UENO SHIGETO NEWS TOPICS
上野茂都(美術・音曲)の活動に関する情報サイト
17年に渡り御愛顧を賜りました「円盤月例一人会」
改めて思い返すと、様々な出来事があり、又、御客席の皆様の笑顔が浮かんで参ります。
思えばその間、大半の自作曲は、円盤月例会が初演であったと思います。
年内には200回という大きな節目が見えていただけに、甚だ残念な事となりました。
長きに渡り会を継続して頂きました御店主、また未熟な私を支えて下さいました御客様、御常連様、

心より感謝申し上げます。

今後はまた形を変えて、皆様にお会い出来る事を楽しみしております。
どうぞその折りは、今までと変わらぬ御贔屓を賜りますよう、お願い申し上げます。

●2020年8月31日
アゲイン余一会 vol.85

半年ぶりの演奏会となりました。
時間を短縮しての会でしたが、曲数はいつもと
あまり変わらなかったので、普段のライブです。
ただし料理のコーナーは控えさせて頂きました。

演奏者がフェイスガードを付けていたので、
希有な感じはあったかもしれません。

甚だ先行きが不透明な毎日でありますが、
いつも以上に多くの御客様にお集まり頂き、
誠に感謝致しております。

●2020年2月8日・円盤月例会 vol.190

全曲三味線で歌いました。
新曲が二曲あったのですがお気付になられたかどうか・・

写真は御客様から頂いたブンタンを持っているところです。
さっそく頂きましたが、水気を押さえたグレープフルーツのようで上品な美味しさ。
有り難い事だと思います。

放送用の実験的な歌も披露してみたのですが、これは観に来た人だけのオハナシ。

めげた めげたよ おぼえずめげた・・・
「めげた」にするか「なえた」にするか・・・現在考察中でアリマス。
ノコリスクナの春情なれど・・・

●2020年1月31日・アゲイン余一会 vol.84

行くたびに町並みが変わっていく武蔵小山ですが、お店の中はいつも通り。
それでも厨房の業務用冷蔵庫を買い換えたそうで、改めて歳月を感じるわけです。

酒盃

懐かしと 誰とらさらむ 飲ますとも 柚の花香る 珠の盃 (大隈言道)
有明の 心地こそすれ 盃は 日陰も添いて 出でぬと思ふ (拾遺抄 能宣)

人のおもは 花と見えきて 酌む酒の 壺にむかえる おぼろ夜の月 (大隈言道)
手を取りて とかくせらるる 酔いにさへ 立事かたき 花の陰哉 (大隈言道)
まづまづと うつろふ程に 坏の 内にも散れる 花桜かな (大隈言道)

「盃」とは「酒好き」とも読めることから、節を付けてみました。

●2020年1月12日・国立音楽茶屋 奏

二日続けての演奏は、国立の奏で三人会でした。
おなじみの、宮野裕司さんと柳家小春嬢との共演です。
小春嬢は、最近ボサノバのアルバムも発売されたそうで活躍中です。

それぞれのコラボレーションの後、ラストは三人で合奏。
ファイフによる「ふにゃめろん」も恒例となっています。

山房春事  岑參
         
梁園日暮亂飛鴉 極目蕭條三兩家
庭樹不知人死盡 春來還發舊時花

この詩では。自分は「庭の木」という題で歌っています。

●2020年1月11日・円盤月例会 vol.189

年始めなので、書き初めを兼ねた色紙を配りました。
書いてあるのは、狂詩で干支である鼠を歌ったものです。

毎夜奔天井 忠々引物巧 若無猫與鼬 欲穴世界中

夜毎天井を奔る チュウチュウ物を引くこと巧みなり
もし、猫やイタチに及ぶものが無ければ、
世界中に穴を空けてしまうであろう。

描いてある鼠の絵は、北斎漫画から覚えた物です。
描き方は
つつりつつ 八よこ八に カタカナの トの字シの字に ねずみししの尾

●2019年12月7日・円盤月例会 vol.188

この日だけ、会場の都合により第一土曜日になりました。

当日は風邪の為にほとんど声が出ず、よく演った、というのが実感です。
今までもライブの時に、風邪をひいていたり熱があった事もありましたが、
案外と本番は何とかなってしまう事が多かったのです。
この日ばかりは本当に声が出ず、ほとんど語りのような歌になっていました。

それでも不思議なもので、内容的にはむしろ盛り上げっていたようなので、
今年の締めという安堵感もあったのかもしれません。
「波まくら」と「シベリヤ」のお陰ともいえましょう。

一年を通して御来場を賜りました皆様には、心より御礼申し上げます。

●2019年11月9日・円盤月例会 vol.187

引き続き漢詩から曲を作っている新譜を紹介します。
どれも本職の人から見れば、怒られてしまいそうな訳ばかりだと思います。

可惜 杜甫

花飛有底急 老去願春遲 可惜歡娯地 都非少壯時

?心應是酒 遣興莫過詩 此意陶潛解 吾生後汝期

可惜とは、字の通り、惜しいかな・・残念だ。というような意味です。
やりたい事をするには、歳を取りすぎてしまった・・・
今の自分に当てはめてもよい部分があるように思えます。
「散る花よ 急ぐなかれ・・・」で始まったら、これだと思って下さい。

●2019年11月3日・国立音楽茶屋 奏

国立の奏に一人で出るのは久し振りでした。
何ともシミジミした一日でありましたが、これが私の状況という事でありましょう。
お集まり頂いた方には、心より御礼申し上げます。

引き続き漢詩から曲を作っている新譜を御紹介。

和康五庭芝望月有懐 杜審言  
 
明月高秋迥 愁人獨夜看 暫將弓竝曲 翻與扇倶團
露濯輝苦 風瓢素影寒  羅衣一此鑒 頓使別離難


自作では訳を変えていますが、「月影」という題名で歌っています。

●2019年10月31日・アゲイン余一会 vol.83

毎年この日はハロウィンの喧噪の為、帰宅時(渋谷を通る)が困難なのですが、
今年はラグビーの盛り上がりがあった為か、比較的落ち着いていたようです。
もともと子供のお祭りなのですから、呑んで騒ぐ方がおかしいわけです。

飲酒 其七 陶淵明

秋菊有佳色 衷露採其英 汎此忘憂物 遠我遺世情

一觴雖獨進 杯盡壺自傾 日入群動息 歸鳥趨林鳴
 
嘯傲東軒下 聊復得此生

最近は漢詩から曲を作っている物が多いので、御紹介。
この詩は「花盃」という題にして歌っています。

●2019年10月12日・円盤月例会 vol.187

台風の影響の為、中止となりました。

●2019年9月20日・円盤月例会 vol.186

時折暑い日もありますが、なるべく秋らしい曲で構成しました。
それだけ歌になりやすい季節とも言えるのでしょう。
高円寺の駅を降りて円盤に行く間、昔ながらの店が随分と無くなりました。
残念だと思うよりも、むしろ「最近までよく有ったものだ」・・・と感じます。
今までご苦労様という気が増して、惜しむ心が減ってきたのかもしれません。

この先の 歳を数えて 秋の風

秋風に・秋の七草・月草に・夢の中でも・しりきれ蜻蛉・月の宴
小夜時雨・酒盃・吾生後汝期・月影・花と坏・山房春事・あんこうる・等

月草に 心を染めて 待つ身なら 朝露に 濡れての後の 移ろいを・・・

・・・200回まではナントカ

●2019年6月21日・円盤月例会 vol.185

例年よりは暑くならず、それはそれで何となくじめじめしていますが、
そのうち又、モーショ・コクショが始まる事でしょう。
先日ある噺家さんが、現在の寄席は殆ど収入にならない、という話しをして、
「ただ、寄席に出ていないと噺が下手になる。」と言っていました。
やはり定期的に行う事は大切なようであります。

春を尋ねて・雨中送春・夢の中でも・春風馬堤ノ曲・星合の空
月の宴・心あたり・小夜時雨・人は行方も・鶴と亀・あめもよに・等

今はただ 風にこの身を 任せたり 如何先には 人のゆくらん・・・

ことさらに 思い起こせし かいもなし 人は行方も 知らぬものゆえ

最近は、そんな歌も歌っています。

●2019年5月31日・アゲイン余一会 vol.82

我が優秀なるアドバイザー、伴瀬朝彦氏が新作のアルバムを発売されたので、
ツーマンライブという事で、収録曲を中心にデュオで演奏してもらいました。
私としては料理番だけでも良かったのですが、後半は三人で歌う事になりました。

伴瀬氏の2ndアルバムのタイトルは「エモノ」です。

エモノ・ぬけがら・ジプシーブギー・針と糸・フューリーフューリー
パラレルストーリー・水をぶっかけて・哀愁ロボ・夢のあと(以上収録曲)

軽いタッチの中にも、骨太いポリシーを感じさせてくれます・・・美声です・・
益々ノ御発展ヲ期待イタシテオリマス。

恒例の
一品料理はこちらから。

●2019年5月17日・円盤月例会 vol.184

最近は、気力体力すっかり減退してしまい、続けているのがヤットコサ・・・
肩を張らずに、というより、張りようもない状態ですが、アリノママ歌っています。

三味線とガットギターの織り交ぜ、演奏した曲目は、以下の通りです。

春の嵐・春の別れ・濡れたまご・豆腐節
ほへひょろ・すかすか・つかず節・午後三時・きらわれ節
人は行方も・夢の中でも・心静かに・セロリスト・等

夢の中でも 逢いたき人よ 敷き妙の 枕切なし 眠られもせず・・・

夢の中にも 行けずに明けた 暁は 真の想い 恋と知るべし・・・

最近は、そんな歌も歌っています。

●2019年4月19日・円盤月例会 vol.183

平成最後の円盤月例会、だからといって思い入れがあるわけではないのですが、
自分が演奏活動を始めたのが、ほぼ平成の時代と重なっている事はありましょう。
大した業績も残せないまま、随分歳を取ったものです・・・

演奏した曲目は、以下の通りです。

蕎麦屋で食べる中華蕎麦・そーすそんぐ・すかすか・白蟻・蟹
春雑歌・ねもころに・世の中は・小夜時雨・薬缶の置き場所・緑の人よ・等

世の中は 如何になりゆく ものとてか 心のどかに 訪れもせず・・・

世の中は 夢かうつつか うつつとも 夢とも知らず ありてなければ・・・

最近は、そんな歌も歌っています。

●2019年3月31日・アゲイン余一会 vol.81

年度末の節目の会、珍しく日曜日となりましたので、柳家小春嬢をお呼びしました。
国立奏や高円寺円盤などで、何度も共演していますが、アゲインは初登場です。
間には一品料理を挟んでの、余一会となりました。

前半は私の創作音曲、途中で小春嬢に入って頂き、上野は調理場へ。
その間、私が作った端唄の替え歌などを披露して頂きました。

後半は小春嬢の吹き寄せ(端唄・小唄・俗曲・民謡など)。
表芸は新内の方ですが、最近はジャズやボサノバでもライブを行っているとか。
益々、芸域を広げられております。

終盤は二人で俗曲の掛け合い、
「さいさい節」「法界節」「猫じゃ猫じゃ」でお開きに。

今後とも、機会があれば御出演願えればと、思っております。

●2019年3月15日・円盤月例会 vol.182

店長の御所望により、歌入りの読み語りを行いました。
演奏した曲目は、以下の通りです。

月の宴・雨中送春
織姫星と牽牛星の伝説 (星のやどり・ねもころに・鞘の仲・星合の空)
春雑歌・小夜時雨・春風馬堤之曲・夢の中でも・心あたり
お椀で食べたクリームシチュー・ありきたり慕情

ガード下を通っていく途中の中古レコード店も、閉店の張り紙がありました。
あそこの建物は、JRの持ち物だそうで、家賃もそれなりの値段がするそうです。

180を12で割れば15ですから、この会もそのくらいの年数は続いているわけです。
変わって行くのが当たり前ですが、そもそも時流とは関係無い店舗が多かったので
自分に照らし合わせて考えてしまうのでしょう。

・・・そう遠くない「vol. 200」が節目という事でしょうかねぇ・・・

●2019年2月24日・国立音楽茶屋 奏

昨年12月以来の伴瀬氏との共演です。
氏はソロアルバムの発売を間近に、充実した演奏を聴かせてくれました。

このお店も90年代からのお付き合い、お店の雰囲気は変わりません。
町並みはそれほど変わりませんが、店舗は随分と入れ替わっています。

演奏した曲目は以下の通りです。

春を尋ねて・病中雑吟・居ながら旅情・瓢之唄・星合の空・心あたり
ありきたり慕情・月の宴・小夜時雨・お椀で食べたクリームシチュー・
緑の人よ・京葉水滸伝・一幕の夢・鶴と亀・ナイガシロ東京

昨年の遠征のお陰で、演奏にも味が出てきたような気もします。
曲数もあるので、引き続き共演できたらと思っています。

●2019年2月15日・円盤月例会 vol.181

全曲、三味線でお届けしました。
演奏した曲目は、以下の通りです。

月の宴・病中雑吟・粥・なべ節・葱節・ちょこなん・冬の夜・春の夜
春・世の中は・春風馬堤之曲・春を尋ねて

初めて披露する歌が三曲入っています。
初物は縁起が良いとか・・・御来場の皆様には幸運が授かりますよう。

春や来る 花は咲くとも 知らざりし・・

当方、小サキ花ナレド、谷之隙間ニテ既ニ咲キ開クト申シ候・・・
唄ニ重ネテ 唄ニ重ネテ・・・

●2019年1月31日・アゲイン余一会 vol.80

本年最初のアゲイン余一会です。カウントが正確ならば80回という節目。
折しも円盤月例会が前回で180回なので、双方お長いお付き合いとなります。
お運び頂いている御客様には、ただただ感謝の他はありません。

今回は朋友中尾勘二氏との共演、氏はアゲイン初出場となります。
今さら説明を要さない多種の楽器を操る音楽家、氏ともお長いお付き合いです。

そういうわけで、今回はかつて共演した懐かしのメロディで通しました。
曲目は以下の通り、お互い年輪?を重ねた枯淡の?音色を御想像下さい。

第一部・炊事節・ぬけた節・めほへひ余情・なんたら節・朝日楼・さびすいか

第二部・型落ちブルース・ござる節・はいこう・緑の人よ・新大漁節・煮込みワルツ

アンコール・飯の仕度

●2019年1月18日・円盤月例会 vol.180

本年最初の円盤月例会です。歳の初めに、書き初めと称して御客様には色紙を
配らせて頂きましたのは、例年通り。
また、それに関する「近世畸人伝」の散文を、読み語り風に紹介しました。

ひとつは干支である猪に因んで「樵久兵衛の妻、猪を斃す」というお話し。
これは漢文とは無関係ですが、伊藤東涯の筆記に残っているそうです。
内容は右の絵から御想像下さい。

いまひとつは、内藤丈草という芭蕉門下の俳人のお話し。
勤務先の美術大学で、卒業生に宛てた言葉に、この人の詩を引用した為です。

多年負屋一蝸牛 化蛞蝓得自由 という部分を揮毫させて頂きました。

歌の方は、昨年作ったものを中心に進めて行きました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。