UENO SHIGETO NEWS DIARY
上野茂都(美術・音曲)の活動に関する情報サイトです

■12月6日(金)

こんな時 鬼平ならば 玉子酒

それで なかなか なおりなるらん

■12月5日(木)

やはりというか何というか、
昨日の午後から咽が痛くなり、今日は体調悪く早引き。
少し熱もあるらしく、風邪の症状が出てしまっている。

■12月4日(水)

色々と所用が重なり、体力が心配になってきています。
個展の準備と来週大学での講義、そんなものが重なっています。
今月7日の月例会の日も午前中から仕事でバタバタしているのですが、
年内最後の演奏なので、多少ヘロヘロでも行う事にしました、
80歳を越えるローマ教皇も、一日で長崎と広島を回ったのでした。
ギターを抱えて仕事場から円盤へ直行する予定です。
お立ち寄り下されば幸いです

■12月3日(火)

スペインではCOP25が開催されたが、
温暖化進行の為、予想される現象の話しを聞くと、
もうどうしようもないくらい悲観的である。
しかも既に現実味を伴って、各地に被害が及んでいる。
これらは年々加速されて、どこかで治まるという兆しもない。
原因は二酸化炭素排出だけではない、とも云われているのだが・・・
とにかく地球そのものが変動しているのだから、物事の度合いが違う。
これからの政治は、天災との戦いとなっていくのではないか。

そんな最中、お花見の名簿とかで、とやかくやっている事の平安よ。
その程度の世の中であって欲しいと願うだけである。
花見が出来る世の中ならば、それはそれで良い事では無いか。

■12月2日(月)

政府は市販類似薬を保険対象外にする方向に動いているそうだ。
これは処方薬として購入した方が安価な薬を、
過剰受診をして入手している者達が増えた為だそうだ。

思い当たるのは、皮膚科が出していた保湿剤で、
以前はよく処方してくれたのだが、最近は出さなくなった。
どうも前出の方法で、過剰に入手する者が増えた為と思われる。
本当に必要な人にとっては迷惑な話で、今後は市販薬で買わなくてはならない。

処方薬は安いといっても、あらかじめ健康保険料を払っている結果なのだから、
お互いの相互扶助で成り立っている制度を、私物化してはいけませんなぁ・・・
狙われているのは、風邪薬、湿布薬、花粉治療薬、保湿剤、漢方薬などだそうだ。

■12月1日(日)

師走師走というが、走ったところで間に合わないものもある。

■11月30日(土)

来月は久し振りに彫刻の個展がある。
彫刻と云えるかどうかはわからないが・・・

他にもやる事が色々と重なっており、
具体的に言えば七項目くらいの用事がある。

■11月29日(金)

夕刻に桑本正士写真展を観に行く。
とても良い展示で、改めて氏の力量を感じ取る事が出来た。
土日とも開催しているので、ぜひ御覧頂けたらと思う。

谷中の町も久し振りで、変わった所、変わらない所とある。
○○というサンプルが埃を被ったような洋食屋があるのだが。
マスターは何となく桂文治みたいな人で、
こりゃ不精床かな・・・と思うと、結構美味しいのである。
帰りにその店で、ビールとメンチカツを食べてきた。

■11月28日(木)

香港での反政府デモの過熱ぶりは御承知の通りだが、
イランでの反政府デモは更に凄まじい。
ガソリンの値上げを機に起きたそうだが、死者は143人ともいわれている。
反体制派の発表では450人を越え、逮捕者は1万人以上だそうだ。

消費税が上がったとはいえ、火炎瓶を投げた人はいない。
表現の自由がどうのこうのと、命を狙われる国で同じ事が出来ますかね。
何をしているかといえば、御花見に呼んだとかどうとかで大騒ぎしている。

呼ぶ呼ばないはともかく、花見そのものを軽視されては困る。
それ自体は立派な文化であり、誇りを持って頂きたいものだ。
花に浮世の咎はあらじ・・・というではないですか。

■11月27日(水)

寝酒のウイスキー、ブラックニッカを買ったら、
おまけにジガーカップ(メジャーカップ)が付いてきた。
バーにあるシングルやダブルを計るものだが、
おまけとしては中々粋な物を考えると思った。
あれば使うだろうけど、普通は持っていないという品物だ。
これから購入する人には、オススメです。

好きな銘柄は、ジョニーウォーカー(赤)とホワイトホースだが、
ニッカは度数が低いので、割らない派の自分に合っている。
本当はストレートが良いのだが、胃のために氷だけはいれている。

晩酌といわず寝酒というのは、あまり料理には合わないと思うからで、
料理に合わせるならば清酒の方が良いと思っているのである。
ウイスキーやブランデーは酔うための酒で、酒肴の為のものではない。
ツマミはジャズ・・・そんなところだろう。

■11月26日(火)

数日前の新聞を見ると、香港での選挙結果で、
ここまで差が開くとは思われていなかったようだ。
やはりこういうものは、やってみなければ解らない。
もっとも、これからが大変なのだろうが・・・

香港では二十代の若者達が先頭に立ち運動している。
中国に牙を向けるという事は、命がけの行為である。
世界最強の権力と戦っているようなものではないか。
大変な事ではあるが、頼もしさを感じ、頭が下がる。

権力者側も、天安門のような悪評は避けたいところだろう。
あまり強引な事をすると、訪日も流れる可能性がある。
どのように収束させるかは、注目すべきところでありましょう。

■11月25日(月)

今日は八王子へ出勤だったのだが、
その日は帰りに古本屋へ立ち寄るのが習慣。
それほどお目当てがあるわけではないが、
古い将棋雑誌など、安いので買ってしまう事が多い。

雑誌では、加藤一二三が高校生だったり、羽生善治が小学生だったりする。
真剣師、小池重明が角落ちで米長邦雄と対局してたりする。
そんなものを見ながら、昭和を取り戻そうとしているのかも知れない。
そんな時、国産のウイスキーが飲みたくなってくる。

■11月24日(日)

自分で髪の毛を切っていたら、何だかヘンテコになってしまった。
夕食後で、御酒が入っていたのも、良くなかったのだろう。
後ろ髪を勘で切るのだから、何ともホヘヒョロな話しである。
まあよい・・・少しぐらいおかしくても、また後で生えてくるでろう。
それにしても、随分と薄くなったものだ・・・
誰か、切ってくれないものかなぁ・・・と、思う。

■11月23日(土)

本日から谷中ぎゃらりーKnulpにて、桑本正士氏の写真展が開催されました。
桑本氏は、私がいた「つれれこ社中」のメンバーで、マンドリンを担当しました。
バンド活動の折りは、桑畑繭太郎を名乗りました。

本業は写真家で、主に音楽シーンで活躍、ミュージシャンのポートレートには定評があり、
音楽雑誌やジャケット写真も多く手掛けました。

この度、植物園を撮影した写真集が出版される事になり、記念展示会となります。
一昨年に逝去されたので、企画者は本人の遺志をついだものです。

詳しい情報はこちらを御覧下さい。お運び頂ければ幸いです。

■11月22日(金)

今日は冷え込みがきつく、咽が痛くなったりして、
風邪の危険信号が出たのですが、何とか堪えています。

夕刻、雨の中を銀座に出る予定がありましたが、
行きつけの中華蕎麦屋のお陰で、乗り越えたようです。
そうはいっても油断は禁物なので、身体を冷やさないように・・・
来月はいろいろとやる事が多く、風邪を引いている間がありません。

■11月21日(木)

来月の高円寺円盤の月例会の日付が違っているとの御指摘が。
月例会はこの日に限り第一土曜日の為、12月7日です。
それが2日になっていたそうで、11月のカレンダーを見てしまったのでしょう。
訂正いたしますm(__)m

12月7日は、本年最後の演奏会となります。
個展の前なので、バタバタしているのですが、
少し早めの年忘れになればと思っております。
御来場を賜れば、幸いに存じます。

■11月20日(水)

安倍総理の任期が歴代一位となった事で、
それまでの記録保持者、桂太郎が再評価されているそうだ。
吉田茂や田中角栄ほど人気があるわけでもなく、
伊藤博文や大隈重信のような歴史性も感じさせず、
原敬、犬養毅、浜口雄幸にみる悲劇性、
近衛文麿、東条英機などが持つインパクトも少ないが、
相当に重要な人物だそうで、にわかにスポットがあたると思われる。

■11月19日(火)

兵庫県の教員の問題で警察が入っているそうだ。
例の激辛カレーが出てくるやつなのだが・・・。

この場合、どうしても考えておきたいのは、
TV等のお笑い番組の多くは「嘲笑」にあるという事だ。
高所恐怖症のタレントをわざわざ怖がらせたり、
言葉の通じない国に置いてきぼりにしてみたり、
つまり無理難題を押しつけて、困っている様を笑うのである。

もちろん出演者はギャラを貰っているので、それはそれで良いと思う。
しかし、例えば辛い物が嫌いな人に激辛な物を食べさせて面白がる、
しかもそれを「撮影している」というのは、
職場の中に勝手に「お笑い番組」を持ち込んでいるのと同じではないか。

そう考えれば、加害者に罪の意識のあろうはずがない。
これは当然愉快な事であって、スタジオは爆笑の渦のはずだからだ。
このとんでもない錯覚を植え付けた流れは何であるか。

もともと笑いというのは、微妙にして危険なものであり、
笑われている側にとっては。はなはだ迷惑でしかない事が殆どだ。
結局それは、ただの優越感なのかもしれない・・・それでも落語が救えるのは、
自分も同じような失敗を経験している、という同調性があるからだ。
愚かしいものをあざけり笑うだけでは、実に味の悪い芸能になってしまう。

今回のカレー教師の悪ふざけを非難するのであれば、
日常我々が目にする「笑い」というものの悲しさを考えるべきである。
例え相手がタレントとはいえ、怖がっている、嫌がっている、困っている・・・
それらの演出にゲラゲラ笑っている自分は居ないだろうか・・・

■11月18日(月)

先日(15日)は豚汁を作ったのだが、
その汁で作る「豚汁」が美味しい。
老後はこれだけで店を開きたいくらいだ。

上野流はコマ肉を使わず、挽き肉を使う。
しかも始めに湯を通して、油を抜いてしまう。
豚汁特有のコッテリした感じは無く、あっさりしたものになる。

湯通しをした挽き肉は、人参牛蒡と軽く炒めるので、
その時のサラダ油が旨味となるわけである。
大根、蒟蒻、葱を加えて、出汁の素と味噌で味を整えて出来上がり。

■11月17日(日)

「合成麻薬所持で女優の○さんが逮捕されましたが、どう思われますか?」
「別に・・・」

■11月16日(土)

一昨日はおでんを煮たのだが、
その残りで作る「おでん蕎麦」が美味しい。
老後はこれだけで店を開きたいくらいだ。

おでんというのは田楽踊りからきているので、
串に刺してあるのが本来の姿だろう。
木の芽田楽とか、蒟蒻の田楽などがある。

つまり、現在「おでん」と呼ばれているものは、「関東炊き」という料理。
だから「煮込みワルツ」では「おでん」という言葉は使っていない。
もっとも「煮込み」といえば、普通はモツの煮込みなどの事で、
おでん風の煮物は、あまり煮込んではいけないそうだ。

■11月15日(金)

夕刻、知人の展示を観に銀座へ出向く。
自分の個展もあと一ヶ月となってしまった。
帰りはいつもの店で雲呑麺とビール。

■11月14日(木)

少しづつ寒さを覚えるようになり、
年末に向けて、冬支度という事になるのだろう。
実はまだ扇風機もしまっていないのだが・・・
気が付けば既に灯油販売車も町内を回っている。
そうそう、まだ秋刀魚も食べいないのだった。

■11月13日(水)

最近はよくマーケットの中で立ち眩みを覚える。
特に暗いところから入った瞬間になるようであるが、
視点が定まらず、気分が悪くなり、買い物もおぼつかなくなるのだ。
要するにクラクラしてしまうのである。

おそらく照明の明度によるものだろうが、困った事だ。
夕方になることが多いのは、日中は外が明るい為かもしれない。

■11月12日(火)

雑務多忙で中々余裕が持てない。
それでも今日は油揚を煮て、昨日は南瓜を煮た。
ついでに肉味噌も作っている。
そこでこんな都々逸は如何でげしょう。

昨日南瓜で 今夜は油揚げ 煮たもの同士じゃ ないかいな

■11月11日(月)

今日は新聞が休みだったのだが、
案外と大きいニュースがあっても、休刊日という事がある。
確かラグビー日本代表が盛り上がった翌日も朝刊は無く、
当然第一面に来るはずの祝賀御列の儀も、翌日が休刊日とは・・・
新聞は今苦戦をしているのだから、何とかならないものか。

■11月10日(日)

十数年ぶりにウクレレを購入しました。
自分としては、これで三台目となります。
古い物は壊れてしまい、今はありません。

自分が初めて買ってもらった之楽器はウクレレです。
おそらくまだ小学生だったかもしれません。
そう考えれば長い付き合いとなりますね。

■11月9日(土)

今夕は円盤にて月例会がありました。
土曜日に移行しましたが、御来場誠に有り難うございます。。
私も休日運転を忘れて、高円寺を通過してしましました。

■11月8日(金)

明日は円盤月例会がございます。
お忙しい中、お立ち寄り下されば幸いです。

金曜日は治療院で膝を診て貰っている。
低周波というのをあてて、少し身体を押してもらう。
その後、電動のローラーで背筋を伸ばしている。
毎週続けているので、効果はあると思う。
以前は筋を伸ばすと、ヒーヒー言ったものだが、
最近は幾らか柔らかくなったかもしれない。
今日は、少し肩が凝っている、と言われた。
書き物の仕事で、目を使ったからかもしれない。

■11月7日(木)

今週は9日の土曜日に、円盤月例会がございます。
お忙しい中、お立ち寄り下されば幸いです。

オリンピックのマラソンが札幌になるわけだが、
東京にしてみれば、美味しいところを持って行かれた、という事だろう。
最終日の競技であればなおさらだし、コースでは名所案内も兼ねている。
スカイツリーが見えてきました、とか、雷門を通過しますなど、見せ場にしたかったろうに。
ブルーバックで走ってもらって、CGで合成するのが一番わかりやすいのだが・・・

札幌も冬季オリンピック誘致に動いているそうだし、
フィギュアスケートとトレードするというのは、妙案だと思いますが・・・

■11月6日(水)

昨日は大根を煮て、今日は葱を炒めた。
冬の野菜が美味しくなってきたようです。
今後は白菜や柚子も加わり、鍋が活躍しそうです。

■11月5日(火)

あれこれと 雑用済まし 缶ビール
(ソレモヨシヨシ)
思い至れば まだヨイノクチ
(ドウリナルカナ)

■11月4日(月)

トランスワールドの田中美登里さんと、浅草木馬亭へ。
京山幸枝若の浪曲を堪能。

■11月3日(日)

国立奏ニテ一人会。
観客三名ニ尽キ、主催者に対シテ申シ訳ナク候。
是全テ演者之力量ニ依ル所也。
未熟ナルカナ非力ナルカナ・・・今日ニ限ル事無シ。
御来場者様ニハ只只感謝アルノミ・・・誠ニ有リ難ク存ジ候。

■11月2日(土)

ラグビーワールドカップ決勝戦の予想は中々興味深くて、
イングランドが優位だが、南アフリカに勝たせたい、というのを良く聞いた。
そしてそのようになったのだから、勝負の世界は含みが大きい。

私はまったくの素人だが、何試合かTVで観た感想で言うと、
イングランドは打倒ニュージーランドに重きを置いたような戦いだったので、
南アフリカの重さと厚みには案外苦戦するかも・・・と思っていた。
強敵に勝った後というのは、色々とアヤを生じるのかもシレマセン。

明日は、国立音楽茶屋奏にて、一人会がございます。
お忙しい中、お立ち寄り下されば幸いに存じます。

■11月1日(金)

週末は 芋羊羹に ブランデー(ソレモヨシヨシ)

週末は 五目稲荷に 発泡酒(オナジクオナジク))

週末は 南瓜饅頭 二つ喰い(ハピハロ ハピハロ)

週末に 明日は何故か 出勤日(ジツワナリケル ジツワナリケル )

週末に 封印をする 尿酸値(ドーリナルカナ ドーリナルカナ)

もう少し 自分の意見を ノベンバー(ジューイチガツ)

■10月31日(木)

今日は武蔵小山アゲインにて余一会がありました。
お忙しい中をお集まり頂き、誠に感謝致しております<m(__)m>。

■10月30日(水)

手抜き料理と銘打った本が売れているそうだ。
もっとも最近は即座に何万部と書いてありますね。
本屋に詰んであるので、パラパラ捲ってみると、
私から観れば、手抜きでも何でもない普通のレシピだった。
料理そのものは、料理本特有の楽しさはあると思うが、
そもそも何を手抜いているのかがわからない。

アゲインで作っているのは、本番ぎりぎりになる事も多く、
リハもある為、始めから凝った事は出来ないのです。
その辺りは、あくまで御座興という事でお断りしています。
ただ、そんな状況で作っているから、忙しい折には参考になるかもしれませんね。

明日は武蔵小山アゲインで余一会があります。
御時間がありましたら、お立ち寄り下されば幸いです。

■10月29日(火)

昨日之続き・・・
英国のEU離脱の起こりうる具体策を新聞で読んだが、
結局何だかヨクワカラナイのでした。

そういえば、ラグビーの試合前のハカという踊りだが、
それを受ける側が、自分の国歌で打ち消したり(ス)、
V字型に組んで威圧をかけたり(イ)・・・あんまり良い感じがしなかった。
やるんだったら、相手の踊りが済んだ後でするが良いではないか。
特に不適に笑ってみせるなど、嘲笑しているようにも受け取られかねない。
イギリス帝国主義の悪しき優越感のように思われてしまいますよ。

たとえば横綱の土俵入りを、小馬鹿にするようにニヤニヤ笑ってみられたら、
大概の日本人は頭に来るのではないだろうかね。

■10月28日(月)

イギリスという国は、離脱問題で大変なはずだが、
ラグビーに関しては別物らしく、そのような気配は感じない。
案外となるようにしかならない、と思っている人も多いのかもしれない。

それにしても、どのように治まるのか、まったく解らない。
今のところは延長戦に持ち込んでいるわけだが・・・
国際政治学者を名乗る人達は、どう先を読んでいるのでせう。

■10月27日(日)

何となくまだ先のことかと思っていたが、
31日(木)は、武蔵小山アゲイン余一会、
11月3日、つまり次の日曜日は、国立奏での一人会です。
31日はギター、3日は三味線で演奏するつもりです。
そういえばその次の週、11月9日には円盤月例会があります。
たいした事は出来ませんが、お立ち寄り下されば嬉しく思います。

■10月26日(土)

南瓜を煮た。
家庭菜園で頂いた細長い南瓜。
あっさりした味で、たくさん食べられる美味しさ。

南瓜は切っているときは硬いが、案外すぐに火が通る。
だからあまり煮汁が多すぎると、煮崩れる事がある。
煮汁は少なめにして、落とし蓋で蒸すように煮るのだが。
こういう煮物をする時は、鍋の前を離れない事です。

今週31日は武蔵小山アゲインで余一会があります。
御時間がありましたら、お立ち寄り下されば幸いです。

■10月25日(金)

「ずっこけ三人組」とか「のんたん」とか「怪傑ゾロリ」は微笑ましいが、
どうなっているのかね、最近は
「おしり探偵」だの「おならっぷ」だの、あげく「うんこドリル」だと。
そのうち「小便ゼミ」とか「おっぱい刑事」「金○先生」も出てくるような。
そこまでして受けたいのか、どうか・・・まぁドーデモイイケド。

■10月24日(木)

ラグビーワールドカップの日本対南アフリカ戦は 、TVで観ていたのだが、
試合の内容はもちろん、試合後の清々しさが素晴らしかった。
とにかく選手が良い顔をしていたし、観客も惜しみなく称えていた。
やれることは全てやりつくした充実感が、全身から滲み出ていたように思う。
日本代表とはいえ、現代の日本人が失いつつあるものを、
多国籍のチームプレーが教えてくれたようにも思えるのでした。

■10月23日(水)

昨日は台風被害の事もあり、祝賀御列の儀(パレード)が延期となった。
もちろん警備上の問題もあろうが、心情的な御配慮も大きいだろう。
ならばハロウィンに乗っかった大騒ぎも、どうなのだろう。
別に楽しむのはかまわないと思うが、最近は結構問題になっているので、
ほどよく御騒ぎになられるのが、よろしかろうと希望します。
そもそも子供が主役なのだから、酒飲んで暴れちゃイカンよね。

■10月22日(火)

煮魚の 煮汁を飯にぶっかけて さくさく食べる 幸福の味

今日もマンダイを煮た。これは美味しい魚である。
知らなければ鮪だと思うだろう。
ただ、あまり乱獲はして欲しくない。

切り身であれば、焼くよりも煮る方が楽である。
塩焼きの場合、家庭のガス台ではどうしてもイマヒトツ。
それでも食べたくなれば、当然焼きに出る。
そういえば、今年はまだ秋刀魚を食べていない。

■10月21日(月)

昨日の続きではある・・・
読書も映画もどのみち眠気に勝てないとする。
そうではあるが、ダイレクトに寝てしまうのも勿体ない。
こういう時は、既に読んだことや観た事のあるものを利用する手がある。

すでに内容を知っている小説や、結末を知っている映画など、
ディテールを見ているわけだから、途中で寝てしまってもかまわない。
言ってみれば、パラパラめくる事で、気が紛れるわけだ。
これが未読のものであれば、もう少し丁寧に観たくなるでありましょう。

寝る前は 開いたところで よみひょろひ

■10月20日(日)

夜更かしという事が出来なくなって、(眠くて起きていられない)
本を読んだり、映画(DVD)を観たりという事が殆ど出来ない。
週末ぐらいはそういう事があってもよいと思うが、
12時を回ると、眠気で活字も目に入らなくなってしまう。
早寝早起きは結構な事ですが、「徒然の折り」というものも必要。

■10月19日(土)

いろいろと かきしるすことは おほけれど
ついくちおもく かかずしめさず

最近は、メールでもおしゃべりな人も多いが、
よく考えれば、その際には声を発していないので、
正確にはいえば、打っているのであって、喋ってはいないのである。

やはり声に出して言うということは、大事なのかも知れない。
そこには呼吸というものがあるわけですから・・・
声の大きいオシャベリオバサン達よ、健在なれ。
もっとも最近のおばさんも夢中でスマホを見ていますがね。

展示会などのお知らせを掲載しましたので御覧下さい。

■10月18日(金)

着物の袖に 餃子のタレが 吸い付いた スイツイタ
ほひれば へれひる ひらひょへひ
あらまったく へらひょひ ひょひはらひ

着物の膝に みたらし団子が 落っこちた オッコチタ
ほひれば へれひる ひらひょへひ
おやまったく へらひょひ ひょひはらひ

着物の裾に イカ墨パスタが 飛んできた トンデキタ
ほひれば へれひる ひらひょへひ
あらまったく へらひょひ ひょひはらひ

着物の帯に 照り焼きバーガー こぼれ出た コボレデタ
ほひれば へれひる ひらひょへひ
おやまったく へらひょひ ひょひはらひ

(要節付け)

■10月17日(木)

毎朝の通り道、八時前だが団子屋が開いている。
もちろん全ての売り物が揃っているわけではないが、
おやき、稲荷寿司など、出来た物から売られている。
当然、出来たてであるから、まずかろうはずがない。
昼飯用に買って行くのだが、なにか得をした気分になる。
こういう楽しみは、コンビニでは味わえない。
売り切れ閉店だから、帰宅の際にはもう店は閉まっている。
得をした気分というのは、売り切れの時が多いからである。

団子屋の おやきが並ぶ 八時前

■10月16日(水)

涼しさが寒さに変わる 十三夜 
仕舞い忘れの 厚物を着る

秋から冬にかけて 何故か特有の匂いがある。
実際に何かが香っているわけではないのだろうが、
「あぁ、冬が来るんだな・・・」という嗅覚である。

この感覚は、上京した一年目に埋め込まれたようだ。
あの目白通りの風景は、秋と共にやってきたのである。
つまり自分にとっての、セーシュンの匂いなのだろう。

■10月15日(火)

今日の健診はヒドイものだった。
血圧は上がるし、視力は落ちているし、聴力は衰えているし・・・
バリウムは出てこないし、問診では脅かされるし・・・

そもそもあの角度のある動きに、身体がついていきません。
「そこで左を向いて」なんて言われても。頭がずり落ちそうで、
自分を支えているのがやっとですわい。もう年齢じゃのう・・・

夕方、インフルエンザの予防接種を受ける。
昨年、品切れで受けられなかったので、早めに行ったのだ。
その後、ビールを呑んでバリウムを掃除するつもりだったが、
注射をした夜は、酒を呑んではイケマセンと言われた。

■10月14日(月)

明日は職場で健康診断です。

検便と 聞いた途端に 出なくなり

金田正一という大投手は、健康管理にもかなり言及していて、
(そういう話しをするのが好きだったようなところもある)
快食・快眠・快便を心がけるようにと、よく語っていた。

何のことはない、これは人間の三大本能で、
食欲・睡眠欲・排泄欲の事なのである。
ちなみに性欲は、命に関わる事ではないので、除外出来る。

この心掛けは、実に単純な事なのだが、
これが、苦食・苦眠・苦便であったら、非常に困るので解りやすい。
そういえば昔「金田式健康棒」というのがあったが、どうなっているのだろう。

■10月13日(日)

昨日は自宅で待機。
近所には川もあるので、気になっていた。
埼玉では氾濫した川もあるので、傍観ばかりも出来ない。

気休めではあるが、埼玉ライオンズには頑張って貰いたいのだが・・・
(これを書いている時、試合後半で劣勢)
すぐ近くに球場があり、昨年の事もあるからだが、
どうも地域的にはあまり盛り上がっていない気がする。

■10月12日(土)

※本日の月例会は、台風の影響を考慮し、中止致します。

■10月11日(金)

今日の夕刻、治療院にいく。
膝にまだ力が入らないのだが、肩も凝っていると言われた。
あまり自覚は無かったが、PCの作業の為かもしれぬ。
先生は身体を触った上で言っているのである。
職場では荷物整理が続くため、足腰が治ってくれないと困る。
触った上では、腿の状態はかなり回復しているとのこと・・・

※明日の月例会は、台風の影響を考慮し、中止致します。

■10月10日(木)

先生は 激辛カレーを 顔に塗り

そんな勿体ない事をするものではない。

表現は 不自由にして 超満員

何しろ券が買えないという・・・興業としては大成功。

所沢 去年の悪夢 よぎるなり

あのCSというのは、何とも腑に落ちない制度だ。

始めから 巨人にいれば 500勝

弱い球団にいたからこそ、頑張れたのかもしれません。

※10月12日の月例会は、台風の影響を考慮し、中止致します。

■10月9日(水)

今週から、円盤月例かが第二土曜日となったのですが、
いきなり台風の上陸が予想される時間帯となってしまいました。
こういうものは、当日にならないとどうなるかわからないのですが、
交通機関に影響が出て、御客様に迷惑が掛かる事もありえますので、
店長と話し合い、大事を取って今回は中止する事になりました。

という事で、
10月12日(土)の円盤月例会は中止致します。

急な決定で申し訳ありませんが、どうぞお間違えの無いようにお願い致します。
またの機会に御来場を賜れば、幸いに存じます。

■10月8日(火)

先日、野球とラグビーを交互に観ていたのだが、
やはり野球というゲームは特異なものだと思った。
ラグビーやサッカーは、単純に言えば全員で攻めて全員で守るが、
野球というのは極端に言えば、個人勝負の積み重ねで成り立っている。
もちろんチームプレイもあるのだが、どうしても個人に依る所が目立ってしまう。
特にTV中継は全体で撮らないので、ますますそういった感じがする。

見方によっては、非常にストレスを感じる内容の時もある。
結果が解ってからVTRを観たりするほうが、気楽に楽しめるようにも思う。

■10月7日(月)

色々と書き出せば書くことはあるのかもしれないが、

何言うに 口重く 秋の雨

こういう時は、ひとたび話し出すと、妙にお喋りになったりする。

話し相手 求むるも 実は聞き役を 求ム

聞き役も 居ないときには それなりに 冷えたビールで 口を湿らす・・・ハァサテコソ

■10月6日(日)

本日は 十月六日の 日曜日

付け句= ただそれだけと 言えばそれまで

明日は 十月七日の 月曜日

付け句= ただそれだけと 言えばそれまで

鶏挽きと水菜を入れて 出汁をはり 付け汁にして 饂飩喰いけり

付け句= これが今夜の 夕餉なりける

■10月5日(土)

珍しく メールが二通 届きけり

秋晴れに タオルケットを 洗いけり

夕飯に 塩鯖二枚 焼きにけり

どうも句を詠もうとすると、けりで終わりたくなる。
本当はもっと普通にすれば良いのだろう。
届いてる、洗ったよ、焼きました、で良いのかもしれない。

それでも、無理矢理にケリを使うのも面白い。
ケリをつける、とはこういう事なのだろう(これは本当)。

■10月4日(金)

夕刻、久し振りに銀座の画廊へ、知人の個展を観る。
その後、久し振りに銀座の雲呑麺を食べる事が出来た。
その店に入れないときは、Sのビーフカツか、Rのグラタンと決まっている。
決まっているから、迷わないが、以前のYという蕎麦屋があればなぁ・・・
場所を変えて営業はしているようですが、建物が良かったのでね・・・
今は蕎麦が食べたいときは、Kを利用するが酒類は置いていないのです。

■10月3日(木)

今の時季は夏の疲れが出る頃・・・
と云われているが、夏日のような日がまだある。
それで夏の疲れも引っ込んでしまうのだろうか。
そんな中でも、夜明けは遅くなり、日暮れは早くなっている。
冬物はまだ登場しないが、もうそんな季節にはなりつつある。

■10月2日(水)

家庭菜園で出来たというジャガ芋を頂いたので、
肉じゃがを作ってみたのだが、我ながら美味しくできた。
たいした事はしていないので、芋そのものが美味しかったのだろう。

アゲイン料理ショーでも「ニック・ジャガー」といって作った覚えがある。
最近の事だと思っていたら、サイトをみるとなんと2009年ではないか。
10年前の事なのに、せいぜい2〜3年前と思っていたのだからアキレタモンダ。

作り方は当サイトに出ていますが、今日作った物の特色は・・・
肉は合い挽き、シラタキは結び・・・それだけです。
ただこれが中々良い味を出すので、お試しを。
こういう料理をするという事は、夏頃より回復しているという事かもシレマセン。

■10月1日(火)

八王子の古本屋で、古い将棋雑誌を二冊買った。
一冊が百円だったので、払いにいくと二百十円だという。
おや、今日から消費税が上がったので十円少ないのでは、
そう思って聞き直してみると、
本の最後のページに手書きで値段が書いてあって(古本屋ではよくある)
それが105円と書いてあるわけだ。

別に加算してもよいのだが、いちいち直すのが面倒なので、
書いてしまっている本は、その値段で売るという事だ。
つまりそこにある本の殆どが、消費税5%のままだったのである。
8%の期間も長かったと思うのだが、何となく古本屋らしいおおらかさで、
それはそれで良いではないか、と思ったわけである。

■9月30日(月)

中国の詩人の問題です。

1.いつも歩いている人は・・・

2.相撲が好きな人は・・・

3.遠くの親戚は・・・

答え = 1.トホ 2.ハッキョイ 3.トーエンメイ

■9月29日(日)

先日、マンダイという魚を煮付けにした。
切り身のバラが安く売っていたので、試してみたというわけだ。
その時は、マンダイがどういう魚か、まったく知らなかったのだが、
見た目からして、カジキマグロのようなものだ、と判断していたわけだ。
実際、魚だしと生姜で煮て、大体思ったような味だったのだが・・・

実はこの魚「アカマンボウ」と呼ばれている深海魚だそうで、
タイの仲間でもマグロの親戚でもないらしい。
しかもかなり大きな魚らしく、刺身であればマグロと同じような味だという。
深海で穏やかに暮らしていたとすれば、気の毒な事であるが、
味そのものはとても食卓に向いているので、もしも売られていたらお試しあれ。

■9月28日(土)

超大作 「むにょむにょ姉さん」 (要推記録+節付け) 

むにょむにょ 姉さん
今頃どこに
あの日のむにょむにょ 忘らりょか

へちょへちょ 姉さん
今でも同じ
あの日のへちょへちょ なおのこと 

れろれろ 姉さん
今さらながら
あの日のれろれろ もう一度

ちゅぱちゅぱ 姉さん
それみた事か
後からちゅぱちゅぱ 欲しくなる

■9月27日(金)

思い出じいさん(要推考+節付け) 

思い出じいさん もう日が暮れる
覚えているやら いないやら
そのうち どうでも ヨロシクなった

思い出 ばあさん もう夜が明ける
忘れているやら いないやら
そのうち なにかが オナジクなった

思い出猫さん ひょろひょろ歩く
気付いた時には この家に
今では この家の アルジになった

■9月26日(木)

寝る前に 炭酸水を 飲みにけり

寝る前に 五手詰めひとつ 解きにけり 

付け句・・・すぐに解らず 寝不足となる

■9月25日(水)

今月も 二十五日と なりにけり

付け句・・・ 明日になれば 二十六日

私としては、こういうものを秀句と思う(勝手に)。以前の

食パンに クリームチーズ 塗りにけり

も、かなりヨシヨシだと思う(勝手に)。
何故かと言えば、人を感心させようという気配がまったくないからだ。
これを歌詞にすると少しひねりたくなるので・・・

食パンに クリームチーズ ぬらりひょん・・・となる。

■9月24日(火)

T美大にて、所属する学科教授の退任展があった。
御世話になった先生なので、去られるのは惜しい事だが、
大勢の人が集まって、とてもよいレセプションでありました。

■9月23日(月)

相撲 テニス ゴルフ 野球 そしてラグビー 等々 
話題が豊富なのは、さすがにスポーツの秋という事でせう。
こちらは、太股の痛みを抱え、約二月・・・
以前に比べれば、かなり回復に向かっています。
何より、痛みで夜中に目が覚めるのがなくなりました。

ただ、膝に痛みが移り、普段通り力が入らない状況です。
足の屈伸が出来ないので、ひょいと立ち上がるのは無理。
電車の中で立っているのは、なかなかきつい事で、
階段をまたぐ駅は、敬遠したくなります。
やはり車内で席を譲るというのは、根拠のある事なのです。

■9月22日(日)

秋の空 白い花 香炉の煙 彼岸にて
 
■9月21日(土)

ラグビーのワールドカップが始まったそうだ。
競技のことはよく知らないが、同じ種目に各国が集うというのは面白い。
見始めていけば興味も沸き、かなり盛り上がるのではないかと思う。

選手の体型をはっきり変えてしまう競技と言えば、相撲とラグビーだろう。
野球やサッカーの場合、見ただけでは何の選手かは判別出来ないと思う。
もちろん、それなりに見合った体型は、何の種目でもあるのだろうが・・・

よく柔道家の中には耳が潰れている人がいるが、あれは寝技の影響であろうか。
女子の柔道家も、そうなってしまうのかどうかは知らない。
最近入閣して大臣になったスケート選手も、往年は素晴らしい太股をしていたはずである。
政治家には脚力が必要なのかも知れない。

■9月20日(金)

本日は高円寺円盤にて月例会がございました。
御来場を頂いた御客様には、暑く御礼申し上げます。

■9月19日(木)

昼頃、久し振りに都心に出掛けたのだが、
情け無いことに、すぐに疲れてしまう。

歳を経て 行動範囲 狭めけり

歳を経て 疲れる前に 疲れけり

話しが終わらない内に 言いくたびれて 秋の月

ストレッチ クタビレッジで ツカレッチ

秋の日盛り 寝てる時だけ元気 

明日は、円盤月例会があります。
秋の歌を中心にお届けする予定です。
御時間がございましたら、お立ち寄り下されば幸いです。

■9月18日(水)

秋の夜に だんだん 眠く なりにけり

以前は「宵の口」などと言って、むしろ冴えてしまい、
何だかんだと夜更かしをしたものだが・・・
今はすぐに眠くなって、翌朝を想定してしまう。
眠いものは仕方がないが、何となく勿体ない気もする。

秋の夜は いよいよ 眠くなりにける

秋の夜に 結局なにも 手に付かず(シカルベキカナ、シカルベキカナ)

■9月17日(火)

秋という事なので、一人句会・・・・・

食パンに 薄切りハムを 乗せにけり   

食パンに クリームチーズ 塗りにけり   

食パンに ミックスジャムを 付けにけり  

今週の金曜日は、高円寺円盤で月例会があります。
何となく未発表の曲を幾つか掛けてみようかと思っています。
御時間がありましたら、どうぞお出掛け下さいませ。
なお、来月からは第二土曜日に移行する予定なのでお気を付け下さい。

■9月16日(月)

何人かの友人から、「映画を観た」とのお便りを頂きました。
楽しんで頂いているようで、やはり映画そのものが面白く出来ているようです。
「痛快!娯楽時代劇」というところでありましょう。
今後はDVDなどにもなるのでしょうが、関わった者としては、やはり大画面で観て頂きたいですね。
これから涼しくなれば映画日和、秋のひとときに御高覧を賜れば幸いです。
敬老の日には、親子連れでどうぞ!

■9月15日(日)

今週は土日が出勤だったので、ケッコウ疲れました。
休みの日は色々とやる事があるのですが、ついついヤリスゴシ・・・
タマルタマル 目の前に 溜まってそれでオシマイサ・・・
されど私の・・・・・と、歌ってしまいたくなります。
わかんねぇだろうなAAAAA・・・

■9月14日(土)

水曜日に職場で、落雷による停電があったと書いたが、
どうも雷が建物に直接落ちたらしい・・・という事がわかってきた。
実際に屋上の角が砕けていて、喰いかじったようになっている。
もしもその真下にいれば、破片が落ちてきたかもしれず、危ない事だった。

近くには避雷針があったのだが、必ずそこに落ちるわけではないそうだ。
その影響で変電が壊れて、停電となってしまったらしい。
それにしても、落ちたときは、かなりの大音であった。
「ナルホド(鳴る程)・・・」と言いたくなるところである。

■9月13日(金)

意識的にストレッチを続けたお陰で、以前よりは身体が利くようになってきた。
ただし、多少は「ひっぱり痛」のようなものが残るので、加減が難しい。
ゴム紐を思い切り引っ張って、そのまま縮まなくなっては、たまったものではない。
伸びきったゴム紐は、実に切ないものである・・・

■9月12日(木)

昨日の停電は、電柱付近に落雷があった為に生じたらしい。
それにしても、こういう事にも備えておかなければならないだろう。
といいつつも、非常食など揃えても、賞味期限が切れたままになっていたり、
電灯を使うときになって電池が水漏れしていたり、そんな事が多くなる。
水は汲むよりも、汲み変えるほうが手間が掛かるものだ。
いっその事、「富山の薬」方式にして、一定の期間でメンテナンスをしてくれる
「非常グッズレンタル」という商売が出てこないものかと思う。

■9月11日(水)

近年の猛暑の際、冷房が故障したらと思うと、ぞっとする。
それに近い事が、台風による停電という形で起きているから大変だ。
昨日の暑さの事は、既に延べているが、それほど呑気にしてもいられない。

というのは・・・今日の夕方は職場に居て、強い雷雨に見舞われた。
バン!と雷が落ちたと思いきや、ばったり電気が落ちてしまった。
当然冷房は止まったままだし、冷蔵庫だって切れてしまう。
結局、自力では復旧出来ずに、帰る時はその状態のままであった。

■9月10日(火)

秋らしくなったと見せかけて、今日の暑さはさすがにマイッタ。
マイッテも仕方がないなら、せめて歌にならないかと・・・

秋らしく なったものよと 見せかけて まだ冷めやらぬ 夏の残り陽

今日は非番だったので、昼時は蕎麦屋にあった。
グラスビールというのがあるのだが、これがまた旨い。
昼間の酒は後でだるくなるのだが・・・そこまでの量ではない。

暑い日に 何もやる気が 起きぬなら いっそ麦酒に 先を委ねる

■9月9日(月)

めひょりげ めひょりげ めひょりげす
めひょりげ くわえて めひょりはほりの めへひょりす

はへひょひ はへひょひ はへひょひす
はへひょひ おさえて はへほひわすれの はへひょりす

ふへはら ふへはら ふへはらす
ふへはら きかして ふへはらかたぎの ふへはらす

(要作曲)

■9月8日(日)

結局、人生の大半は雑用に追われているようなものだ。
衣食住にまつわる事を自分でしていれば、常に動き回っている事になる。
この雑用なるものをしない人達を、貴族と呼んだのではなかろうか。
光源氏が下帯を洗ったとは考えられないし・・・

ゴミもホコリも自分からは退場してくれないし、汚れた衣類は勝手に綺麗になる事は無い。
どんなに便利になったとしても、お湯くらいは沸かすだろうし、食器も洗うだろう。
しかも自分だけのものならともかく、他の人の物までとなると、まさに雑務!雑事!雑用の連続となる。
花を買ってくれる人はいても、水を取り替えてくれる人は案外と少ないものだ。
花を飾るためには、部屋の掃除から始めなくてはならない事もある、これはタイヘンダ。

あの人は綺麗好きだ、などというのはかなり虫の良い褒め言葉で、
誰もやらないから仕方なくやっているだけかもしれないのだ。
自分の町内でも、迷惑きわまりない不法投棄を、誰かは知らねど片付けてくれる人がいる。
そんな事の愉快であろうはずがない。

TV、パソコン、スマートフォンと、ある一定の画面に集約する機械が人気を得てきたのは。
画面だけ見ていれば身の回りが散らからない、片付けの必要がないからかとも思う。

「おい、そこんとこ片付けとけ」・・・もう、こんな台詞はなくなりましたでございます・・・

■9月7日(土)

香港・逃亡犯条例の改正案を撤回
英国・離脱延期法案を可決
日ロ首脳・領土交渉進展無し
ソウル・釜山・不買条例を可決

などなど、世の中いろいろ有るにせよ・・・
そろそろ旨い日本酒で何かヤリタイモノダ。

その事では、今年はサンマが不漁だそうで、
例年の三倍近い値段になると言われている。
これとて、アルニセヨ・・・の類に思ってしまうのは、
自宅で作れる「塩焼き」に、さほど期待していないせいか・・・
どうも家庭用のグリルでは、思ったように焼けてくれないのだ。

秋になったら、秋刀魚、秋刀魚と言っておきながら、
自宅で煙を出す事に、猛然と憤慨したのは、他ならぬ日本人なんです。

■9月6日(金)

昨日、杖を買ってみた。
たまたま百円ショップに二百円で売っていたのである。
(これはこれで妙な言い方ではあるが・・・)

今までは傘を杖の変わりにしていたが、やはり先が細いので、
安物でも杖の方が使ってみると安定している。
歩いているときより、ただ立っている時の支えになるのが良い。
信号待ちをしている時など、これがあるとかなり楽である。

そのうちもう少し高い物が欲しいと思っている。
イギリス風のステッキなど、いったい幾らくらいするのだろう?
あれもひとつのファッションで、護身用でもあるらしい。

■9月5日(木)

最近、俳優の渥美清氏が詠んだ俳句の本を読んだ。
俳号を「風天」といったそうで、幾つかの句会に参加していたそうだ。

私は挨拶句のようなものは、いい加減に吐く事はあるが、
句会というようなところへ顔を出した事は無い。
そもそも作品として考えていないし、批評して貰った事も無い。

それでもこの本を読むに、句会というものは楽しいものらしく、
俳句はきっかけで、仲間に会いに行くだけでも、良いものだそうだ。

■9月4日(水)

めげちょろ めげちょろ めげちょろぴん
季節はめぐる めげちょろぴん

こけちょろ こけちょろ こけちょろぴん
ここまできても こけちょろぴん

しょげちょろ しょげちょろ しょげちょろぴん
しおれてしぼむ しょげちょろぴん

(要作曲)

■9月3日(火)

治療院で身体を動かすように言われているので、
適当にストレッチなどを試みている。
内容は以前ストレッチマンから教わったものが多い。
「ぬは、ぬははははは・・・」というやつ。

こういうものは、ツボにはまると気持がいいのだが、
やり過ぎてかえって痛くなった事もあるので、加減がいる。
また、右と左で同じ事をやってみても、同じ感じにならない事がある。
やはり身体も長く使っていると、両側に違いが出てくるのだろう。

■9月2日(月)

もうすぐ消費税が上がるというのに、
いわゆる駆け込み需要というのは少ないようだ。
無理して物を買うこともない、という気運があるのかもしれない。
何だかんだと税率が細かく別れるらしいが、それを気に掛けるのも億劫になってきた。
こうしてだんだんキャッシュレスとやらになっていくのだろう。

それにしても、紙幣の内訳というのは、半世紀くらい変わっていない。
生まれた時から、一円玉が最小で、一万円札が最高である。
この為か、一万円札や千円札が、お買い物にある種の目安を付けていた。
「一万円札を崩すほどでもない」とか、「千円以内にしておこう」など。
財布の中の金銭を、視覚的にバランスを取ろうとするのである。
これが案外に無駄遣いを減らしているのではなかろうか。

■9月1日(日)

今日も又 足の痛みの 事ばかり 何か他には 書く事も無し

という事で、朝からフクラハギが冷えて、力が入らなかった。
モモからヒザ、ヒザからハギへ、色々な所が痛くなる。
明日から新学期なので、伸びていた無精髭は剃ってしまった。
ダマシダマシやっていくしかなさそうである。

■8月31日(土)

久し振りに昼食を知人とした。
ビールも飲んだので、色々と話しも出来た。
最近では、こんな事さえも、なかなか出来なくなっている。
やはり会話は必要な事だと思う。
逢って頂いて感謝しています。

トランスワールドの田中さんが、さっそく映画を観てくれたそうで、
感想をメールで送ってくれた。
良く出来た「エンタメ作品」だと書いてくれました。
とにかく楽しめる映画だと思いますので、ぜひ劇場で御覧下さい。

■8月30日(金)

整形外科とは別に、接骨院にも通っています。
低周波と軽い指圧、電動のマッサージをするのですが、
病状は下半身でも上半身の運動をした方が良いと言われています。
繋がっているのだから、当然といえばそうですね。
今日は先生から、先月よりは肩の辺りが安定してきた、と言われました。
膝の辺りは、まだガクガクしています。
時々、ミシミシいうような音がする・・・気がします。
そして各所がツンツン痛むわけです。

夕方、映画の劇場用プログラムが送られて来ました。
そういえば、今日が公開の初日でありました。
なかなか内容の多いプログラムで、良く出来ています。
劇中歌の歌詞も掲載されているので、有り難い事です。
ぜひお手にとって御覧頂けたらと思います。

■8月29日(木)

もともと暑い時季というのは、頭の回転が鈍るようで、
それならば海山で身体を鍛えるとか、帰省を含めて旅行をするとか、
普段とは別のことをしていなさい、というのが夏休みであったそうだ。
ところが現代では、勉強でも労働でも、四季を通じて、
同じように活動しなければならなくなってしまった。

休むというのは、本来必要な動きで、無駄な事では無い。
少なくてもすむ人もいれば、人より時間の掛かる人もいる。
それにしても、やはり暑い夜というのは疲れが抜けにくい。
冷房も昼寝には良いが、就寝には違和感が伴うものだ。

そうして涼しくなれば、読書の秋、芸術の秋と自然になるのに、
最近はその辺を見失っているような気がする。
「今、オフです」と、普通に言えたら良いのに、と思うのだ。

■8月28日(水)

公的年金の財政検証とやらが公表されたそうだが、まず気になったのが、
現役世代の平均収入を、手取で月35万7千円としているところ。
手取りでこの金額であれば、給与設定は40万以上になるはずで、
「そんなに貰っているかなぁ・・・(平均だよ)」というのが、素直な感想。
確かにそのくらいは必要だろうけど、もっと少なくてもやっている人達はたくさんいる。

それとも自分に「貧乏」という自覚が足りなかったのだろうか。
社民党など、年収150万以下の人が多数いる、と主張していたはずだ。
ワーキングプアという言葉は、いったいどうなったというのだ。
安い発泡酒が売れて、令和までゴールデンバットがあったのは何故か。
第一、これだけ平均収入があるなら、教育の無償化など必要だろうか。

金持ちと言われれば否定して、貧乏と言われれば怒る、そういう了見はイカガナモノカネ・・・

■8月27日(火)

ここ数日、朝方は冷房無しでも寝ていられる暑さだった。
もっとも設定は、31度の除湿(実際はもっと低くなる)と極めて弱め。
それでも冷房無しの方が、ゆっくりとしていられるのは、
痛む足も冷えないし、その方が自然だからだろう。

今日は職場での冷房が、やけに効いていて、神経痛でも出そうなくらい。
腿を冷やさないように、エプロンをしていた。
夏の間は、暑さと寒さに耐えなければならぬ・・・困ったものです。

■8月26日(月)

今朝の通勤時に駅の階段を上るとき、膝に何かあったらしく、
以後、痛みのため、普通に階段が上れなくなった。
ただでさえ、腿の傷みで落ち込んでいるのに何たる事か。

最近は前向きにストレッチなどをして、筋力を補っていたというのに。
(この私が前向きなどという言葉を使うとは、かなり弱っている証拠)

少し改善してきたと思ったので、サポーターを付けずに出掛けたら、コノザマ。
せめて眠っている時に、痛みで起こされる事だけでも、治って欲しい。
「マタネテナクノカヨ〜」という歌を思い出してしまう。

足はフラフラ 膝はガクガク 心メソメソヘトヘト〜
(東京ブギウギのメロディで歌って下さい)

■8月25日(日)

下手の横好きというのだろうか。
強くもないのに将棋の本をたくさん持っている。
数えた事はないが、百冊以上はあると思われる。

こういう本は、それで学ぼうとしたら、たくさん買っても意味が無い。
読まない参考書のようなもので、簡単に理解しきれるものではないからだ。
それがわかっていて、どうして増えてしまったかといえば、
殆どは古本であり、手に入りにくいものも多く、ついつい古書店で購入してしまうからだ。

傾向としては、昭和二十年代から五十年代のものが多く、
自分にはその時代に対する郷愁のようなものがあるからだろう。
結構珍しい本もあるから、つまりはコレクションという事になる。
少し古いので、書いてある差し方は、現在では型落ちとなっているものも多い。

ただ、自分では差し将棋より観戦する方が好きなので、
棋譜の流れを図面を見ながら眺めていれば、それで良いのである。
もちろん棋力がないから、細かい所までは解らない。
しかし解らないという事なら、野球だって相撲だって、
どのみち素人には解らない領域が必ずあるのである。
解ったような気になって、楽しめるならそれで良いではないか。

■8月24日(土)

食前に飲む薬とというのは、うっかりしがちで、
気が付くと何かを食べてしまっていたりする。

日常の食事といっても、タイミングで食べる事が多いので、
いつが食前なのか、決まった時間があるわけでないからだ。
特に食事の30分前などと言われても、なかなか守るのは難しい。

そんな事で、飲みそびれては、仕方なく食後に服したり、
そのままにしたりして、悔やんだりしている。
それならば、食間の方が、まだ解りやすいだろう。

その点、食後というのは解りやすい。
たいがい食後には一息すくものだから、薬の事を思い出す。
それが締めにもなっているようなところもある。

■8月23日(金)

本日整形外科ニテ診察治療ノ事
診療ニ於イテハ下記ノ通リ

処置/消炎鎮痛等処置/低周波・超音波
麻酔/トリガーポイント注射
調剤/内服薬以仁湯エキス顆粒
  ノイロトロピン アドフィードパップ

このトリガーポントというのは、痛みの集まる箇所。
そこに筋肉注射をするから、結構痛いですよ。

日中起きているときは、ある程度気力で動くことが出来るが、
せめて、寝ているときくらい痛みが治まっていて欲しい。
とにかく何度も痛みで起こされるのが、辛い。

■8月22日(木)

昨晩の雨のせいで、少しは気温も下がったのか、
普段では居られないような部屋でも仕事が出来た。
こうして涼しくなってくれば、持ち直してくると願うところ。

あまり人前にていないので、無精髭がそのままになっている。
驚いているのは、髭に白髪の多いことだ。
ブチの髭なので、あまり綺麗に見えない。
秋には剃るだろうが、こういうところを見ても、年齢は正直なものである。

■8月21日(水)

夜は何度も目が覚めるので、当然日中は眠くなる。
本音を言えば、わずかでも仮眠出来なければ、夕方まで持たない。
身体が利けば、動き回って、眠気が解消できるのだろうが・・・
こんな事しか言えないのは、かなりマイッテイルという事だ。

曇天我ヲ覆イ  気分尚モ優レズ
酷暑鋭気ヲ奪イ 足取リ更ニ重シ・・・デス

■8月20日(火)

「そろそろ創作活動に戻った方が良い。
つくる人がつくらなくなると、どこかがおかしくなるものだ・・」

先日、こう言ってくれたのは私の兄である。
さすがに身内だけあって、よく見ていると思う。

■8月19日(月)

毎晩、寝ている際に大腿部の痛みで起こされる。
眠っていると足を動かさない状態になり、それが痛みを呼ぶようだ。
その時は痛みが牽くまで、のたうち回っているしかない。
これが一晩に三回はあるので、なかなか安らかな睡眠ともいかない。

今は少し考えを変えて、リハビリテーションを意識している。
例えば、最近は自転車を漕ぐようにしている。
違う筋肉を使う事で、傷む場所をずらし、機能回復を狙うわけだ。
うまくいくかはわからないが、このままではどうしようもないので、
何とかしなけりゃいかんのであります。

■8月18日(日)

こう暑いとどうしても食欲が無くなるが、
冷たい物ばかり取っていると、やはり弱ってしまう。
自分は今、足腰を痛めているので、調理場に立つ力が無い。

しかし、お互いにそうも言ってられないので、お勧めするのが、
最近はインスタントで出ている「トムヤンクン」のスープ。
フォーという春雨みたいなのが入っているのもある。
とにかくお湯を入れるだけだから、そこまでは頑張って下さい。

辛みが食欲を誘い、塩分が取れて、酢が疲れを癒してくれる。
市販のおにぎりと一緒に食べれば、取りあえずの御食事になるでしょう。

■8月17日(土)

最寄りの商店街の通りで、阿波踊りの大会があった。
駅までの通りは相当な人出で、14の連が参加したそうだ。
記録的な暑さの中で、あれだけの運動量を披露するのだから、
随分と大変だと思うが、楽しそうにされているから、面白いのだろう。
特にあの腰を落とした足の運びや、つま先でのめるように進む動き、
とてもじゃないが真似の出来ないカタチである。

それでも自分は三味線は弾けるので、参加は出来るかも知れない。
ただ、阿波踊りの三味線は、ちゃんと弾いているのはわかるのですが
ほとんど音が聞こえてこないのですねぇ・・・。
笠を被ったお姉様衆は、皆さん笑顔が素敵で、実に良い眺めです。

■8月16日(金)

自宅から一番近かったマーケットが先月閉店してしまった。
基本的には八百屋だが、魚屋も入っていて、肉類も酒類もあった。
かなり利用していた店なので、なんだかがっかりしてしまった。
その店にしか売っていない商品が、かなりあったからである。

今の町も、だんだんとどこにでもあるような店舗ばかりになってきた。
こうして世の中は人々を、コンビニ人間に仕立て上げていくのだろう。
同じような物を食べて、同じような物を着て、同じような物を考える。
その方が楽だという事であれば、とても淋しい話しだ。

■8月15日(木)

毎日毎日、足の痛みの事ばかりで、情け無い。
それでも昨日、映画「引っ越し大名」のサントラ盤CDの見本が届いた。
作品としては、もちろん兄のもので、シーンごとに分けてあるから、53曲もある。
その53番目の「引っ越し唄」が、歌:上野茂都となっているわけです。
劇場でも販売されると思いますので、興味のある方はぜひお聴き下さい。

■8月14日(水)

杖を持っているわけではないので、傘で代用している。
今はこれがないと外出が出来ない。
この時季、突然雨が降ったりするから、備えにもなる。
立っているだけ、という状態も、かなり辛い。
また立ち上がる時も、一苦労である。
負担を掛けている為か、膝や腰も痛み出してきた。

テーピングをする事で、いくらか痛みが抑えられる事が判った。
それにより筋肉の方向を補正してくれるわけだ。
ただあまりやると皮膚がかぶれてしまって、どうしようもない。
まったく困った夏になったものである。

■8月13日(火)

昨日、吉祥寺武蔵野公会堂にて、
「伴瀬朝彦バンドライブ〜エモノを探して〜」を拝聴。
二時間休憩無しの熱演で、随分と曲数もありました。
今後ともますます活躍される事でしょう。
それにしても、子供連れのお客さんの多いこと・・・そういう年頃なのでしょうか。
愚生は杖をつきながら吉祥寺に到着、会場が広かったので良かったです・

■8月12日(月)

本日、吉祥寺武蔵野公会堂にて、伴瀬朝彦バンドワンマンライブあります。
御活躍で何より、ご成功をお祈り致します。

■8月11日(日)

表現の自由がどうしたこうしたと揉めているようだが、
そもそも表現の自由と公開の自由は分けて考えるべきでしょう。
ましてや公金を使って公開するのであれば、事前のチェックがあるのが当然。
その時点では双方に言い分もあろうから、存分にやりあえばよろしい。
どうしても出品が適わなければ、作家は自負で展示をすれば良いわけだ。
一度許可してしまってから、慌てて引っ込めたりするから、非難をあびるのではありませんか。

■8月10日(土)

足の痛みを理由に、なるrべく何もしないようにしていた。
DVDでイヴモンタンの「真夜中の刑事」を観た。

■8月9日(金)

大腿部の痛みが一向に良くならないので、だんだん落ち込んできた。
夜は痛みで何度も目が覚める。こんな事を二週間以上続けている。

■8月8日(木)

三泊の予定で帰省。
さすがに道路は渋滞で、通常よりかなり時間が掛かった。


■8月7日(水)

今日も帰宅時に診療所で低周波など当てて貰った。
その時は気持が良いのだが、痛みが無くなるわけではない。
特に夜中に傷み出すのが困る。

■8月6日(火)

昨日の診察の折、レントゲンでは異常なし。
結局病名は無く、筋肉というのはよくわからないらしい。
リハビリと称して、低周波、超音波を当ててくれる。
その後、両足に注射を打ち。飲み薬と湿布薬を出してくれた。

注射の効果なのか、痛みがぼやけてきたのは良いが、
足に力が入らなくなり、帰宅するのが辛くなってきた。
傘を杖にして遅々たる歩み、7分程度の帰宅路に30分以上掛かった。

■8月5日(月)

退勤後、駅前の整形外科で診察を受ける。
5時半に予約したのだが、2時間以上待たされた。
薬を貰って帰る頃は、9時近くになっていた。

■8月4日(日)

今は身体の状態が良くないので、御酒を呑んでいない。
ただ、この夜、鮨屋に入った時は、瓶ビールを注文した。
並寿司だけでは、何となく失礼かと思ったのである。
すると、中瓶と思っていたのが、大瓶が出てきたのである。
普段なら何という事も無いが、今の状態で全部飲むのは量が多い。
酔えば痛みも去るかと思ったが、何の関係もアリマセンデシタ。

■8月3日(土)

近所の公園で盆踊りがあった。
町内会が盛り上げているので、出店などもある。
最近はこういう催しが好きになっている。
焼きそばに缶ビール、かき氷なども楽しめる。
別に遠くまで出掛ける事も無い、そういうのが良いのです。

■8月2日(金)

ニュースなどで、連日猛暑!猛暑!猛暑!などとやられると、それでけで滅入ってくる。
そんな事誰でもわかっているじゃないか、何がニューズなのかね。
人を脅かして面白がってるようにも聞こえますよ、ホント。

■8月1日(木)

足を引きずりながらも、何とか出勤・・・
行くときはさほどでもなかったが、長時間座っているのはか大変である。
それでもやる事は溜まっていたので、集中している分、気は紛れる。

帰宅時、あまりの痛さに、近所の接骨院に行って観てもらった。
太ももに低周波を当ててくれて、身体を揉んでくれたのだが、
上半身の方に疲れが溜まっている、と言われた。

■7月30日(水)

太ももが益々痛くなり、どうしようもない。
明日出勤出来るかどうか、不安になってきた。

■7月30日(火)

8月に職場に復帰する為に、挨拶を兼ねて様子を見にいった。
自分の机の上が荷物置き場になっていたが、これはよくある事。
その後内科に寄り、血液検査後の診断を受ける。

■7月29日(月)

何故かは知らねど、大腿部の筋肉が痛むようになった。
土曜日に坂の多いところを長時間歩いたが、
ここまで痛み出すほどの事はしていない。

■7月27日(土)

T美大にて担当した実習の講評会。
通常は3時間の授業だが、こういう時は5時間くらい掛かる。
作品は屋外に設置してあり、台風が気になったが、なんとか治まった。

■7月24日(水)

「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」の3種の販売が10月で終了するそうだ。
いわゆる安タバコと言われる銘柄だが、むしろ令和の御代までよくあったと思う。

なぎら健一に「怪盗ゴールデンバット」という歌があり、その中で
「お前の値段はたった30円じゃないか」という歌詞がある。
私がタバコを吸っていた頃でも40円だったはずで、今は300円くらいするそうだ。
あんな小さな包みに、20本も入っているのが不思議な気がしたものだが、
なんとこの製品、明治39年からあるそうで、むしろ文化財と言ってもよいくらい。
ちなみに、わかばは1966年、エコーは1968年、しんせいは1949年の発売という事です。

■7月23日(火)

有楽町朝日ホールで「引っ越し大名」の披露試写会があった。
スタッフとして招待して頂いたのだが、劇場では試写室と違ったものがある。
壇上から俳優陣の挨拶もあり、盛況なものでありました。

■7月22日(月)

それにしても・・・「れいわ新選組」という党名、他に無かったのかと思いませんか。
この時代に「新選組」と付けますか・・確かに新しく選ばれたには違わないけれど。
どうしたって「加茂の河原に 千鳥が騒ぐ〜」となってしまうし、そうなれば武装集団だしね。
「維新の会」もある事だし、そのうち「天狗党」も現れるのではないかね。

■7月21日(日)

今回の選挙では、誰しも驚いたのが「NHKから・・」が議席を取った事ではないだろうか。
こういう主張は、そこそこ話題にはなっても、なかなか当選までにはたどり着かない事が多い。
今後、日曜討論にも出演するようにでもなったら、今までにない風景を見る事が出来る。

■7月20日(土)

T美大に出勤、咳が治まらないので薬を変えてみる。
あるメーカーの風邪薬だが、自分にはよく効くので助かっている。

■7月19日(金)

講談の神田松鯉先生が人間国宝に内定されたそうだ。
私が聴いていた頃は、前名の神田小山陽で、重厚で真面目な高座であった。
師匠の山陽が軽い芸風なので、この人が一番弟子というのがまた面白いのところだった。

その頃の講談に関しては、書き出せば切りがないが、今はもう世代が違っているので、
私のようなものは、昔日の余韻に浸っていれば良いような気がします。

■7月18日(木)

もうすぐ選挙なのであるが、以前ほどはアベ!アベ!と非難されなくなった気がする。
もちろん叫んでいる人達はいるが、もう既に任期は決まっているのだし、時は流れている。
そろそろ次の事を、考えなくてはならないのではないでしょうか。

足の引っ張り合いの果て、誰がやっても役不足、みたいにならないと良いのですが・・・
安倍外務大臣の可能性も考えられますが、誰も逆らえなくなってしまうでしょうね。
野党だって狙っているだろうし、人気に風が吹いで駆け上がってしまう事も有り得ますね。

何であれ「長期政権」の後に、すっぽりと穴の開いたような状況が来てはよろしくないと思いますがね。

■7月17日(水)

何だか知らないが、洗濯ばかりしているような気がする。
天候がジメチョロリンだったせいもあるだろう。

■7月16日(火)

首が回らない上に、コフコフと咳が出るようになり、相変わらず不調。

■7月15日(月)

東雲橋という所で一泊休み。
これがほんとのシノノメノストライキである。

■7月14日(日)

首が痛くて、普通の体勢では眠れない。
腕を横に伸ばして何とか眠っている。

■7月13日(土)

T美大でオープンキャンパスに出勤。
どういうものか首筋が張ってしまい、痛くて首が回らない。
クビガマワラナイというのは、こういう事でもある。
同僚の先生が治療の為の体操を教えてくれた。

■7月12日(金)

人生百年、百年安心などとやたらに言われるが、
そもそもそんなに生きられない人だって多いのだ。
長寿に至らない人々の気持ちも少しは考えた方が良い。

■7月11日(木)

石彫の実習の為、T美大に出勤・・・ナントカヤリオエル。

■7月10日(水)

老後には年金以外に2000万円が必要で、それに対しどうのこうの揉めているが、
そもそもあれは95歳まで夫婦で生きた場合、という例で出てきた数字なのである。
一般的に65歳から30年を想定している人は、少ないと思うがどうだろう。
しかも一人分で云えば1000万で1年で30万、それほどの額ではないのである。

以前、老後にはいくらあったら安心か、というアンケートがあった。
確か数千万という答えが多かったはずで、その歳でそんなにお金を使う気か、とも思えたのだ。
どの程度の暮らしを想定しているかは知らないが、欲を言えばきりがないのは当たり前だ。
その辺のことはゴーン元会長にも聞いてみるべきで、最低でも10億円と言うかもしれない。

■7月17日(水)

明後日は第三金曜日ですが、円盤月例会は休演となっております。
また、来月の円盤月例会とアゲイン余一会も休演となりますので、御了承ください。

■6月21日(金)

本日は、高円寺円盤月例会がありました。
御来場を賜り、誠に有り難うございます<m(__)m>。

■6月20日(木)

明日の21日金曜日は、高円寺円盤月例会がございます。
既にお伝えしたように、これを機に演奏活動は、しばらく休演させて頂く事になる予定です。

お忙しい中、皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

■6月19日(水)

ワードで作られた原稿を、入稿データに直している。
これがまた「悩ましい」作業なのである。
ただの文章なら楽なのですが・・・

■6月18日(火)

今週は21日の金曜日に高円寺円盤月例会がございます。
皆様の御来場を心よりお待ち申しております。

なお、事情により来月再来月の演奏会は、休演致します。

■6月17日(月)

単純作業というのは、時として精神の安定につながる事がある。
洗い物を洗濯ばさみにはさむ・・・こんなのは軽作業で助かる。
考えないでも出来るところが、かえって良いのである。

ただ、炊事というのは、単純作業と云えるかどうか・・・
ある程度「本気」にならないと、出来ないところがある。

■6月16日(日)

今年は珍しく、二回もメロンを食べた。
いつ切るか・・・この見極めはなかなか難しい。

■6月15日(土)

先日、将棋の羽生九段の勝利数記録が話題になったが、
この記録はいずれ到達するだろうと、思われていた。

ただただ「強い」と言えば、それだけなのだが、この人の場合、
「負けを引きずらない」というのが最大の強みのような気がする。
森内名人に何度も負かされても、毎年のように挑戦者になってくる。
挑戦者になるという事は、最強のリーグ戦で優勝しているという事だ。
そうして最後は、きっちりと奪還してしまう。

つまり強さの秘訣は、「時々は負ける」事にあるような気がする。
その年、その時の戦いというより、「長〜い勝負」の中の一場面・・・
と考えているのかもしれない。

■6月14日(金)

六月も 十と四日に なりにけり

さすがにこの繰り返しでは内容がなさすぎる。
しかし、結局はそんなものではないだろうか。
一日一日、針が動く時間は変わらないのである。
確実なことは時が過ぎていくことだけではないか。

十四日 お次の番だよ 十五日
(こういうのは、おそ松くん的なセンスだが、ワカルカナァ・・・)

■6月13日(木)

六月も 十と三日に なりにけり

■6月12日(水)

イラストレーター河村要助氏の訃報に接し・・・
そうそう、そういえば黒の50というウィスキーがあったなぁ・・・
CMではブラックファイヴオーと呼んでいたが・・・
レコードジャケットなどでも、随分手近にあった。
とにかく椰子の木を描いてしまえばこっちのも、という感じがした。
嗚呼80年代・・・という臭いがしてくる。


■6月11日(火)

昨日の雨では、傘を差していたが、結局膝まで濡れてしまった。
帰宅時に15分は歩かなければならないので、どうしてもそうなってしまう。
風があったので、横からも吹き込むので、防ぎようがない。

■6月10日(月)

昨日之続・・・・・・・・・
・・・ところが、この100円時計が意外に壊れない。
さすがに時々合わさないと、進んでくるが、それも許容範囲である。
自分でも電池が取り替えられるので、かなり長持ちする。
針が動くのよりも、デジタルの文字表示の方が壊れにくいようだ。

■6月9日(日)

私の腕時計は、セイコーでもシチズンでもない。
ダイソーである。

■6月8日(土)

炒飯を作る時、成功の目安は、味でも具でも何でもない。
作り終わったときに、フライパン(中華鍋)が綺麗になっているか、これに尽きる。
鍋が綺麗になっているという事は、火加減や油の量がウマクイッテイル事になる。
もっともこの場合のフライパンは鉄製のものであるが・・・

特に家庭のコンロでは火が弱く、なかなか難しい面があるのだが、
最近は自分なりに工夫して、少しだけ上手になってきた。

ただし焼きそばに関しては、まだまだ未熟で、
作り終えた後のサラサラ鍋にするのがムツカシイ。

■6月7日(金)

今週からパソコン作業をする時は、PCガードという眼鏡を掛けている。
(6月1日の記述参照)
気のせいか、それ以前よりは目の疲れが緩和されている・・・ような・・・気がする。
効能があるのなら、それに越したことはない。
とにかく目の奧からくる疲れは、ホントウに疲労感がつのるのでアリマス。

■6月6日(木)

TVの地方局で「ゆうひが丘の総理大臣」というドラマを再放送しているのだが、
これなどは自分が観ると、たまらず涙が溜まって流れてくるのである。

というのは、ロケ地として、自分の母校(T美大)が使われているからであって、
ドラマの舞台である夕陽丘学園とは、すなわち1979年のT美大であり、
自分が入学した頃と、バッチリ重なっている風景であるからなのだ。

画面ではどこにカメラを置いているのかも、わかってしまうほど懐かしい。
今でも校舎の一部は現存しているのだが、周りの景観がまったく違っている。
あぁ俺達もここで青春というものをしていたのだなぁ・・・とシミジミ・・・
ドラマ自体も昭和のテイスト満載で、タイムスリップさせてくれます。

ただしT美大の坂を下りていっても、海には出られません・・・

■6月5日(水)

まったく夏の蕪など買う物でない。
露地物で美味そうだから、無人販売で買ったのだが、
包丁を入れているうちに、こりゃ漬物は無理だと思った。
一言でいえば、硬くて苦い、水気も薄い、のである。

そこで煮物にして、出来るだけ長く煮ることにした。
こういう時には「味の素」が有り難い、
調味料は素材が悪いものを、そこそこに仕立ててくれるものだ。
あれを否定する人は、上級の素材しか知らない人である。

煮物には途中から「塩昆布」を散りばめてやった。
結局、そこそこのお総菜にはなってくれた。
おそらく夏の大根や蕪にも、それに合った使い方があるのだろう。
挽き肉などと煮れば、味がまろやかになると思う。

■6月4日(火)

日曜日に将棋の小学生名人戦を放送していた。
御存知の通り、この大会を経て、やがてはプロ棋士になる人も多い。
そう考えると、小学生とはいえ「名人戦」を名乗っているのだから、
もう少し持ち時間があっても良いように思う。
また、プロ棋士との駒落ち戦なども放送して貰えると有り難い。

■6月3日(月)

先日、日本橋亭へ向かうとき駅に早く着いたので、三越のロビーで時をつぶしていた。
久し振りに、佐藤玄々の(我々は朝山と云う)の天女像を観ていたのだが、
あのような空間が現存している事に、ある種の感動を覚える。

この作品も造形的に観れば、いかにもやり過ぎで、評価は高くないのだが、
そもそも意図的に過剰装飾にしているわけだから、これで良いのである。
ひとつひとつの工芸的な仕事を観ていくのが、鑑賞法のひとつだろう。
今時、こんなに贅沢な空間に置かれている彫刻が他にあるだろうか。

この三越、建物自体が重文に指定されているそうである。
だから、店内装飾を眺め歩きするだけでも面白いですよ。

■6月2日(日)

慢性的疲労症とでもいうのか、いつもグッタリしている。
兄に相談したら「速攻元気」というゼリーのようなものをくれた。

■6月1日(土)

パソコン作業の為か、目が疲れて仕方が無い。
PCガードという眼鏡があると知り、眼鏡屋に行ってみる。
半額2500円というのがあって、その値段で半額なのかと思ったら、
1250円という事であった。しかもフレームの変えまで付いている。
あんまり安いので、効果があるかどうか解らないが、取りあえず使ってみよう。
(掛けてもモニターの色は変わらないのだが・・・)