UENO SHIGETO NEWS DIARY
上野茂都(美術・音曲)の活動に関する情報サイトです

■9月21日(月)

敬老の日という事だが、もはや自分が含まれていてもおかしくない。
そんなわけで500円のフライパンをふたつ買った。
処分品なのだが、本当は倍以上の値段の品物である。

最近のガス台は、鉄のフライパンが使いづらいので、
ナントカ加工のものにしてみたのだ。
値段も値段だったので、気楽に使おうと思っている。

■9月20日(日)

なんだか、このところガクッと老けてしまったような気がする。
もうミリキが残っていないのかもしれない。
キウツ 時々ゲンキ そんな予報である。

■9月19日(土)

ときどき、昭和のウィスキーの味が懐かしくなる。
もちろん高級酒ではなく、当時は二級と呼ばれたもの。
安いウィスキーは、とにかく辛くて、コクも香りもない。
それでも飲んでいるうちに、後頭部が酔ってくるような妙な感覚があった。
そして時々、一級や特級を飲むと、やっぱり違いますね、という事になる。
そんなところも懐かしく思えるのである。

愚生はノースランドというのが好きだったが、既に売られていない。
この酒を紅茶で割って、よく飲んでいた事がある。
トリス、レッド、ハイニッカ・・・売られはているが、品質が上がったような気がする。
今となっては、当時の特級酒と値段があまり変わらないのだ。
ホワイトホースやカティサークより、ハイニッカが高いなんて、当時の人は驚くだろう。

そこで最近まで知らなかったが、サッポロウィスキーというのを買ってみた。
はじめだが飲んでみると、何となく昭和の味、二級酒の味がする。
それなのにジョニーウォーカーより値段が高いというのが、コンニチテキである。

■9月18日(金)

明日からの連休をシルバーウィークというそうだ。
ゴールデンより少し足りないという事だろう。
そこで

黄金(こがね)より 幾らか足りぬ 銀銭貨 

愚生は出勤日有りで、更に縮小。

■9月17日(木)

今年は月めくりのカレンダーが手に入らず、
12ヶ月入りのものが、部屋に一枚貼ってあるのだが、
それを見るに・・・
なんとまぁ、あと四分の一ちょっとしかないわいな。
なぁに時間よりも内容内容、内容が無いよう???
慌てず騒がずイキマセフデハナイカイナ・・・

■9月16日(水)

麻生氏や二階氏も、これだけ長くなると色々と言われるのは当然だが、
自分が八十代になったとして、どれほどの事がやれるのかと思えば、
とてもじゃないが、カナイマセン、カナイマセン、となってしまう。

気が付けば 土俵の外に 押し出され

■9月15日(火)

秋風や 今や秋刀魚も 高級魚 殿の所望に 異議は挟まず

時々は 無性に食べたい 焼き魚 部屋のグリルで 今ひとつかな

■9月14日(月)

ようやく涼しくなってきたようで、頭も少しは働くかもしれない。
前期はオンラインだった美大の方も、今週から出勤日が入る。
少しづつ立て直していければ、と思うばかり。

新総裁誕生という事だが、こういう時、注目されるのは組閣。
そして判で押したように「派閥に配慮」「総花的」「変わり映え無し」「女性が少ない」
等の批判が野党からあがるのは、毎度のパターン。

■9月13日(日)

総裁選もS氏確定という様相だが、他の候補者も頑張っている。
やはりS氏の場合は、現政権のリリーフという感じが強い。
他の二氏は次の先発を意識しているのだろう。
次期を狙うにしても、それほど先の事でもない、という読みなのかもしれない。
それにしても現総理が辞任を表明したのが、先月の28日。
体調は不安視されていたが、5日前に連続在職記録を抜いたばかり。

■9月12日(土)

疲れている時は、たいがい胃が弱っている。
そんなわけで、胃薬を買った。

■9月11日(金)

先日の古本市で、意外なことに将棋の本がまったく置かれていなかった。
現在はブームだから、内容に関わらずどこか他所で売れているのだろう。

将棋の本というのは出版数も多く、内容もすぐに古くなってしまうので、
入れ替わりが激しく、それだけに古本市などでは、いくらでもあるものだ。
それすらも無いのだから、やはりブームなんでしょうね。

■9月10日(木)

久し振りにSKIPの島本さんとお会いした。
もちろんペーソスのヴォーカルであるが、
昨年までは年回100回以上のライブがあったのが、
今年はコロナの影響で、月二回程度だという。
それだけやってれば普通のペースですよ、と思ったのだが・・・

私の方もこの様子だと11月7日のアゲインが年内にあるだけ。
本来は10月31日の枠だったが、私の仕事の関係で移行して貰いました。

■9月9日(水)

さすがに秋の日差しではあるが、かなり蒸し暑い。
残暑のうちに、出来る事もある。

まず「ところてん」を食べよう。
酢が食欲を増して、夏バテにも効く。
まだの人は「冷やし中華」を食べよう。
同じく酢の効用、家で作るときはシンプルに。
セーターを洗っておこう。
脱水をかければ、猛暑を幸いすぐ乾く。
どのみち、これから必要なもの。

■9月8日(火)

夜中に目が覚めてしまい、眠れなくなる。
こういう時は時間が経つのがやたらと早い。
静かに目を閉じて、などとしていると、ますます眠れなくなる。
しかもこういう時に限って、翌日は休みでない事が多い。
一度起きてしまい、活字でも呼んでいた方が早く眠れる。

■9月7日(月)

クタビレタ 逆さに読んだら タレビタク

■9月6日(日)

昨日今日と、久し振りに所沢の古本まつりへ。
まつりと言っても、人混みがあるわけでなく、涼めるくらい。
現代漫画大観など、持っていない巻があり、ほとんど揃ってしまった。
現代と言っても出版は昭和三年とあり、今のところ八巻が抜けている。

時々持っている本を買ってしまうこともある。
これは同じ本でも装丁が違う物があり、つい手が出てしまう時である。
今回もうっかり関根黙庵の本を、持っているのに買ってしまった。
といっても発行年も違い、装丁も変わり、後書きも改訂されている。

■9月5日(土)

朝食にパンを焼いて、ハムが食べたくなったとする。
以前なら、ちょいとコンビニまで買いに行ったりもしただろうが、
この残暑の中、いちいちマスクを付けるのも面倒になる。
そこで、有り合わせで済ませるとなった時の一品。

1.食パンでもロールパンでも二切れに切る。
2.切った面にトマトケチャップを盛る(塗り込まないこと)。
3.そのままオーブントースターで焼けば、香りも良く、食欲も出る。
4.粉チーズやパセリをふれば、ナポリタントーストの出来上がり。

■9月4日(金)

未曾有の被害が懸念される台風なのだが、
距離が離れている地域でも、他人事とは思えないだろう。
ここ数年の流れでは、何処にいても油断はできない。
そういう時代になってしまっている。

そして、次期総理が決まりかけているこの時期に到ってもだ。
一端事が起これば「アベガワルイ、アベガワルイ」という人達はいるのだろう。

■9月3日(木)

蒸しパンを 冷やして食べる 味の良さ

お試し下さい。

■9月2日(水)

元祖ボンカレーというのが、売られているのだが、
「発売当時の懐かしの味わい」という事で、復刻版なわけだ。
パッケージもわざと汚しがかけてあって、当然ながら松山容子さんだ。
ただ私の年代では、時代劇女優としてよりも、ひたすらボンカレーの人なのである。

そして、買って食べてみたのだが、これが実にオイシイ。
本当に当時の味かどうかはわからないが、かなり昭和風に出来ている。
高価ではないし、限定版かもしれないので、ぜひお試しをお勧めします。

■9月1日(火)

昨日あんな事を書いたばっかりに、二日酔いをしてしまった。
やはり疲れが溜まっているらしく、困ったことである。

■8月31日(月)

疲れると 酒を気付けに したくなり

普通であれば酒の季節は秋なのだが、
暑さの最中、飲んで暑気を誤魔化している。

■8月30日(日)

内海桂子師匠がお亡くなりになったが、芸歴八十年以上というから凄いものだ。
我々が寄席やTVで観た時は、すでにオッカサン風だったが、
かなりおもてになる人だったらしく、自伝等でもその遍歴が出てくる。
相方の好江師匠から「子供がいるのに全員父親が違う」と、いじられていました。
(こういう突っ込みが出来るというのも凄いことではある。)
貞水先生が人間国宝になられた時のパーティーでは、元気に奴さんを踊っていましたね。

■8月29日(土)

何だかんだと疑惑をほじくって、辞めさせたがっていたくせに、
実際に辞任となると、無責任だと言って非難する。
そういう人は、文句を言う人がいなくなった事が、腹立たしいのであろうか。

これだけ海外の首脳からは信頼されていたのに、
国内では非難ばかり浴びていた人も珍しいだろう。
何にせよ以前の猫の目総理時代よりは、相当マシであったはずだ。
その間、与党でも野党でも様々なチャンスを逃してしまったと言えまいか。
逃した大魚は・・・

■8月28日(金)

私の知り合いは、夏の猛暑や水害まで、安倍首相のせいだと言っていた。
笑っちゃいけない、世の中にそうい人はたくさんいるのである。
何があろうと「アベガワルイ」で済まそうとしたわけだ(ホントダヨ)。

そこで「それなら誰がやれば良いのか」と、聞いてみたら、ある名前を挙げた。
先日の都知事選に出た人である。
日本は議院内閣制だから、総理になるなら政権を取らないとね。

■8月27日(木)

近々、銀行の通帳まで有料になるそうだ、
そんなにコストが掛かるなら、解約キャンペーンでもすれば良い。

■8月26日(水)

蝉も暑さの違いを感じるのだろうか。
「どうも最近の夏はおかしいですな」とか。
もっとも毎年、違う虫が鳴いているのだろうが。

■8月25日(火)

暑いと思っていても、ついつい作業を続けてしまう。
こういうのが良くないんでしょう。
後でかなり調子が悪くなっていることに気が付く。

■8月24日(月)

昨日作った料理なのだが、

1.挽き肉(鶏でも豚でも)は塩胡椒
2.ゴーヤは5m程度の半月切り
3.鍋に油を敷き、挽き肉、ゴーヤの順で炒める
4.そのまま、お湯を入れ、中華の素を加えて煮る
5.水溶き片栗粉でとろみを付ける。

以上「ゴーヤと挽き肉の中華風煮物」 塩味にするのがポイント。

■8月23日(日)

中国で食品の浪費行為を戒める指示が出たそうだ。
豪雨やバッタ被害による食糧危機を警戒しているそうだが、
もともと、食べきれない量の御馳走で、饗応する習慣があるらしい。

その昔、食べきれない時は、吐く薬を飲んで大食したというような話しもあり、
それを聞いた時は、一度食べた物を吐いてまで、料理を食べたくないと思ったものだ。

考えてみれば、宴会の料理というものは、多めに作る事が多い。
そういう事を最良のお持てなしとした歴史もあるのだろう。
私などは残り物が目に付くと、気になって仕方ないくらいセコく出来ている。

■8月22日(土)

久し振りに自宅に居られたので、厨房に立っていた。
万願寺と油揚げの煮物、小葱と麩の味噌汁、
モロヘイヤのおひたし、切り干し大根の煮物、
茄子と玉葱の味噌汁、鰹の刺身、そんな物を作っていました。

■8月21日(金)

朝のニュース、猛暑!酷暑!と、そればかり強調するが、
感染症であれ、猛暑であれ、起きる事は起きている。
以下は朝刊からであるが、

13日・香港民主活動家の保釈・黒い雨訴訟で国が控訴
14日・座礁船保障問題へ
15日・渡哲也氏逝去
16日・渡辺二冠初の名人位
17日・甲子園交流試合終了
18日・首相検診激務影響か与野党に波紋
19日・米民主党バイデン氏を指名
20日・国民民主党解散
21日・藤井棋聖王位獲得

20日付けで訃報があった安齋重男氏は、美術家なら誰でも知っている写真家。
多摩美にも勤められていて、一度個展会場で写真を撮って頂いた事がある。
作品は日本の現代美術家を追い続け、貴重なドキュメントにもなっている。
普段は作品を造っている作家が、氏の写真では被写体として作品となっているわけだ。

■8月20日(木)

今週は忙しいので、晩飯を食べるといつの間にか寝てしまう。
気が付くと十二時頃になっていて、それからまた眠る。
朝は六時半に起きるが、さして眠くもなくなっている。

■8月19日(水)
 
茄子と生姜を、汁を多めの炒め煮にします。
これに冷や麦を絡めて食べるのは、中々の一品ですぞ。
これを茄子とツナ缶で作る食べ方を教えてくれたのは、繭太郎です。

■8月18日(火)
 
茄子とピーマンといえば、しぎ焼き。
一般的には味噌味で炒めてから煮るので、油味噌とも言いますね。
子供の頃、給食で良く出たのですが、苦手なメニューでした。
砂糖が入りすぎて、とにかく甘かったのですね。

■8月17日(月)
 
夏バテには茄子が良いそうです。
茄子とビーマンと挽き肉を炒めれば、夏向きの一品。
豆板醤が良く合います。

■8月16日(日)
 
久々ニ・・・ 麦酒ヲ飲ミツツ思案・・・
つまり此の所 暑すぎて 夕飯の仕度をサボっているわけだ。

■8月15日(土)

久々ニ 天丼ナルモノ 食ス 美味哉

■8月14日(金)

久々ニ 担々麺ナルモノ 食ス 美味哉

■8月13日(木)

久々ニ 鰻重ナルモノ 食ス 美味哉

■8月12日(水)

最近は暑さの質も変わり、無理が出来なくなった。
遠雷があって、突然雨が降ったりする。
それでも窓辺に蝉がやってきたりする。

■8月11日(火)

いつもの耳鳴りかと思ったら、蝉の鳴き声だった。
蝉の鳴き声かと思ったら、いつもの耳鳴りだった。

■8月10日(月)

部屋にいて暑いときは、とにかくシャワーを浴びることです。
どんなに暑くても、真水のシャワーを浴びるのは、根性がいりますぜ。
日向水くらいの温度で、こまめに浴びる事。要するに行水ですよ。

■8月9日(日)

求む、何にも書かなくても、私の気持ちを解ってくれる人。

■8月8日(土)

暑い日が続くそうですが、洗濯日和だと思えば、幾分気も晴れますよ。

■8月7日(金)

ピラフというものは、特に炒めなくても、
御飯と混ぜ合わせるだけでも、美味しく出来る料理ですよ。
炒めるとなると火加減が難しくて、ついつい敬遠してしまいますが、
混ぜ御飯だと思って作れば、随分と楽になるものです、

■8月6日(木)

暑くなると、厨房に立つのも億劫になってくる。
ビールでも飲みながら、作るのが良い。
出来上がる頃には、デキアガッテいることもある。

■8月5日(水)

春頃はトランプ大統領再選が有力であったが、
最近はそうでもなくなってきたらしい。

■8月4日(火)

どこのスーパーでも、味噌くらいは売っている。
その売り場に行くと、金山寺味噌が置いてある。
大概は100円から150円くらいで売られている。

これが酒に良し、飯に良しで中々のスグレモノ。
豆腐の上に乗せても良し、胡瓜に乗せても良し。
御弁当のコーナーに茶匙一杯入れておくと、効果的。

食欲減退の折りに、ぜひともお試し下さい。

■8月3日(月)

同じ年に幕尻優勝が二人出るというのも凄い事だが、
もともと総当たりで勝ち星を争っていないので、
とにかくたくさん勝てば、チャンスがあるところが面白い。

藤井棋聖にしても、順位戦を番付に例えれば幕内の中位である。
順位が下だからといって、あなどれない世界という事だ。

それでも優勝となれば、どこかでライバルを倒さねばならない。
今回の照ノ富士関の場合は、優勝争いをしている関取との、
直接対決に勝ち越したところが大きい。

■8月2日(日)

土用の日にちなんで、安くて美味しい鰻の食べ方を伝授。
自分でも今日のお昼に作ったくらいです。

とにかく安い鰻の蒲焼きを買ってきます。
中国産で充分、500円程度のもので大丈夫。
そいつを7mm角くらいに、刻んでしまいます。

これを御飯と一緒に炊くわけです。
付いているタレは一緒に入れてしまいます。
そうして焼き込み御飯にすると・・・
安い鰻によくある厚くて硬い皮、これが驚くほど柔らかになります。

薬味として青紫蘇と茗荷の刻んだ物を用意しておきます。
これらを御飯にお好みで乗せて召し上がる。
白胡麻や刻み海苔があっても結構。
御茶をかければ、ヒツマブシにもなって、これも美味い。

山椒はやや高価ですが、オレガノで代用しても風味がありますよ。
市販されている「松茸のお吸い物」があれば、バッチリです。

■8月1日(土)

昨日、扇里師匠とお話しが出来たのだが、
やはり落語家は七十歳以上の人が面白い、とのこと。
確かに自分が若い頃、寄席に足を運んだのは、
「爺さん達のダンディズム」に惹かれていたからだった。
それは浪曲でも講談でも色物でも同じであった。
もちろんただの老人という感じはなく、独特な熱量があったのである。
それがなんであれ、長年の間に染みついたものである事は間違いない。
自分もそういう「爺さん」になれるかどうか・・・乞う御期待。

「あんた、いいかげんにストーブをしまってよ」
「なぁに、そのうちにまた寒くならぁ。お前こそ早く扇風機を出せよ」
「ふん、去年の夏から出しっぱなしだよ」

■7月31日(金)

本日はアゲインでの余一会を行いました。
二月以来という事なので、約半年ぶりのライブでありました。
感染者数も増え続ける中、積極的に告示もしませんでしたが、
多くの方の御来場を賜り、誠に感謝致しております。
皆様の御健勝を心よりお祈り申しております。

■7月30日(木)

明日はアゲインでの余一会が予定されていますが、
現状、告示に添って行う事になっています。

御存知の通り、状況はよろしくないのですが、
当分は演奏会も出来なくなると思いますので(本年最後?)、
一時間くらいの演奏時間で行うつもりです。

■7月29日(水)

最近フジパンや第一パンの商品を美味しく感じる。
何となく昭和の雰囲気もあるのだが、実際に美味い。
色々と努力されているのだと思う。
どこでも買えるものだと思うので、気が付いた方はぜひ。
小腹が空いたときにお勧めです。

■7月28日(火)

昨晩は鮫を煮たので、煮汁をとっておいた。
それで油揚げと獅子唐を煮たのだが、これが旨い。
自身こういったおかずが好きなのである。

胡瓜は乱切りにして塩で揉んでおく。
そこに納豆についているタレを和えてごらんなさい。
なかなかの一品になりますよ。
タレがなければ出汁の素の粉末と和える。
多少育ちすぎの胡瓜でも美味しく食べられます。

■7月27日(月)

オリビア・デ・ハヴィランドという大女優が亡くなられたそうだ。
実は御存命であったことに、驚きを感じたのであるが、
104歳ということなので、一世紀を生き抜いたということなのだ。
エロール・フリンとよく共演をしているが、良妻の役が多い気がする。
控えめであるが、芯の強い、そんなイメージがあるのでした。

■7月26日(日)

世田谷美術館では「作品のない展示室」を開催しているそうだ。
こういう状況の中の企画であろうが、中々のアイディアだと思う。
大体美術館は建築家が知恵を絞って建てているので、
作品が置いていなくても、空間として見所はあるものだ。
冷房も効いているだろうし、ぶらぶらと涼みに行くのも良いだろう。
しかも入場無料だそうだから、近所の方にはお勧めです。
わざわざ出向くほどの事は無いと思いますが・・・。

■7月25日(土)

蕎麦屋に入って、冷えた瓶ビールを飲む。
最近はそれが一番の楽しみだ。
ここまではどこの町、どこの店でも同じようなので良い。

瓶ビールの良い所は、アタリもハズレもないところだろう。
生ビールとなると、つぐ人の技術が出てしまう。
それに私はジョッキよりもコップの方が好きなのだ。

そこから先の注文は、特にどうという事は無い・
最近はムジナ蕎麦というのをよく頼む。
きつねとたぬきが混ざったものだが、美味しくてツマミになる。

■7月24日(金)

夕飯に挽き肉で豚汁を作る・・・これは時々やる料理なんです。
大根の季節ではないですが、牛蒡が食べたいんですね。
蒟蒻も入るので、その辺が目当てでもあります。
すいとんが入れたいのですが、面倒なので饂飩で代用。
豆腐は賽の目、エノキやマイタケなど入れるのもよろしいですよ。

■7月23日(木)

このところ感染者の数が激増しているので、
予定していた会も、一考を要する事になるかもしれません。

仮にいままでのように演奏会が行われるとしたら・・・
別天地に収録されていない曲が20曲くらいあるので、
そういうものを中心に歌っていこうと思っています。
自然に口ずさめるような恋の唄ですね。
自分としてはそこにひとつの到達点をみているわけです。

気負わず 背負わず 偏らず  
普通に唄って普通に終わる・・・そんな感じですね。

■7月22日(水)

連休といっても、取り立てて変わった事もない。
やる事は溜まっていて、普段より忙しいくらいだ。
せめて部屋を涼しくして、冷えたビールでも飲んでみようか。
それとも蕎麦屋で穴子の天麩羅でもつつこうか。

夕焼け空が真っ赤っか ゾンビがくるりと輪をかいた ホーイノホイ

■7月21日(火)

まだ暗いうちに目が覚めて、そのまま眠れなくなる。
大概はそのまま起きてしまうが、やはり疲れは残ってしまう。
今年は例年以上に歳を取りそうな気がする。

■7月20日(月)

自分では気が付かなかったのだが、アゲインの余一会に予定が入っていた。
連絡をいれてみると、なるべくなら公演してほしいとのこと。
私の場合そんなに密集する事もないと思うので、何とかなるだろうとのことだ。
ただ、ぜひともいらっしゃいとは言えない状況なので、ご判断はお任せするところ。
あまり長引かないようなやり方になると思います。

■7月19日(日)

こういう状況になると、逆に了見が見える事もあるかもしれない。

■7月18日(土)

もう何もしない方が良いのでしょうか。
わざわざ語る必要があるのかどうか。

■7月17日(金)

何歳になっても、女性には優しくされたいものだ。
もうそういう事はないのかと思うと、素直に泣けてくる。

■7月16日(木)

藤井七段が棋聖位を勝ち得たそうだ。
このところ重いニュースばかりなので、久し振りに盛り上がると思う。
現時点で最強の相手に勝っているので、その意味は大きい。

■7月15日(水)

どうにも言葉が出てこない。困ったものです。
言葉を発しない時間が増えているのでしょう。

■7月14日(火)

このまま人前で三味線を弾く事がなくなったら・・・。
胴を撫でながら、ふと思った。梅雨時は皮が切れやすい。
もう充分やってきたようにも思える。

■7月13日(月)

どうにも言葉が出てこない。困ったものです。

書くことが ないと書くこと くらいしか 書くことがない こともありなむ (傑作だ!)

■7月12日(日)

どうも疲れると思ったら、暑さのせいもあるのだろう。

暑さ故 面白きこと 浮かばざる

■7月11日(土)

忙しいと、無口になる。

■7月10日(金)

訃報というのは唐突なものだが、それにしても、と思う事も多い。

流れ星 心に落ちて 石となる       合掌

■7月9日(木)

現在タイトル戦で活躍中の藤井七段に注目が集まる。
どちらか一つは取るような気がするが、こればっかりは判らない。
名人戦の方も好カードで、どちらが勝つかは非常に興味深いところである。

■7月8日(水)

整体の先生から、針を打った方が良い、と言われた。
ここと、ここと、ここと、三箇所の絵図を見せられる・・・そんな夢を見た。
疲れているのかもしれませんね。

■7月7日(火)

長い時間PCで原稿を書いていたので、耳鳴りがひどい。
やはり手書きの方が身体に良いと思います・・・。

■7月6日(月)

都知事選もわざわざやる事もなかったような結果でしたね。
むしろ二位争いは、譲れないものがあったようでしたが。

■7月5日(日)

レジ袋が有料になったわけだが、自宅にもかなり残っている。
色々と活用出来るので、無闇には捨てなかっただけだが、
1枚5円として10枚で50円、30枚あれば150円にもなる。
そんなふうに考えると、持て余していたレジ袋も、金目の物に見えてくる。

■7月4日(土)

A.M様、お葉書届きました。
初夏の個展開催おめでとうございます。
御活躍の御様子、うれしく思います。

描くことは楽しいですね。
人に観て貰う事も大切な事でしょう。
今後ともマイペースで続けて欲しいと、応援しています。

いつかまた、S.Aさんも誘って、越前蕎麦を食べたいですね。
美味しい日本酒を傍らに・・・。

■7月3日(金)

都知事選投票日の直前であるが、いつもよりは明らかに静か。
そもそもこのくらいの扱いで充分だと思う。
スピーカーを積んだ車が路地を走るような選挙運動は、
傍迷惑なだけで、もういい加減にやめた方が良い。
たいして効果があるとも思えないのだ。

■7月2日(木)

鶏肉でハヤシライスを作った。
チキンハヤシともいわれ、家庭料理としては人気があるらしい。
トマトの缶詰を使うと、驚くほど美味しくなる。
野菜が豊富で、食欲もでるから、夏バテにも良いでしょう。
牛肉よりもあっさりした感じで、費用も安く済みます。

■7月1日(水)

なんのかんのと、七月になってしまいました。
当初の予定であれば、オリンピックが行われていたわけです。
そう考えれば、何があるにせよ、「時の速度は同じ」ということ。

■6月30日(火)

これは昨日の話しの続きだが、
私なら引き倒さずに「梱包」する事をお勧めする。
その方が、「我々はこの作品を認めない」というメッセージになり、
破壊行為そのものは否定され、インパクトも強いと思う。

先日亡くなられたクリスト氏に倣うべきである。

■6月29日(月)

世界各地で銅像が引き倒されているそうだ。
これは、やや専門分野なので、少しは語る事が出来る。
日頃から、表現の自由だの、文化財の保護だの言う人々は、
権力者や独裁者の像が破壊されても、たいして騒がないのである。
造られているものが何であれ、美術作品であることには変わりはない。
全ての芸術作品が人道的に美しいものとでも思っておられるのだろうか。

■6月28日(日)

すでに昭和の雰囲気を残した飲食店が次々と姿を消す中で、
今回のウィルスの影響は、更に追い打ちをかけているようだ。
「キッチン南海」なども閉店するそうで、自分が通っていた銀座のお店も気になるところ。
ただ、これは既に始まっていた傾向で、町内の身の周りにあった馴染みのパン屋や和菓子屋など、
今年に入ってから、随分と閉めてしまった。経営者の高齢化のせいもあるだろうが、
令和に移った事が、経営者にも一つのけじめになったように思える。
月例会などで一緒に食べた事も、懐かしい思い出となってしまったわけです。

■6月27日(土)

長らく演奏会の方も中止を余儀なくされているが、このまま忘れられていくような気もしないわけでもない。
それはそれで仕方がないことだとも思えている。

■6月26日(金)

プロ野球も無観客試合で開催されている。
さぞ静寂の中で行われているかと思ったら、それなりに賑やかにやっている。
しんみりとしてしまわないように、演出には工夫が施されているようだ。
もともとオールドファンからは、声援以外の鳴り物などがうるさすぎる、という意見はあった。
せっかくだから、一切の演出をせずに、粛々と進んでいくのも、緊張感があると思うのだが。

■6月25日(木)

藤井七段の快進撃が続いているが、挑戦者決定戦の相手も相当の実力者であった。
かなりの強敵を破って、勝ち上がっているので、既にA級の力があるのだろう。
対戦相手は強豪ばかりだが、長期的に活躍して欲しい人である。

■6月24日(水)

暑くなり 炊事するにも 腰が引け

■6月23日(火)

最近は自分で髪の毛を切っているのだが、
鏡を合わせてみると、随分と頭の後ろが薄くなっているのが分かる。
自分では前向きの顔ばかりみているから気が付きにくいが、
すでに後ろ姿はジジイになっているという事だ。
もう女性をくどく事もないだろう・・・笑わせんなよ、この爺さん!というところだ。

■6月22日(月)

最近はスーパーにも駄菓子のコーナーがあり、
10円から50円程度の駄菓子が並んでいる。
我々が子供の頃からある商品も結構残っている。
例えば都昆布とか、よっちゃんいかとか・・・

そこで気が付いたのが、Felix ガムなのだ。
これは外国製アニメで黄色い鞄を持った黒猫の話し。
その人気にあやかった商品だったが、版権がうるさくなったせいか、
長い間、FXガムという、何だかよくわからないものになっていた。

そこは駄菓子の定番で、似ているけどよくみると違う絵になっている。
これは「うまい棒」の「うまエモン」と同じような手法だ。
何せ「ちびっこまるちゃん」というのもあったぐらい、これが駄菓子の底力だ。

ところが、それが今では、正式なFelix cat になっているではないか。
著作権が切れたのか、契約がとれたのかはわからない。
エフエックスのキャラクターも、あれはあれで良かったのだが・・・

■6月21日(日)

都知事選、22人も立候補しているんですね。

■6月20日(土)

知人が川越の美術館で展示をしていたのですが、休館になっていました。
昨日からようやく開館されたので、行ってきました。
川越の町も随分と観光客が戻っていて、行列の出来る店もありました。

■6月19日(金)

最近は、あちらこちらでマスクも売られているようです。
もっとも以前のように30枚入って100円というわけでもないようですが・・・
私は週末毎に洗って使っていたので、ずっと10枚程度で回していました。
友人から頂いた布製のものあるので、それで事足りていたわけです。

■6月18日(木)

紫陽花が咲いていますが、時折まだツツジも見かけますね・・・

■6月17日(水)

何かと忙しくて更新が滞っていました。
滞るのは無事だと思え、そんな諺はありませんが、健気にやっております。

■6月16日(火)

最近は すっかりモテナク ナリニケリ

■6月15日(月)

今週は 健気に働く ばかりなり

■6月14日(日)

ようやく囲碁や将棋も再開されたようだ。
NHK杯で谷川九段勝利、健在振りを発揮。

■6月13日(土)

美大ニテオンライン講義、其ノ第六回目。
これが最終回であったので、いささかホットしました。
状況が状況だけにスタッフに感謝しています。

■6月12日(金)

明日の講義準備の為、参考資料などを調べる。

■6月11日(木)

美大ニテオンライン講義、其ノ第五回目。
■6月10日(水)

当サイトの日付が2021年になっているという御指摘を頂いた。
つまり半年近く、未来から更新していたわけだ。

■6月9日(火)

A.Mさん、個展開催、御目出度うございます。
先年のツアーの際は、大変御世話になりました。
また東京でも御高覧を賜り、誠に感謝致しております。
展示に関しては、たいへん好評だと伺っております。
引き続きご盛況をお祈り申しております。

■6月8日(月)

美大ニテオンライン講義、其ノ第四回。
しばらく更新が滞っていましたが、オンラインの講座に集中してた為です。
原形は出来ていましたが、上書きとして調べる事も多く、
自分なりに納得できるものにしたかったので時間が掛かりました。
それもあと二回となりました・・・やり終えたらそれはそれで寂しいかもしれません。

■6月7日(日)

明日の講義準備の為、尋常小学校の本などを調べる。

■6月6日(土)

美大ニテオンライン講義、其ノ第三回。

■6月5日(金)

藤井七段が棋聖戦の挑戦者となったそうだが、
相手が二冠王であったので、これはなかなか凄い。
トーナメントを見ても、かなりの強豪に勝っている。

■6月4日(木)

美大ニテオンライン講義、其ノ第二回。

■6月3日(水)

ヒタスラニ 一日真面目ニ 働ケリ

■6月2日(火)

ケフモマタ 一日真面目ニ 働ケリ

■6月1日(月)

今日は大学でオンラインの講座を配信しました。
同時配信なので、いくらか不安がありましたが、
一度行った事で、大体の感触はつかめたと思います。
もちろんスタッフがいてくれたおかげでありますが・・・
あと五回ありますので、何とかやりきりたいと思っています。

■5月31日(日)

いつもならば余一会の日付ですが、お変わりございませんでしょうか。
こういう状況となってみると、続けてこられたのも幸運であったわけです。
またお会い出来ることを楽しみにしております。

明日から六月という事で、各方面にも動きが出てくるようであります。
もっともウイルスにとっては、カレンダーなど関係ないのでしょうが・・・

不燃ゴミ 下からだんだん 盛り上がり

■5月30日(土)

このところ、オンライン講義の仕込みに追われていたが、
ようやく目星がついたので、少しは落ち着けるかもしれない。
原形はあったのだが、いくらか補足が必要で、それに時間が掛かっていた。
来週になれば、実際に行うだけでなので、ライブと同じである。
それが終わる頃は。もう夏の季節といえるだろう。

■5月29日(金)

帰宅時に内科に寄り、血液検査の結果を聞く。
コレステロールは前回よりも高めだったが、
薬を変える程ではないということ。
あんまり薬を強くすると、筋肉に支障が出るそうだ。
実際強い薬の時は、足がよく痙った。

最近はあまり注意もせずに、食べたい物を食べているので、
数値も上がったのだろう。

■5月28日(木)

朝早く仕事をしていると、突然草刈りの轟音が鳴りだし、
あまりにも凄い音なので、外を見ると、自分の部屋の真下、
それも二人がかりでブインブインとやっているのである。
あの機械は消音という意識がまったくないので、かなりの音量だ。

私は朝方にいくらか仕事を済ませて、それから出勤する予定だったので、
このノイズ攻撃にはいささかマイッテしまった。
もう少しで出掛けるんだから、それまでマッテッテネとも言えない。
結局追い出されるように家を出ることになった。
帰宅すると植え込みの雑草はきれいに刈られていたのだが・・・

■5月27日(水)

旧式の環境で作業をしているのだが、オンライン仕事の関係でそうもいかない。
聞いたら呆れると思うが、現在は四台のパソコンを併用している。

つまり、一つはネットには対応するが、ソフトが入っていない。
一つはソフトは入っているが、プリンタに対応していない、
タブレットは貸して貰えるが、自宅には無線が飛んでいない、などなど・・・
しかも職場を加えると、更に三台のパソコンを使用しているのだ。

どうも自分は旧式の人間の為か・・・
機械というのは壊れるまで使うという、それまで普通だった事が、
バージョンアップという流れに付いていけず、こういう状況を招いている。

■5月26日(火)

このところ夜中に目が覚めてしまい、明け方まで眠れなくなる。
そのまま起きてしまう事が多いが、自分としてはもっと眠っていたいのだ。
そういう事は先輩からよく聞いた、つまり老化なのかもしれない。

特に最近は、夜明けが早くなっているので、すぐに白んでしまう。
憎やつれなく明くる夏の夜、である。

■5月25日(月)

更新が滞っているのは、受け持ちの講義が近づいて、
それなりに忙しくしているからであります。
職場も自粛解除の動きに合わせて、仕事が増えそうです。

■5月24日(日)

五月晴れ 猫もじゃれない 紙マスク

■5月23日(土)

マスクをしながら料理をしていると、味見をする時に不便。
そうかといって、咳き込んでしまったりしては、どうも気が引ける。
そこで・・・

紙マスク 目で味をみる 料理番

■5月22日(金)

最近は町にも人が増えてきたようだ。
もともと人数は変わらないのだろうが・・・

そういえば サヤエンドウが 安くなり

■5月22日(金)

時々気温が高くなるせいか、トマトが美味しくなった。
ミニトマトも便利だけど、たっぷり陽に当たったトマトの味の濃さは格別。

■5月20日(水)
■5月20日(水)

気が付けば 五月二十日に なりにけり

・・・言葉が出てこないという事は、それなりに疲れているという事・・・

■5月19日(火)

職場でもそろそろ再開に向けて動き始めたようだ。
オジサンはなんだか萎れてしまって、その後の事など、とても考えられません。

■5月18日(月)

まだしばらくは、やる事が多く気が抜けない。
それでも饂飩を茹でたり、蕪を煮たりしている。
そういえば、昨日は里芋を煮た。
水煮にして塩を振って食べる。
シンプルだがなかなか美味しいものですよ。

■5月17日(日)

将棋のNHK拝戦で、現在対局が出来ないので
アーカイブで旧映像を放映していました。
そうしてくれないかなぁ、と思っていたところ、
他からも要望があったのでしょう、加藤vs羽生戦を放映。
これは未だに語り継がれている対局なのです。
久々に時間を忘れて楽しめました。

■5月16日(土)

しばらく更新が滞っていました。

今週から始まったオンライン授業の事もあります。
それはそれでやりがいのある仕事で良いのですが、
どうも最近は変な時間に起きてしまう・・・
これも老化のひとつかもしれませんな・・・

また、これでも一応出勤している身なので、寝不足のまま出掛けていく次第です。
今日は土曜日で曇り空なので、なるべくボンヤリしていようと思いますが・・・

■5月15日(金)

大学からノートパソコンが送られてきた。
私のPC環境が旧式なので、しばらくこれを使って下さい、という事。
うまくセッティングできるかどうか、とにかくぼちぼちやってみます。

■5月14日(木)

最近は、夜中に目が覚めてしまい、明け方まで眠れない日が多い。
布団の中にいても寝られないので、起きて新聞を読んでいます。
三時頃でも朝刊は届いているのですよ。

当然の事ながら、現状は読んでいて、気が重くなる記事が多い。
それにしても。世の中にはなんと予言者の多い事よ・・・

■5月13日(水)

特別講義が終わって、一安心と思いきや、
来月早々にあるオンラインの講義を頼まれました。
急な事ではありますが、こんな私でもお役に立てるなら・・・

■5月12日(火)

数ヶ月に大学の校内に入りました。
私自身電車に乗る事も、久し振りの事でした。
驚いたのは、中央線が時間通りに来たことです。

当然校内に人は少なく、それでも研究室は忙しそうです。
私が行う無人授業のようなものを収録して貰い、
その様子が明日配信される事になるわけです。

■5月11日(月)

数日前にオンラインでの講義の依頼があり、
最近は頭の中がその事で埋まっておりました。
内容的にはかたまりましたので、明日収録に向かいます。■5月10日(日)

母の日の為か、お花屋さんに人が集まっていた。
といっても密集という混み方ではないので御安心を。

世の中に 母より偉いものは無し 

■5月9日(土)

通常であれば、円盤月例会の予定ですが、
現在店内ではイベントは行われていません。
思えば今までほとんど休まずに続いていたのはエライ事でした。

私も日頃から御贔屓を賜りました御客様の事を案じております。
皆様のご息災を心よりお祈り申し上げます。

■5月8日(金)

こういう事態には、あまり覚悟などという言葉は使わない方が良いと思う。
むしろ安静を心掛けるべきで、疲れてしまっては何にもならない。

■5月7日(木)

最近は苺が安くなっているので、お買い得だと思う。
またトマトも赤く色づいているので、お勧めです。
ハーブを散らして、オリーブオイルで召し上がれ。

■5月6日(水)

道々に菖蒲が咲いている。
ツツジも元気に咲いている。
藤棚も見る度に房が増えている。

とはいえ、そろそろお後と交代か・・・

今暫し散らずにおくれ 初夏の風

■5月5日(火)

取りあえず何とかPCは動いています。
いつ止まるかわかりませんが・・・
少しお休みしたのは、色々と仕事が入ってきた為です。

■5月4日(月)

どうも送信したメールの返しが無いと思っていたら、PCのメールソフトがおかしくなったようです。
このPCが復旧できないと、ホームページの更新もしばらく出来なくなります。
また過去のデータが読み取れなくなく可能性もあり、手こずることになりそうです。

もしホームページが更新されなくなった場合は、そういう状況になったと解釈して下さい。
何分にも旧式の環境で作業しているので、仕方ない事ではありましょう。

■5月3日(日)

一日中草刈りのエンジン音が聞こえてマイリマシタ。
休日も祭日も関係無くバリバリやっています。
確かに雑草が伸びてくる季節ではありますが、
外出自粛でも休日は休日なんですがね・・・
それでも仕事をしているオジサンを見ると何も言えません。
ただ、あの機械の消音を誰も開発しないのが不思議です。

「巣ごもりライブ」更新しました。
随分前に一度だけライブで演ったものです。

■5月2日(土)

時々は血圧を測っていが、朝の方が高いようだ。
夜はむしろ低いくらいで、時間帯というのもあるのかもしれない。

今はとにかく耳鳴りがひどいので「ナリピタン(すごい名前)」を
買いに行ったら最近製造を止めてしまったそうだ・・・

■5月1日(金)

ランナーが 息を吐きかけ 走り行く

体調管理の為に走るなら、ゼェゼェいうほどマジにならないで欲しいねぇ。
こっちゃテクテク歩いてるンだから、こんな所で頑張らないでさ。
しかもマスクを外している人も結構居る。

肩越しに 息を感じて 不快也

そもそも自分だけ健康になろうって了見が嫌だ。
もちろん爽やかにやっている人もいます。
そういう人はもう少し丁寧に走っている気がする。

今こそ「ルームランナー」の出番だと思うのだが、まだ売られているのかな。

■4月30日(木)

私の場合、パソコンに向かっている時間が長くなると、
耳鳴りがするようになってくる。
どうしてそれがわかるかというと、
そういう作業からしばらく遠ざかると治ってくるのである。
今はなかなか遠ざかるわけにもいかないので弱ったものだ。
外からの騒音は何とか防げても、内側の騒音には困った物だ。

■4月29日(水)

明日は血液検査をする事になっている。
半日食べられないので、開業時間の前に採血してくれるという。
そのようにして、採血は静かに流れてゆくのです・・・

■4月28日(火)

この連休明けというのは、ひとつの区切りにもなっていて、
その後どうするこうするのかで、職場でもにわかに忙しくなりつつある。
長期戦を見据えての対応にシフトが変わってきたのだ。

何にせよ、病原菌には連休も平日も関係ないのだから、
人の都合に合わせてくれるとも思えない。

個人的にはもう少しは心を安静にして、
無理に動かない方が良いと思うのだが・・・

■4月27日(月)

竹本越考さんの出演したラジオを聴かせて頂いた。
CMを挟まない一時間というのは聞き応えがあります。
たいへん楽しく聴く事が出来ました。

■4月26日(日)

「今日はひとつ自分が怖いものを言いあって遊ぼうじゃねぇか」
「そいつぁ おもしれぇな」
「それじゃいくよ、おめぇは何が怖い」
「ウィルスが怖い」
一同沈黙してその場を去る。

巣ごもりライブ更新しました。

■4月25日(土)

「お前達、三密を知ってるか」
「へ?」
「三密を知ってるかてんだよ」
「何を言いやがる、今の日本で知らないやつがいるものか」
「じゃ言ってごらんよ」
「そりゃおめぇ、密集、密閉・・・・密会よ」
「どうも最後が違うようだな、浮気はよくないけど、そっちはどうだい」
「なにを、バカにすんな、密集、密閉・・・密談よ」
「なんか違ってるように思うなぁ、そっちはどうだい」
「決まってるだろう、密集、密閉・・・・密漁よ」
「確かに悪いけどね、与太、三密がわかるか」
「知ってるよ、蜜豆にね、あんこがね・・・」
「あんみつと間違えてやがる、何かねぇのかよ」
「あります、密集、密閉・・・・密偵です」
「なんだいそりゃ」
「今、鬼平を呼んでいてね、相模の彦十が・・・」
「そうじゃねぇんだよ。じれってぇな」
「どうでもいいけどね」
「あぁ」
「俺達がこうしているのが三密じゃねぇのかな」
お後がよろしいようで・・・

■4月24日(金)

どうせなら情事がばれない夢を見たいものだ。
もう夢でなければ、だめなんだね・・・ナサケナイ(;_;)。

■4月23日(木)

情事がばれる夢を見た。

正確に言うと、良い感じになりそうになった時、
友人の旦那が帰ってきたのである。
「あんた達、そこで何をやってんの?」
それから私が弁明した詭弁たるや、まさに必死であった。
そもそも友人の部屋でそんな事をしようとするのが大胆不敵です。

ちなみに夢に出てきた私の御相手だが・・・・・
言えねぇ言えねぇ、でも夢ですからね、そこをお忘れ無く。

■4月22日(水)

TVの前で寝転がっているだけで人類が救える

これはニュージーランドの警察のサイトにあるそうだが、旨いと思う。

大体、映画や小説でも、災いの蓋を開けてしまうのは、
野次馬か、無神経な奴か、非難ばかりしている人である。

「落語を配信して気晴らしをしてもらおうとね」
「エライね、何やるの」
「くしゃみ講釈」
「いいから部屋で寝てなさい」

■4月21日(火)

一週間ぶりに出勤したが、さすがに職場も人はまばら。
溜まっている仕事はあったが、なるべく距離を置いて作業。
久し振りに人と会うと、ついついほっとして話しがしたくなるが、
これが危ないのだろう。長居は禁物、これも仕事のうち。

■4月20日(月)

朝食二 食パン焼イテ 食ベニケリ

昼食ニ 饂飩ヲ茹デテ 食ベニケリ 

夕食ニ 御飯ヲ炊ヒテ  食ベニケリ

以上、本日のアタリマエ句でありました。
この眼目は、ひねったら負けという事です。

朝起きて 外を見たらば 雨だった

こんな感じね・・・

■4月19日(日)

ラーメンに 胡椒を掛けて 食べにけり

焼き餃子 ラー油を付けて 食べにけり

ナントマァ当たり前の事ではあるが、当たりの句も良いものだ。
この「当たり前川柳」を自家薬籠中のものにしていきたい。

握り寿司 山葵醤油で 食べにけり

なんだか良いと思いませんか・・・

■4月18日(土)

内に居て 人と会わぬも 勤めなり

巣ごもりライブ更新しました。福井のライブで使ったものです。

■4月17日(金)

「先生!」
「はい、何ですか」
「小学校を出たら中学校に行くのですか」
「はい、そうですよ」
「中学校の次は高校ですか」
「進学する人はそうなりますね」
「小学校、中学校と続くのに、どうして高学校と言わないんですか」
「・・・高等学校とは言いますね」
「小学校、中学校も、小等学校、中等学校が正式ではないのですか」
「・・・確かに中等教育とか言いますね」
「どうして高等学校だけ高校なんですか」
「・・・・・・・・」
「高等学校というなら、どうして小学校や中学校なのですか」
「・・・・・・・・」
「どうして高等学校だけ高校なんですか」

実はこの話しにはオチがない。
教育委員会に問い合わせるしかないのである。

■4月16日(木)

現状は極力在宅勤務という事になっている。
男子たるもの、こういう時こそ不動心が問われる事になる。
そこで・・・
「一日一回便器を磨くべし」 
これを楷書で書き、トイレの壁に貼り付けた。
あとは実行あるのみ。

■4月15日(水)

巣ごもりライブ更新しました。
自分では懐かしい限りですが、今よりもしっかりしていた事は確かです。

■4月14日(火)

今日は非番という事もあって、一歩も外に出なかった。
書き物をしていたので、それなりにやる事は多い。
もう夜になってしまったので、ニッカを舐めています。
ついお変わりをしてしまうので、また口角炎になりそうです。

酒飲みは ニッカが日課と 言いにけり

■4月13日(月)

通常は学校関係の仕事をしているので、休校等による影響がかなり出ている。
変更変更の連続なのだが、現状ではイタシカタナイとしか言いようがない。
しかしながら、休むのも仕事のうち、という感覚が現場には疎いようにも思える。
こういう事態となっては、勤勉さが仇となる事もあると思うのだが・・・

■4月12日(日)

立川談志という人は、何とかして正しい事を言わないように苦心していたのが面白かった。
赤塚不二夫にもそういう所があって、バカの方がエライのだ、と自らを演じていた。
彼等が人並み以上に聡明である事を疑う人はいないと思う。

私はSNSというものをやっていないのだが、元来オッチョコチョイだから、
そういうものがあれば、早々に言わなくても良い事を言ってしまいそうである
浪曲にある「馬鹿が利口になってしゃべる」は、他人の事とも思えない。

■4月11日(土)

感染症のニュース一色ではありますが、そうではないものを拾ってみました。

●京大教授「ABC予想」を証明(4月4日)
アインシュタイン並の偉業だそうだが、専門的すぎてヨクワカラナイ(当然か)。

●国立駅 三角屋根駅舎復活(同6日)
これは工事をしていたし、以前の駅舎も知っている。当時は早咲きの桜もあった。

●豪州森林火災支援に835万円(同7日)
名古屋市の東山動物園が行ったコアラ基金で、募金箱にこれだけ集まった。

●浅草寺雷門大ちょうちん新調(同9日)
京都市の工場で公開、高さは4メートルに及ぶ。17日に吊される予定。

●カミュ「ペスト」増刷 累計発行部数100万部越(同9日)
2月以降で15万4千冊を増刷。筒井康隆に「コレラ」という短編もありますよ・・・

●民主党候補サンダース氏撤退(同10日)
これでバイデン氏に一本化されて、トランプ大統領と対決、選挙は11月。

外出自粛「巣ごもりライブ」読み語りシリーズ 今回は「熊野」です。
※いうなれば私自身のネタ本で、門外不出なのですが、休演が続いておりますので・・・

■4月10日(金)

普通であれば、明日は円盤月例会なのですが、休演致します。

何かと緊張を強いられる状況ですが、受け入れる事は受け入れて、
粛々と対応していこうと思います。それしかないわけだし・・・。

■4月9日(木)

髭を剃る 手間がはぶける マスク顔

お化粧は 上半分で マスク付け

遂に出た マスク美人の コンテスト

不足でも 拾う気はせぬ 捨てマスク

たいこもち 口に扇子の 紙マスク

■4月8日(水)

自粛も自制もしたいところだが、何故か暇がない。
そうそう、つまり年度替わりで、普段なら忙しい最中なのだ。
新入社員はいきなり自宅勤務と言われても戸惑うばかり。

それでも、人類という固まりが疾病をしているわけだから、
少しでも安静するに越したことはないのだろう。
病人に過激なことをさせないのは、極めて常識的な事だ。

「しようがない、雨の日はしようがない」は、
大学の先輩、小室等先生の名作

私の歌でいえば
「生姜がなけりゃ しょうがない(続炊事節)」
えらい違いですな・・・

■4月7日(火)

ラジオを聴いた人からの感想が届いたりして、有り難い事だと思いました。
一曲くらいは残したいな・・・が、上野の切ない思いです。
せっかくここまで歌ってきたのだし・・・ね。

現在のような事があると、円盤でもアゲインでも、
これだけの回数を続けた事は、それなりに価値があるのかもしれません。

■4月6日(月)

こんな状況の中ではあるが、夕飯にチキンカレーを作った。
(別に悪い事でもないか・・・)

自身はイワユル家庭味(S40年代風)が好きなのだが、
どうも最近のルーはシャブシャブな感じがしてイカンのだ。
そこで思い付きだが、きな粉を入れてみたのである。
つまり「隠し豆カレー」で、これが中々美味しいものだと解った。

ルーにコクが出るし、色も家庭風、腹に溜まって栄養がある。
おそらく試した人もあると思うが、きな粉は安価で具合が良い。
暖かい牛乳に入れて、きな粉オレにもなる。
カレーに入れるときは、普通に作っていき、カレーのスープできな粉を練って
馴染ませるように加えていけば良いのです。

■4月5日(日)

今日は早朝に起きて、田中美登里さんの番組を聴かせて頂きました。
トランスワールドの番組を紹介するというテーマだったのですが、
視聴者のメール等も紹介して、長寿番組ならではの層の厚さを感じます。
そんな番組の中で、自曲をフルで掛けて頂き、光栄の至り。

毎回ゲストをお迎えするところから、音楽版「徹子の部屋」の例えもありました。
熱心な番組ファンの方も多いようで、今後も続けて欲しいと思います。

放送内容は配信でも聴くことが出来ますので、こちらのシステムを御利用下さい。

■4月4日(土)

このような状況の為、四月のライブも休演となりました。
皆様にお会い出来ない事は、残念でありますが、
サイト内ライブとして、読み語りの原文を送信させて頂きます。

第一回は「西行桜」
能から構成したお話しで、月例会でも読みました。
また、FM番組トランスワールドで取り上げた事もあります。
当方の口調を思い出し、お読み頂けたらと思います。

明日5日、早朝
TOKYO FM「トランスワールド」で、私の歌が一曲掛かるそうです。
何の曲が取り上げられるかはお楽しみに・・・
タイムフリーで聴く事もできますので、ぜひお聴き下さい。

朝刊に秋山祐徳氏の訃報がありました。
何度かお会いした事もあり、とても楽しい御方でした。
美濃瓢悟氏の会で、披露された即興の浪曲は大受けでした。
彫刻家としてブリキによる仏像、ブリキブツというのがありました。
恥の美学という著書があり、フォーラムで売っておられたのを覚えております。

■4月3日(金)

ホタルイカでちびちびやっていたら、
すっかり酔ってしまいました・・・

晩酌に 憂い忘れの 肴有り

■4月2日(木)

今日は風も強く、風に舞う花びらを見ると、
花に嵐という言葉を思い出してしまう。
最近歌っている自分の歌に、
「飛ぶ花よ 急ぐなかれ・・・」という文句もある。

本当は幹と根があるから、樹木としては生きているのだが、
なんとなく花の命と思うのも、人情というものだろう。
樹を宇宙と考えれば、まさに花は一時の生命、
咲いては散り、咲いては散り、現世を繰り返すという事だろうか。

■4月1日(水)

今、ひとつの書き物をしているので、
自宅に居てもそれなりにする事は多い。
それにしても、あっという間に一日が過ぎて行く。
あっとも言わないうちに、過ぎて行くようにも思える。

季節柄、肌に痒みを覚える時期。
皮膚科に行っても、以前の保湿剤を出さなくなった。
なんでも転用する輩が増えすぎた為らしい。
今は口角炎の際に貰ったワセリンを塗っている。

ワセリンを 痒いところへ 塗りにけり