飲んでみやふかな・・・

もともと朝飯は食べない方で、
そのかわり珈琲を三杯くらい飲んでいた。
今は和茶と紅茶が多くなっている。

■6月24日(土)

六月と七月は出勤日が多く、
それだけ仕事の事が頭を埋めており、
あまり面白い話しが出てこない。
今日はT美大で、以前に研究室の助手をしていた作家に
会ったのだが、さぞ忙しくしていると思いきや、
仕事の合間に釣りにばかり行っている・・・といふ話しだった。
忙中ニ閑有リ、やはりそうでなくてはイケマセンな・・・
愚生ハ晩酌ト睡眠デ自由時間ヲ埋ムルバカリ。
ソレデモ将棋之ソフト対戦ハ続ケテイル・・・
但シ睡魔ノ為、一日数手ヲ指スノミ・・・

■6月23日(金)

勤務後内科ヘ出向ク、血液検査之結果伺フ。
数値大旨良好トノ事。
夏季トナリ、衣類多カラズ、夏用之衣服をヲ購入ス。
其之価三千両ニ及ブ。
明日ハT美大出勤ノ事。

■6月22日(木)

昨日は残業をしていた為、雨に濡れずに帰れた。
たまにはこういふ事もあるのですよ・・・
今日はT美大に出勤だったが、昨日は雨で大変だったそうだ。
高い位置にあるので風があると、激しい雨となる土地柄です。
昼食時、久し振りに学生食堂でカレーライスを食べた。
海老フライが二本付いて450円、イトウマシ・・・

■6月21日(水)

昨日は仕事を休みにして、木挽町にあった。
「名月八幡祭」が観たくて、券を買っておいたのだ。
というのは、随分と昔(若かりし頃)に一度観ていて、
題名を覚えておらずに、気になっていた演目だったからです。
「最後にでっかい月の出るやつ」と覚えていたわけですね。
その時は、新助が幸四郎で、美代吉が玉三郎だった。
お互いによくハマっていた役だと思ふ。
特に美代吉は難しい役で、玉三郎の印象が強いので、
誰が演じても、しばらくは大変であると思うふ。
新派のような劇だが、「籠釣瓶」よりもきつい話しかもしれない。

午前は若手で固めていたが、その中にあって
弁慶上使の吉右衛門は流石に大看板の貫禄を見せてくれた。
芝居が大きいのです。

■6月20日(火)

加藤九段がとうとう引退という結果になった。
負けが込んで引退が近づいてからの方が、
人気が高くなったのだから、得難い棋士であると思う。
最近の棋譜も何曲か拝見したが、負けてはいるものの、
差し手には活気があり、それほど衰えたものでもない。
それでも番付のある勝負の世界だから仕方がないわけだが・・・
一般的には勝ち負けばかりを見てしまうが、本当は内容が肝心。
そういう意味では老剣士が敵陣深く切り込んでいくような将棋で、
老獪に守り抜いて勝つような棋風ではない・・・ドラマになっている。
もちろん負けた側は、悔しくてたまらないだろうが・・・

局後は感想戦もせず立ち去ったそうだが、
おそらく当初は取材も受けるつもりでいたのではないか。
終局に近づくにつれ、様々な想いが込み上げてきて、
人と話せるような心境ではなくなったのだと思う。
現役を引退しても、まだまだ活躍して欲しい方である。

■6月19日(月)

夜毎夜毎にチビチビ舐める酒の美味なる哉。
深酒をするわけではないので、もとよりチビチビである。
しかし、チビチビとはいえ、毎晩となると、身体に障るでせふ。
そふだそふですそのたふり。
これを古来より曰く・・・「チビも積もれば ヤマとなる」
サテコソ サテコソ。

■6月18日(日)

夕刻時、金平牛蒡ヲ作リ、是ヲ当テニ晩酌。
加エテ、生揚豆腐ヲ昆布ト共ニ煮ル。
片栗粉ヲ用イ餡掛ケニシテ酒肴トス。

■6月17日(土)

夕刻時、鯖味噌煮缶詰ニテ一品。
本体ヲ小鉢ニ並ベ針生姜ヲ散ラス。
安価ニテ美味也。

■6月16日(金)

しばらく演奏会が続いていて、更新が滞っていました。
アゲイン・奏・円盤のライブの模様はこちらから御覧ください。
料理ショー「グリーンピースのお袋煮」はこちらです。

■6月15日(木)

最近、みかじめ料といふのが話題になっているが、
自分にとって「みかじめ」とは耳慣れない言葉だ。
その為、てっきりテキ屋の符丁だと思っていたが、
これはこれでしっかり広辞苑に載っている。

つまり「見ヶ〆」と書くのだが(文字化けするかも)
確かにこの字を当てれば何となく解る。
要するに「取り締まり」といふ意味だそうだ。

■6月14日(水)

色々とやる事が溜まってくると、ついつい口が重くなる。
本当はこういう時ほど、いくらかは気分転換をした方が良い。
酒は飲んでいても、基本的には無言だから、あまり変わらない。
会話が減ると、頭が仕事ばかりになり、益々塞ぎがちになる。
昨晩は円盤だったので、短い時間だが知人との会話があった。
たわいの無い話だが、それでも随分違う事を改めて知った。

■6月13日(火)

本日は円盤月例会がありました。
季節柄、雨模様の一日でしたが、
御来場を賜り、誠に有り難うございました。
深く感謝を致しております。

■6月12日(月)

明日13日は円盤月例会です。
平日の最中ですが、お立ち寄り下されば幸いです。
電気ギターを持って行く予定です。
最近はへこたれているので、気分転換になるかもしれません。

今日は鮫を煮てみた。
安く買ったわりには、中々であったと思ふ。

忙中に 旨い物有り 夜半の風

■6月11日(日)

明後日13日(火)は円盤月例会です。
平日の最中ですが、お立ち寄り下されば幸いです。

巨人という球団が連敗続きで低迷しているが、
もともと交流戦を苦手としている事もあるだろう。
以前ならこういう事は、職場や学校で話題になるのだが、
最近は野球の話題など、ほとんどしなくなったような気がする。
そういうところも昭和とは違うのだろう。
同じ連敗ではヤクルトの方が深刻なようだが・・・

そういう自分も気分的には連敗ムードである。
常に労務が貼り付いていて、本来の制作にほとんど手が回らない。
仕事があるのは有り難い事だが、結局「何者」にもなれていない。
もうそんなに時間があるわけでもないのだ。
埋もれ木のまま、投了せざる得ないのかと思うと、
不覚にも涙がこぼれてくる・・・

連敗と対照的に話題になっているのが、中学生棋士の快進撃。
将棋界も名人がコンピュータに連敗した事で、新たな時代になっている。

■6月10日(土)

なかなかに なかのなかまで なからしむ なかもなかなれ なかなかなかに

はひょふひて はらひょりへらひょ  ひょろほへひ ほへひょろほへに ほへてひょろひょろ

■6月9日(金)

疲れていると口が重くなっていけない・・・

こんな時は、葉唐辛子で茶漬けでも食べたいところだ。
その程度の事ならいつでも出来そうだが、
さてさて、美味しい佃煮といふのは、案外身近にないものだ。
そこそこの物はありますが、アマイのですな・・・
といふて日本橋まで行く暇もなく・・・

鯖の塩焼きの瓶詰めを見かけたが、
あれを茶漬けにしたら、サゾヨロシカロフ。

■6月8日(木)

キーボード 打ちながら寝る 昼下がり

もちろん昼下がりとは限らないが、
気が付くと出鱈目に打たれたテキストがあったりする。

うとうとと モニターを見る 白日夢

■6月7日(水)

仕事が溜まっているせいか、あまり書く事が無い。
試みに去年の6月7日を調べてみた。
何と、CD「別天地」の歌録りをしていたのですね。
因みに翌日の記載が面白い。
2016年6月8日(水)
前日は遅かったのだが、出勤日。
何かとやる事が詰まっています。
6月はどうしてもそうなるわけです。
・・・と記されており、毎年同じようなものといふ事ですね。

■6月6日(火)

帰宅途中に昔ながらのパン屋が一軒ある。
もちろん御客がトングで取るような事はせず、
商品は正面の硝子棚(三段)の中に並んでいる。
そこには「白餡」のアンパンがあるのだが、これが中々美味しいのである。
和菓子のようでもあるが、和菓子にはない量感は、やはりパンなのだろう。
「白餡」を見直す時が来たように思ふ。

■6月5日(月)

T美大出勤之事。
石彫之実習初日、担当者トシテ紹介有リ。
昨日ヨリ之疲レ多少残ル中(ヤヤ深酒之為)、
車中ニテ読ミ残シノ新聞散読ス。

■6月4日(日)

本日は国立音楽茶「奏」にて、トリオ演奏がありました。
御来場誠に有り難うございます。
演奏家の模様は後日掲載致します・

■6月3日(土)

明日は国立音楽茶「奏」にて、トリオ演奏がございます。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。


■6月2日(金)

本日行事之為早朝ヨリ屋外ニテ勤務。
職務之主ナルハ写真撮影也。
昼過ヨリ怒風激シク小砂眼入ス。
砂塵之中ヲ撮影、照射之為日焼ケス。

■6月1日(木)

月があらたまりました。
日曜日には国立「音楽茶屋・奏」でトリオ演奏があります。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

■5月31日(水)

本日は武蔵小山アゲイン余一会がありました。
会の模様は後日掲載致します。
御来場誠に有り難うございました。

    「虚仮」

■5月30日(火)

明日は武蔵小山アゲイン余一会です。
何か一品作るわけですが、さて何にしませふか・・・
といふのは、いつも買い物をしながら考えるわけで、
予算や時間と相談して決めるからです。

そんなこんなで、ここまで続いているのですから、
これもみな御客様のお陰に他なりません。
ぶらりとお立ち寄り頂ければ幸いに存じます。
色紙は12枚あります。
御来場の折りは、どうぞお持ち帰り下さい。

    「不埒」

■5月29日(月)

昨日、所沢古本市ニテ購入セシ書籍、下記之通リ。

・嬉遊笑覧 上/近藤出版/大正五年版/金四百両
・嬉遊笑覧 下/近藤出版/大正五年版/金四百両
・字くずし新辞典/京文社/昭和三年/金二百両
・明治大正外交秘話/戦記名著刊/昭和五年/金五百両

だんだん自分の部屋が古本屋のようになってきた・・・

明後日は武蔵小山アゲイン余一会です。
何か一品作るわけですが、さて何にしませふか・・・

    「偏屈」

■5月28日(日)

愚生は自分の彫刻作品でも毛筆等を使っていて、
紙に指が着いていれば、ある程度は書く事が出来る。
別に達筆なわけではなく、素描の容量で書いているだけなのだ。
しかし小指を軸にしているので、大きな字を書く事が出来ない。

やはり書といふものは、筆先だけを紙面に着けて書くものだ。
ただそれをやると、どうしても手が震えてしまい、書く事が出来ない。
ほとんど字にならないくらい御粗末なものになってしまふ。

しかし・・・もう今さらであって、
震えていても良いではないか、といふ気持ちになってきた。
むしろ、その方が面白いものが出来るかもしれない。
愚生だって美術家のハシクレのハシクレである。
どのような字を選ぶかが、妙味のあるところなのだ。

そこで週末に書いた色紙、御迷惑だろうが、
水曜日のライブでお配りする事に相成った。

    「悪筆」

皆様の御来場をお待ち致しております。

■5月27日(土)

今月末の31日は武蔵小山アゲイン余一会があります。
70回目といふ事なので、揮毫色紙を御進呈致します。
愚生が茄子の心(ヘタはヘタナリ)で、書いた物です。
上手ではありませんが、これも感謝の気持ちであります。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

今日、近所のダイエーに寄ったら、カールが売り切れで
棚が空になっていた。(サモアリナン・・・)

■5月26日(金)

明治のスナック菓子カールが販売を止めるそうだが
(西日本では継続して売られるといふ)
一時期より売れなくなったとはいふものの
買っている人はたくさんいただろうに・・・とは思ふ。

もっとも無くなった銘柄は他にもたくさんある。
カルミン・サイコロキャラメル・チョコバー・アルファチョコなど・・・
マーブルチョコレートだってイマノウチかもしれない。
未だにミルクチョコレートデラックスを無くしたのが信じられないのだ。

実は明治製菓のカールのCM集を持っている。
出だしの頃は中山千夏が出ていたのです。
それから例の三橋三智也の歌になるのですが、
これも他の人の歌もあるのですね。

愚生はスナック菓子といふものは、ほとんど食べないのですが、
好きな人はがっかりしているでせふね・・・
気持ちは良く分かります。

■5月25日(木)

本日夕刻、所沢古本市ニテ購入セシ書籍、下記之通リ。

・心学童話全集 第参巻/忠誠堂/昭和三年/金三百両
・心学童話全集 第四巻/忠誠堂/昭和三年/金二百両
・心学童話全集 第五巻/忠誠堂/昭和三年/金三百両
・心学童話全集 第六巻/忠誠堂/昭和三年/金二百両
・日本児童文庫 第十八回配本/アルス/昭和三年/金五十両
・狂言記 上/有明堂/昭和五年/金三百両
・狂言記 下/有明堂/昭和五年/金三百両
・名人木村義雄実践集 巻五/大修館書店/昭和五十五年/金千両

■5月24日(水)

本日夕刻、所沢古本市ニテ購入セシ書籍、下記之通リ。

・川柳狂詩集/有明堂/大正七年/金三百両
・歌謡音曲週/日本名著全集刊 江戸文藝之部/昭和四年 /金三百両
・和文和歌集/日本名著全集刊 江戸文藝之部/昭和三年/金三百両
・源氏物語二/有明堂/昭和三年/金三百両
・源氏物語三/有明堂/昭和三年/金三百両
・源氏物語四/有明堂/昭和三年/金三百両
・心学童話全集 第壱巻/忠誠堂/昭和三年/金三百両
・心学童話全集 第弐巻/忠誠堂/昭和三年/金二百両
・源氏物語 /福田清人/偕成社/昭和二十六年/金百五十百両
・講談全集 由井正雪 /大日本雄弁会/昭和二十七年/金二百両
・世界歌劇物語/橋爪健/偕成社/昭和三十年/金百五十百両

■5月23日(火)

よく「埒(ラチ)があかない」といふが、
「埒」とは何ぞやと調べてみたら、馬の柵の事であった。
つまり「柵が開かない」から先へ進まないといふ事らしい。
ついでに言へば、「放埒」の埒と同じ字なのである。
つまり放埒とは柵(区切り)がつかない状態なわけである。
同様に「不埒千万」にも、この字が使われている。

しかし「埒」などといふ言葉は、滅多に使わないだろふ。
それとも、聞いた事がありましょうか?
あれだけ馬が出てくる西部劇でもツカワナイ。
「オラの馬場の埒は立派だんべぇ」ともイワナイ。
もう少し、高級な雰囲気が漂っていますな。

「柵があかない」と置き換えても、良いよふな気がする。
「んな事を言ってぇちゃ、柵があかねえ」でも通じない事はない。

■5月22日(月)

本日午前午後T美大出勤之事。
大学院生数人ト会話有リ。
各自作品制作展示之考慮推考様々也。
留学体験談等、聞キ及ブニ当タリ得ル物多シ。
連日気温高ク、暑中制作之助言ニ回ル。
久々ニ石材加工実践ス。
来月石彫実習期間之為、説明有リ、等々。

■5月21日(日)

夕食時に近所の蕎麦屋に出向いたのだが、
珍しく蕎麦が売り切れ寸前であった。
日中の暑さの為に、よく売れたのだといふ。
普段はそんなに混まない店なので、
「そいつぁよござんしたね」と、こちらは饂飩にしたのだ。

「かけうどん」が美味しい店は、本物なのだと思ふ。
単純故に、麺とカケジが美味しくなくては、どうしよふもない。
当方は、麺にツユが染みているくらいが好みです。
やはり自宅で作るのとは、一味違うよふで・・・

それにしても、一日中、何を食うかばかり考えている。
・・・よふな気がする(何たる事か・・・)。
他にあまり楽しみが無い事もあるが、食い意地が張っているのだろふ。
セコイ食事をしてしまふと、遣り切れない気持ちになる。
別に贅沢を求めているわけではなく、
食事といふものは、一日の数が限られているので、
その日をその日のアジワイを大切にしたいだけなのである。
トラジロウ アジワイノハナ なのである。

■5月20日(土)

今日は午前中から、知り合いの個展を数カ所まわりました。
神田から馬喰町、途中、東銀座で昼食はお決まりの店。
来月の歌舞伎の券、久し振りに購入、お目当ての演目有り。
八丁堀から京橋、おしまいは八重洲まで・・・
夏のような暑さで、帰宅時はもう夕刻でした。

安いワインを買い、パン屋でミミを袋一杯貰いました。
ひとつ買うと、おまけにくれるわけで、頂いたような物。
これでチーズフォンデュをやるわけです、つまりミミで充分。
「王様の耳はパンのミミ」といふ歌(現在お蔵入り)もありました。

■5月19日(金)

先日、TVのラジオ体操(といふ言い方も変だが)の
ムチムチレオタードの事を書いたが、やはりあれは
ある種のエロティシズムがあると思ふ・・・が、それとは別に・・・

御存知だと思ふが、今では椅子に座っている人も同時に体操をしている。
これは高齢者や足腰に障害がある人に向けたものだろうが、
そればかりでは無い事に最近気が付いた。

つまり、あれは座席体操とでも言ふべきもので。
オフィスでも教室でも自宅でも出来る、とても良く出来た物なのだ。
あの中のいくつかでも覚えておけば、デスクワークで疲れた時に
いちいち立ち上がらなくても、ストレッチをする事が出来る。
肩凝りや眠気、目の疲れなどにも効果があるはずだ。
そう思えば、何パターンかは覚えておきたいものである。
ムチムチ姉さんに気を取られていると、こういふ事には気が付かない。

それにしても座っている人は、どうしてレオタードではないのですか?
オセーテ、オセーテ・・・でありますな・・・

■5月18日(木)

書く事が無いときは、書く事が無いと書けばよい。
それが書くといふ事だ。
それはそうとして、本当のところは・・・
「書きたい事が無い」か「書くべきほどの事が無い」だろふ。
「書いてもあまり面白くない」といふのもある。

日記とは人に読ますものではない、といふが
これも実は嘘であって、自分といふ読者があるわけだ。
だから必ずしも本当の事が書いてあるともいえないだろう。

愚生は手帳であれば30年分くらいは持っている。
殆どは予定のメモだが、調べれば色々と当時の事がわかるはずだ。
よほどの事がなければ、見る事はありませんがね・・・
忘れていた事も記されているかもしれません。

■5月17日(水)

どうも根がしみったれているせいか、買った物をすぐに食べずに
賞味期限が過ぎてしまう事が良くある。
しれも安売りをしている時に買うので、既に期限が迫っているのだ。
それでも随分と期限が過ぎていても、食べられないわけではない。
(もちろんナマモノではありませんよ。大概は乾物です)
一年腐らない食品は、多少伸びたところで、たいして変わらない。
確かに味は落ちていくだろうが、まぁ食べられる。
最近は、そういふ物を中心に食べて、在庫整理をしている。

そふいえば、「しみったれる」とはどういふ語源なのでせふか。
「塩垂れる」「潮垂れる」「しみたれる」となるらしい。
つまり、塩は涙で泣き、しめっぽくなり、しょぼくれる・・・となるらしい。
どうせ使うのなら「しみったれる」より「しみたれる」がヨロシイ。
「シミタレ慕情」「シミタレタ日々」「シミタレの人」色々出てくる・・・

■5月16日(火)

これといひ かくこともなし つねのひごろも
よよのすきまに おもひみるもの

昨日、文章でのおしゃべりの事に触れたが、
読んでいても「耳を塞ぐ」といふのは、我ながら発見である。
黙読していても、聞いているような気がするのでせふ。
といふ事は、人間は目で字を読んでいても、
頭の中で聴覚的に置き換えているのでせふか。

そふいえば「読む」と「詠む」は、字こそ違うが、同じ「ヨム」である。
つまり行為としては音読が自然なわけで、
黙読はミュートにはなっているが、やはり音は鳴っている、といふ事だ。

■5月15日(月)

日記にしても何にしてもの話しだが・・・
「そんな事を書いても仕方が無い」と思ってしまったらもういけない。
そういう意味では、文筆的に「おしゃべり」な人は得である。
「どうでも良い事」でも「言った者が勝ち」といふ事になってしまふのだ。

「何がめでたい」の先生も、それがベストセラーになるのだから
こんなに「めでたい」事は無いではないか。
少しは喜びなさいよ、売れない作家に対して失礼じゃないですか。

そこで一首
「世の中は 愚痴も不平も芸の内 ぼやきなげきに文句タラタラ」・・・
まぁそんなものでせふ。
その付け句
「耳を貸すやら また塞ぐやら」

■5月14日(日)

お袋という呼び方の語源を御存知だろうか。
使われている割りには、知っている人も少ないと思う・・・実は・・・

などと書き出せば、母の日の新聞コラムが出来上がる。
私自身その由来は知らないが、調べればわかる事だろう。

しかし、こういふ事は調べる前に自説を作りたいものだ。
落語に出てくるヤカンの先生も、本当はヤカンは「薬缶」だ、
くらいのことは先刻御承知のはずである。
それをそれと言わず、汗だくで珍説を絞り出す事が尊いわけだ。


■5月13日(土)

先日の円盤月例会の記事を更新致しました。
当日は御来場誠に有り難うございます。

■5月12日(金)

部屋には昨年から飼っているカタツムリ氏がいるのだが、
長い間、土にもぐっているままで(もちろん水槽の中だが)
冬眠しているのか死んでいるのかよくわらなかった。
それでも最近は気温も上がっていたので、
こまめに霧吹きで水を掛けていたのだ。

それが今日になって、にわかに動きだし、
少し多めに水を与えたら、ついにツノやらヤリを出し、
今では好物の人参を食べている。
半年以上も寝ていたわけだから、この生命力はたいしたものだ。
敬服にあたふところである。

■5月11日(木)

最近は明けるのが早く、4時頃でも明るいですね。
その頃に一度起きてしまう癖がついてしまいました。
そのまま起きてしまうには、まだ早いのですが、
何となく寝付けなくなってしまいます。

日が暮れたら眠り、夜が明けたら起きるのが、
一番健康的なのでせふが・・・

夕刻からM美大の研究室にて、
ある企画の打ち合わせに参加致しました。
それに関する催しが、年内にあるかもしれません。
その折りには告示を致しますので、宜しくお願いします。